自費を含めた技工全般(歯科技工士の本音)

職業 歯科技工士
投稿者名 脱技工者        投稿日時:2018/05/01 03:38:53
年齢 45歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
歯科技工士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 自費を含めた技工全般
この職業のここが良い 院内技工ならば患者さんと直接話す事ができる為、医療人としての誇りと感謝の言葉を貰う事ができる。
また低資金で技工所を開業できる事も自営希望の人には大きなメリット。
この職業のここが悪い 料理人や美容師などと同じ職人の世界なので、独立開業する意思のない人には向かない業界と思います。

運良く総合病院の口腔外科や歯材メーカーなどの一般常識が適用されている企業に就職できれば話は別ですが、それ以外は低賃金・長時間労働、歯科医からのパワハラやイジメなど、一般社会からは考えられない常識が蔓延している閉鎖的な業界です。

しかし独立開業を目指している人にとっては、どんな業界でも同じですが、やり方次第で高収入が得られます。私の周りにも年収2000万円以上稼いでる開業者は何人かいました。ただ、その人達は家族との時間を犠牲にして365日技工漬けの毎日を送っていた為、あまり目標にしたいとは思えませんでした。

こちらのサイトを見ていると「やり方次第で高収入を得られる」だとか「レベルの低い人が多いから頭使えば稼げる」など、これから技工業界に進もうか迷ってる若者に誤解を招く様な意見が気になった為、今回投稿しました。

私の周りにも、ある年齢を境に

●目が見えなくなった(網膜剥離や老眼の悪化)
●目が回ってしまう(病院行っても原因分からず)
●職業病を発症(ヘルニアや痔等)

などにより、低収入になった元高所得者は何人か居ますし、収入は変わらずとも皆さん将来に不安を持っていました。(精神が病んだ方も居ました)

個人ラボであるリスクを払拭する為には、人を雇って自分が居なくても会社が回っていく仕組みを作る必要があります。しかし職人の仕事だけに育てる時間と労力が必要ですが、やっと一人前になった頃に独立して辞められる負のループが待ってます。

他にも医療費削減などの国の政策や、技術の進歩によるチェアーサイドでの補綴物製作(技工士の仕事減)などの不安要素もあります。

技工業界が良い業界だと評する方は、以上の問題に対する具体的な対策や考え(病気になった時の為に高額の医療保険に入ってるや、従業員が辞めない様に福利厚生に力を入れている等)をアドバイスとして投稿される事を切に願います。

以前、某コンビニのフランチャイズ契約を担当していた方から聞いた話しですが、繁盛してるの店なのに突然辞められるオーナーさんが多いそうです。きっと儲かっていても様々な不安や不満が溜まって、開業当初のモチベーションを維持できなくなってしまうんですね。

チャンピオン(成功者)になる事よりもチャンピオンであり続ける事の方が何倍も大変で厳しい時間です。
あなたが40歳・50歳になった時、チャンピオンであり続ける為の健康な肉体と、仕事(技工)に対するモチベーションが維持できれば良いのですが。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:135人中129人

honne.bizでは、歯科技工士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。歯科技工士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。