【資格】海技士<国>の本音

海技士<国>の概要 大型船舶を運行するための資格
資格取得時の平均年齢※ 35歳
取得するまでにかかった平均期間※ 7年7ヶ月23日
取得するまでにかかった平均コスト※ 30万円以上50万円未満
海技士<国>に関連する職業 航海士船舶操縦士無線通信士
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。
取得難易度(平均) 3.8000 [3.8点]
就職・転職のしやすさ(平均) 3.6000 [3.6点]
独立のしやすさ(平均) 1.7000 [1.7点]

海技士<国>の本音一覧

全部で19件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2     次へ>>
投稿者名 やり遂げた        投稿日時:2016/08/22 23:20:44
取得時の年齢 53歳
取得するまでにかかった期間 32年6ヶ月
取得するまでにかかったコスト 70万円以上100万円未満
取得難易度 5 [5点]
就職・転職のしやすさ 1 [1点]
独立のしやすさ 1 [1点]
勉強した内容とこれから取得される方へのアドバイス 工業高校卒で畑違いの船乗りになり、甲板員から始め、何も分からず苦労しましたが、勤務の合間に乙二、乙一の勉強をし昭和58年四月定期試験の申請に運輸局へ行くと、船舶職員法が改正となり、改めて五月の試験で五級、四級海技士を受け、少し遊んだ後、三級海技士を受けました。一年後、二級海技士を受けましたが、受験した20数名の中で合格したのは私ともう一人、現役の某高等商船は全滅。中には四科目の全部が不合格と無様な内容。その後、航海士として職務をこなし、もう一回、これが最後の勉強と思い、8時間の勤務をこなし、毎日7~8時間の勉強をし、睡眠不足の時もあったが勉強し過ぎて死んだ奴は居ないと自分に言い聞かせて頑張り一級海技士を受け、これまでの海技試験に全て合格し、最後は船長に成りました。一級海技士の試験時に商船大学出の人も居ましたが、始めから科目免除狙いで情けないと感じました。高等商船も商船大学も大したこと事は無い。所詮、本人のやる気に勝るもの無し。他人では無く自分自身の戦いで有り、一生の内で努力、勝負する時は短いですよ。頑張って下さい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中6人
投稿者名 ウサギ        投稿日時:2016/07/02 18:42:10
取得時の年齢 26歳
取得するまでにかかった期間 8年
取得するまでにかかったコスト 10万円以上20万円未満
取得難易度 4 [4点]
就職・転職のしやすさ 4 [4点]
独立のしやすさ 1 [1点]
勉強した内容とこれから取得される方へのアドバイス 過去問を3年分問題なく開頭できれば、合格できます。取得したときは甲乙丙の時代でした、乙種船長で取得しましたので、航路選定など覚えることが多かったように思います。乗船履歴を付けるのに時間がかかりましたが、試験に直接かかる勉強時間はかかりませんでした。1級、まで行けたら、高収入望めます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 いちにー        投稿日時:2016/06/10 09:35:49
取得時の年齢 36歳
取得するまでにかかった期間 5年
取得するまでにかかったコスト 10万円以上20万円未満
取得難易度 4 [4点]
就職・転職のしやすさ 5 [5点]
独立のしやすさ 1 [1点]
勉強した内容とこれから取得される方へのアドバイス 航海3級持ち。工業高校卒業。甲板員で雇い入れしてもらい、乗船履歴を貯めるのに5年かかった。セコジという組織の講習に2.5ヶ月お世話になった。 筆記試験は真面目にやれば受かる。口述試験は試験管次第ではあるが学歴などは関係ない。広く浅く、知識を乗船中5年間で得られるだけ得たら、間違いない。将来は高年収。わからないことは、ほったらかさないこと。誰かに聞く。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中3人
投稿者名 貞吉        投稿日時:2015/10/30 17:44:22
取得時の年齢 45歳
取得するまでにかかった期間 1年
取得するまでにかかったコスト 10万円以上20万円未満
取得難易度 2 [2点]
就職・転職のしやすさ 4 [4点]
独立のしやすさ 1 [1点]
勉強した内容とこれから取得される方へのアドバイス 焼酎を飲みながら勉強してました。

