研究、授業、委員会、教授会への出席(何も決まらないのでやって...(大学教員の本音)

職業 大学教員
投稿者名 地方国立専任講師        投稿日時:2015/08/03 23:28:24
年齢 33歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 研究、授業、委員会、教授会への出席(何も決まらないのでやってる意味がない。)
この職業のここが良い 自由に時間が使える。

国立なので学生が真面目。
この職業のここが悪い 都内で非常勤を掛け持ちしていたときよりよりはずっといいが、給与が低い。同世代の中高教員よりも少し低いようだ。

数百万の奨学金を背負い、給与が少ないのに、年間の研究費が十万円台では・・・
マンモス私大の専任への転出を狙っている若手は結構いると思う。

ただし、繰り返すが非常勤を掛け持ちしていたときよりはずっといい。非常勤掛け持ちはお金の面では地獄。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中5人

honne.bizでは、大学教員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。