不安、怒り、絶望、無力感、虚無感、惨めさ、後ろめたさ、屈辱感...(柔道整復師の本音)

職業 柔道整復師
投稿者名 精神的に追い詰められています。        投稿日時:2018/12/03 02:48:03
年齢 40歳
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
柔道整復師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 不安、怒り、絶望、無力感、虚無感、惨めさ、後ろめたさ、屈辱感、敗北感、閉塞感。→ 執拗な受診照会文書送付への対応、返戻レセの対応、患者の問合せ対応、保険の説明、近隣病院や損保会社からの患者への柔整悪評の吹聴、患者から直接整骨院の保険に対する不審感を言われる、レセプト業務時、カルテ業務時、月末の支払い時、保険金入金時。
この職業のここが良い 自分で精神が病んで来ているのを自覚しています。正常だから自覚するのか、弱いから病むのか、不正への意識が薄い人が業界的に正常なのか、それを強いというのか、感覚が麻痺している人が異常なのか、何が何だか分かりません。心がカオスです。
この職業のここが悪い 閉塞感を感じている柔整師が多いと思いますが◯団の会員は20代が多く、まだまだ活力のある業界だと思っています。とコメント出来る会長のセンスの無さ。20代の開業継続年数は?会員数が減っているから学生まで入会出来る苦肉策。会員の士気の上げ方をトコトン間違えてる。というか、どうしようも無いんだろうけど。そうしたのはあなた方の世代です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:71人中71人

honne.bizでは、柔道整復師の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。柔道整復師の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。