あと2科目です。

頑張ります。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中1人
投稿者名 ゴロ巻        投稿日時:2015/09/09 12:09:14
取得時の年齢 48歳
取得するまでにかかった期間 7年
取得するまでにかかったコスト 3万円以上10万円未満
取得難易度 5 [5点]
就職・転職のしやすさ 3 [3点]
独立のしやすさ 3 [3点]
勉強した内容とこれから取得される方へのアドバイス 私は中卒で遠洋漁船に乗り27才で内航に替り、航海士を目指し4級から2級まで取得しました、現在フェリーで1等航海士をしています。やはり2級が一番大変でした。英語で5年、口述で2年かかりました。3級までは過去3年の問題集で、受験3回前までの問題は、ほぼ出題されないので実質1年前から3年までの問題を暗記すれば、7割は合格するでしょう。一発合格にこだわらず科目合格でも今は、65点以上で採れますから。良いと思います、
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中11人
投稿者名 ふへん者        投稿日時:2014/12/02 21:29:00
取得時の年齢 33歳
取得するまでにかかった期間 6年
取得するまでにかかったコスト 10万円以上20万円未満
取得難易度 5 [5点]
就職・転職のしやすさ 5 [5点]
独立のしやすさ 1 [1点]
勉強した内容とこれから取得される方へのアドバイス  一級海技士(機関)・船橋当直三級海技士。
 一級機関について書きます。(当直三級は養成施設で筆記免除の後,新卒の口述で取ったので,あまり参考になりませんので。)

 経歴は,普通高校→水大→同専攻科→外航船舶管理会社です。
 まず,筆記からトライすることになると思いますが,私の場合は成山堂の3ヶ年問題集をひたすら繰り返しました。二級までは,3年分の蓄積で大丈夫だと思います。ただし,問題を読み始めた瞬間に解答が頭に浮かぶくらいにならないといけませんが。一級については,5~6年分の蓄積は必要だと思います。問題は口述です。はっきり言って,対策らしい対策はありません。理由はいくつかありますが,最大の理由は試験官によってさじ加減に差があることと,設問内容が受験者の乗船経験によって変わるということの2つです。ですので,乗船中,いかに現場で真剣に戦ってきたかが問われるとも言えますが,それも試験官次第で,自分が表現した内容が試験官に好意的に受け止められなければ,猛烈に減点されます。私の感触では,大卒で三級からスタートする場合,二級でふるいにかける傾向が強いように感じます。そこを突破すれば一級の口述については,ほぼ雑談で終わる可能性もあります。(ここまでくるころには,自身に相当のキャリアとスキルがついているから,とも言えますが。)
 海技士という性格上,独立起業という点ではかなり厳しいと言わざるを得ませんが,逆に転職については,かなり引き手あまたです。海上職で,とてつもない高望みをしなければかなり良い仕事が,比較的スムーズに見つかります。さらには,海上のキャリアを活かして陸上の特殊職を狙うことも可能です。(海技試験官,検査官,水産・海洋系高等学校教員など)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中16人
投稿者名 zeromaru3        投稿日時:2014/11/17 17:15:08
取得時の年齢 55歳
取得するまでにかかった期間 11ヶ月21日
取得するまでにかかったコスト 10万円以上20万円未満
取得難易度 4 [4点]
就職・転職のしやすさ 4 [4点]
独立のしやすさ 4 [4点]
勉強した内容とこれから取得される方へのアドバイス 4級海技士(航海)友人から過去の問題集を徹底的に繰り返し勉強しました 一科目ごと三回受験して筆記試験合格、現在口述試験の結果待ちです 時間があれば勉強してました現在55歳でも努力次第で合格できます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中6人
投稿者名 zeromaru3        投稿日時:2014/11/17 17:09:28
取得時の年齢 55歳
取得するまでにかかった期間 11ヶ月21日
取得するまでにかかったコスト 10万円以上20万円未満
取得難易度 4 [4点]
就職・転職のしやすさ 4 [4点]
独立のしやすさ 4 [4点]
勉強した内容とこれから取得される方へのアドバイス 友人から過去の問題集を徹底的に繰り返し勉強しました 一科目ごと三回受験して筆記試験合格、現在口述試験の結果待ちです 時間があれば勉強してました現在55歳でも努力次第で合格できます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 エンジニア        投稿日時:2014/08/18 22:22:34
取得時の年齢 29歳
取得するまでにかかった期間 9年
取得するまでにかかったコスト 3万円以上10万円未満
取得難易度 4 [4点]
就職・転職のしやすさ 4 [4点]
独立のしやすさ 1 [1点]
勉強した内容とこれから取得される方へのアドバイス 一級海技士 機関

