急性期病院で 主に嚥下障害の評価、訓練を依頼される。言語...(言語聴覚士の本音)

職業 言語聴覚士
投稿者名 ザーボン        投稿日時:2018/03/11 12:38:28
年齢 31歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
言語聴覚士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 急性期病院で
主に嚥下障害の評価、訓練を依頼される。言語聴覚士というより 嚥下訓練士。
業務が多忙で担当患者に介入できない、新しい患者の評価に日々追われる毎日。

資格名に 聴覚 が入っているがほとんどの言語聴覚士が聴覚をみれない おかしい資格。
言語聴覚士協会のださしらさ、適当さには頭に来ることが多い。

女性が多いからか人数が少ないからか 陰湿ないじめ、パワハラが横行していることが多い。雰囲気が悪い。PTになったほうが楽しいし 協会もしっかりしている。
この職業のここが良い 職場によることが多いが
自分の職場では業務を自分で調整できるので 定時でかえれる日もある。

食べられると感謝されることがたまにある。
この職業のここが悪い 資格が曖昧。
法的整備も不良。
統括する協会が弱い、適当。職域の曖昧さが問題。
脳のことなど高度な内容を取り扱う職業だから あまりにも地頭が悪いSTが多い。
養成校のレベルが低く、基本バカしかいない。簡単な国試にも落ちまくる。


誰でもできる仕事なので業務独占できない。指示できる立場でもない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中8人

honne.bizでは、言語聴覚士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。言語聴覚士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。