市町村保健師1?年目。成人保健→母子保健→介護保険【保...(保健師の本音)

職業 保健師
投稿者名 ( ͡° ͜ʖ ͡°)        投稿日時:2017/04/21 00:11:48
年齢 34歳
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
保健師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 市町村保健師1?年目。
成人保健→母子保健→介護保険
【保健担当時代】
業務分担+地区分担制
どうしても担当業務優先になってしまい、その合間に地区のケース対応。緊急時のみケース優先。

【介護保険担当時代】
事務職と一緒に事務職と同じ事務。
この職業のここが良い 自分の裁量でできる。
上司を説得できれば、事業を変更することもできる。(もっと力量があれば、新規事業の立ち上げも。)

住民の方との長い付き合い。
育児不安で涙していたママが、子どもの成長を喜べるようになって、同じように悩むママにに声をかけてくれたり、
幻覚に苦しんでいた方が、少しずつ社会に出て、ついに就職したり、
家庭内暴力に途方にくれていた方が、家族を治療につなげて、自分の時間を持てるようになったり、
いろいろな人生に関われて、ありがたい。
この職業のここが悪い 部下をケースのように扱う上司。(ひたすら受容と共感のみ。)
上司に自分の担当保健師を求める部下。(いかに自分が大変かを訴え続ける。)
仕事しない人々のしわ寄せがすごい。

事務職と働いたら、そんなストレスはなくなったけど、職業アイデンティティも喪失。
事務員が保健師業務をすることはできないけど、保健師が事務をすることになんの問題もない。
文句言わずに事務をしていたら、気づいたときには庶務担当になってしまった。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:1人中1人

honne.bizでは、保健師の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。保健師の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。