過去問はほとんど役に立たない。
現場の問題が殆ど。
従って現場をよく見て勉強しておかないとまず合格は不可能。

エンジニアしてれば食い潰れはないでしょう。
工務監督やらいろいろと道はある。
一級まで免状取るとなかなか船に乗せてもらえなくなる
(陸勤ばかり)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中8人
投稿者名 玄武掌        投稿日時:2013/10/22 22:02:29
取得時の年齢 34歳
取得するまでにかかった期間 2ヶ月
取得するまでにかかったコスト 10万円以上20万円未満
取得難易度 2 [2点]
就職・転職のしやすさ 3 [3点]
独立のしやすさ 1 [1点]
勉強した内容とこれから取得される方へのアドバイス 内燃機関5級 二ヶ月
中国海技学院(現在広島海技学院)にて勉強
陸からの転職で年齢は高かったですが今では3隻の船の機関長と航海当直をしています 年収は600万 休日は月に5日と盆暮れゴールデンウィーク合計10日 仕事のあるときは一月は休めず 朝二時半に起床したり徹夜で朝6時まで働いたりといった過酷な環境です それでも同じ会社で5年は続いているので職業としては悪くないと思えます
四級以下は内航船となります きっかけはハローワークの職業訓練で五級海技士の講座を受けました 二ヶ月の講義のうち一ヶ月で基礎を教わり、のこりの一ヶ月で問題集を過去問10年分をする それが終わってすぐ内燃機関五級の筆記試験があります(内燃というのはボイラーのないエンジン ボイラーは外燃機関 通常四級以下の内航船だとボイラーのない船が大半) 筆記合格だけではこの資格 仕事には就けません 興味があるのだという評価にしかならないので 二年間は安い給料で雇ってもらえる海運会社に入ることです 五級の機関の筆記試験合格があれば二年の海上履歴(船に乗れば船舶職員でなくても部員として乗り込む場合でも船員手帳が交付され、海上履歴として船に乗り込んだ記録が残る)で内燃機関六級の海技免状となります さらに一年の海上履歴があれば五級の口述試験を受けることができ それに合格すると晴れて内燃機関五級の海技免状となります 私は全く異業種で大学卒ですが もともと水産高校とか船の学校を出ていない人からするとかなり転職が難しいと思います しかしながら海技免状を一度習得すると内航船業界は人不足が激しく、五体が満足に動き、目が見え耳が聞こえればどこでも重宝されます
 海技学院の勉強は午前中が前日の復習(前日の講義の丸暗記で口答式)午後がその日の学習 家に帰って講義をきれいにノートにまとめ直し 色ペンなどでわかりやすくルーズリーフにまとめる 重要なところはイカリマークとか数字評価でよく出るところとかわかりやすくする 同時並行しそのルーズリーフの目次を作る ルーズリーフにはページ数を打つ 目次にはそのページの中にある重要なキーワードをいくつかピックアップする ノートを綺麗にまとめると後の勉強で威力がでます 海上履歴がない人は筆記試験を受けてから口述試験は三年後となり またもう一度勉強しなおさなければならないため テストだけ合格すればいいという考えだともう一度一からスタートとなり その時就業している状況だと勉強の時間がまず確保できないため 口述試験をパスすることはできません 口述試験対策は過去に先輩が受けた試験を解いていくもので一週間ほど海技学院で勉強させていただきました もちろん自分が受けた試験も後輩に残さなければならないので試験を受けつつ記憶していきます 口述試験前に身体試験があり、手が肩より上に上がるか つまさき立ちをしてひざを曲げそのまま伸ばして立った状態にもどれるか?という試験があります 体が不自由な人は海上で自分の命の保持ができないということで これが受からなければいくら勉強をした人でも口述試験を受けれません 筆記試験とは違い口述試験のほうが確実にその人の実力がわかります 同時に受けていた人は落ちましたが 外で話をすると仕事が二日前まであったそうで 勉強もろくにしてないとのこと このように就労状況によって学習時間がかわるので頭がよければ合格できるというものでもなく 時間は工夫して捻出しなければダメでしょう 私の場合一ヶ月休日がもらえませんでしたが口述試験時は会社から一週間ほど時間がもらえました
筆記試験の過去問は問題文をルームメート同士で読み 答えを口述で答えます 六級の場合マークシート式で4択とかなので丸暗記でもいいのですが 5級以上は回答を筆記するので浅い知識では回答できません わからない漢字などはひらがなで書く 問題によっては回答が四つや九つなど複数あるものがあるのでそれも確実に口答で答えられるように記憶します 私の場合筆記ででた「エンジンをかけた直後どういうことに注意するか?」という問題 回答は9つあるのですが なんと三年後の口述試験にも同じ問題を出されました

