大学病院医局秘書医師の雑用事務(医師の個人的な物も多い)...(医療事務・秘書の本音)

職業 医療事務・秘書
投稿者名 みゅ        投稿日時:2018/01/12 02:48:50
年齢 27歳
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
医療事務・秘書に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 大学病院医局秘書
医師の雑用事務(医師の個人的な物も多い)
研究費などのお金関系の取り扱い
学会、大学講義などの補助
電話対応
郵便物の仕分け配布
来客応対
医師のスケジュール管理
出張などの旅券・ホテル手配

この職業のここが良い 特になし
この職業のここが悪い 自分はそう言うタイプではないが、周りの秘書が医師の顔色を伺って仕事をしているのを見ると仕事に嫌気がさす。
本来なら医師本人がやるべき書類作成などの代行も多いが、それは当然自分たちの仕事だとなぜか自信を持っている秘書がいる。
私は元々病歴管理の仕事をしていましたが、医局秘書の仕事をしてみて、医師がなんでも事務に仕事を押し付けて来る原因は医局秘書が必要以上に医師を甘やかしている事にあると思った。民間病院ではそこまでではなかったが大学病院はそれが顕著でした。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中8人

honne.bizでは、医療事務・秘書の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。医療事務・秘書の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。