大都市の国立大医療系。週に10コマ担当で、もはや質は保証で...(大学教員の本音)

職業 大学教員
投稿者名 看護学科准教授        投稿日時:2021/02/22 05:23:21
年齢 49歳
年収 800万円以上900万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 大都市の国立大医療系。
週に10コマ担当で、もはや質は保証できない。
順調に科研費を取れているが、研究の時間はない。
委員会だなんだと、週に3回は会議がある。
大学院生の指導もある。
この職業のここが良い 会議や講義がない時間は、基本的に自由。
ある程度の職位からは個室が与えられる。
この職業のここが悪い 自分は学部から博士課程まで国立大卒だが、同じ教室の教授(60代)は専門学校卒からの学歴ロンダリングで、Fランの修士と博士保有者。
もちろんスキルが低く、部下の能力を妬むパワハラ老害教授。

講義や実習以外にも学生の面倒を見なければならず、はっきり言って面倒くさい。

大学院生の指導をしていると、帰宅が遅くなる。これが一番イヤ。
残業しても手当はつかないので、教育業務を無駄に長くやりたくないのが本音。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人

honne.bizでは、大学教員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。