政令市のヘルス部門勤務です。地区担当保健師として新生児や...(保健師の本音)

職業 保健師
投稿者名 あんこ        投稿日時:2016/12/10 13:13:43
年齢 32歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
保健師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 政令市のヘルス部門勤務です。
地区担当保健師として新生児や未熟児、育児支援、虐待予防、多問題を抱えるケース(子どもから高齢者まで)の支援(電話、面接、家庭訪問など)と、乳幼児健診、関係機関連絡など。成人保健担当として健康相談、健康教育、講演会の企画運営なども。他にもさまざま。
※配置場所により内容は大きく異なります。
家庭訪問や健診、健康教育などで離席していることが多く、事務仕事は夜の部(=残業)とならざるを得ない。
社会保障分野であり、年々増える要支援対象者や居住不明児童対策や虐待対応に、仕事は増える一方。
対人援助職であるため、効率性を求められる分野ではない。近年流行りのライフワークバランスという言葉は似合わない。
この職業のここが良い 子どもから高齢者まで、幅広く地域の人と出会える。
子どもの成長を長い目で見られ感動することも。
支援してきた人が力をつけていく様子をみるのも嬉しい。
学校や保育所、幼稚園、医療機関、福祉機関などと連携し、チームワークで仕事ができる。
研修の機会が多く、子どもの発達や育児、医療などの最新情報は学べる。
災害があれば被災地派遣も経験。
医療と福祉、医療と行政をつなぐような、隙間を埋める役割がとれる。
この職業のここが悪い 社会的認知度が低い。ネットで調べると『楽をしたいなら看護師より保健師』という誤った情報に溢れている。
『保健師さんって、何してる人?』と聞かれる。
行政で働いていると、友達や地域の人から『定時で帰れてうらやましい』と言われ悲しくなる。そんなことはない。残業が多い。
保健師が何者かを他の職員(事務職)に理解してもらえないため、財政難とともに容赦なく人員が削られる。
そういう意味で安定性と将来性がない。
『保健師さんでしょ?』と、病人が出ると呼ばれたり、もろもろ押し付けられることもしばしば。便利屋。
女性の多い職場なので、産休や育休、時短の人が多く実人数が少ないのに、籍がある人の分カウントされてしまうのでとにかく人手不足。
人によって仕事よりプライベートを優先させる人もいて、その人の力量や熱意で仕事量が変わってしまい、真面目な人ほど疲弊する。うつ病になる人が多い。
独身で真面目な人ほどハイリスク。
かといってママさん保健師も、よほどの権利主義者でない限り、家庭をないがしろにせざるを得ない。
経験に長けたベテラン保健師は、良い人もいるが、経験則にだけ頼ったただのおばちゃんもいる。そういう人ほど人に対してレッテルを貼りやすく面倒な存在。
行政なので、できない人もところてん式に管理職になってしまう。
生活保護のケースワーカーと違って、一人の保健師が担当するケース件数が法律等で定められていないので、とにかく忙しい。
しかし、困っている人に相談を躊躇われるのは困るので、忙しいアピールができない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:21人中20人

honne.bizでは、保健師の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。保健師の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。