口述試験では試験管も人なのでぺらぺらしゃべると間違って答えを口に出さないともかぎりません なので質問がへんてこな質問になります「空気には三つあります 何?」みたいな知ってる人じゃないと答えられない問題です そのとき空気で知っているのは二つで管制空気と始動空気 あとの二つは試験管との会話のなかで見つけました空気で掃除するようなことがあるよね。。などということで雑用水のような使い方そうだ!雑用空気 こういう言葉にたどり着くような会話をぽんぽんとする技術とひらめきがなければ ただの丸暗記型の勉強では口述試験ではいい評価がもらえません 知識はつめこむだけじゃなく使えるために整理整頓がなされてないといざ口述では無言にならざるを得ません ただの勉強か役立つ勉強か? あーそういうのは知ってるよというレベルは低く 人にこんこんと説明できるレベルまで理解しきれたものでないと会話として出てきません なので筆記試験よりレベルは高いといえます

私の場合 筆記試験合格→海上履歴(3年)→口述試験合格→海技免状
履歴をつけるまでの間は給与が安く 入社するのも難しい 本当に必要とされる船舶職員ではないので立場的に弱く同じ会社で三年つづけるのが困難
履歴をつけても口述試験対策で時間を捻出できる人とできない人がいる

すでに海上で働いてる人は
海上履歴(2-3年)→筆記試験→口述試験→合格
なので一度の勉強で筆記口述同時に合格することができ簡単

海技学院のようなところで勉強させてもらえると2-3ヶ月かかるのでそれを許してもらえる会社だといい

航海6級 中国海技学院にて10日
こちらも航海部員として2年以上の履歴を持った上で海技免状となります {機関免状なら機関部員としての履歴 航海免状なら航海部員としての履歴が必要)最初の数日間で基礎を習い残りの数日は過去問をするというもので一日の学習スピードが格段に速くついていくのが大変です やはり毎日のノートの作り直しを怠るとダメです 後半は過去問だけになるので理解をしつつ答えを暗記していけばいいでしょう テストはマークシート式でなので簡単 航海はコンパスや三角定規を使った海図の試験があり、他のマークシートとはまったく別の要素があります
注意点や定規の動かし方を確実に理解しないとこの問題で点を取れないので回答案丸暗記型の人はまじめに取り組んだ方がいいでしょう

第二種海上特殊無線技士 二日

昔の海技免状を取得していた人は講義をうけるだけでもらえたようですが 最近は航海免状だけでは航海当直できなくなりました SECOJの無料受講でした(現在海上で就労している人などに資格がある)二日間の座学を受けるのと最後のテストがあり6割以上取れれば合格です 出題しそうな問題も教えてくれるので 初日の勉強の復習を夜に確実に行い 二日目の勉強をまじめに受ければまず合格です 外航船にのりたい人は第一種海上特殊無線の資格をとればいいでしょう その場合英語の勉強が追加です

小型1級 一日

小型の20トン未満の船の操縦にはこの資格が必要で私の場合二級でもよかったのですが一級だと海外にもいけますし、二級を取って一級にする場合 その時の費用が五万円ほど余分にかかることだったので5000円ほどの負担で一級になるのならということでこの資格にしました 私の場合機関免状と航海免状があるので講義とテストを一日でできるように事前に根回ししておきました 通常三日か四日ぐらい取得にかかるようです 午前中実習 その日は受講生は私含め二人でしたが マンツーマンで一隻のマリンボートに教官一人生徒一人 これが二隻分で実習を受けました エンジンの整備の仕方 運転や落水者の救出方法 ロープの結び方などを教えてもらい 途中で教官が入れ替わりそのまま実習試験が行われます 漫然と実習受けてるといきなり試験になって混乱するので朝から真剣に講義を受けてください 午後は座学のあと試験 これも八割?以上で合格できます この資格18万円ほどで習得できますが落ちれば出費が痛いのが難点です また仮に海上でエンジン停止して保安庁を呼んだ場合 最初のエンジン整備が不備だった場合海難審判所でお裁きを受けなければならないなど、陸上のように簡単ではないようです

同じような境遇で資格習得する人が多いですが、無駄な話はぜひしたほうがいいと思います 免状を取得するにあたって必要な講義が別に必要だったりするので、またそういう情報を聞き漏らしてしまうと時間や費用がずいぶん回り道になるので、日ごろから質問やおしゃべりなど周りや教官とのコミュニケーションは必須です

どこの内航海運会社も人を必要としています 内航海運業界内は転職自由です 年齢など関係なく転職できます ぜひがんばってみてください
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中14人
1  2     次へ>>

海技士<国>の資格の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※恐れ入りますが、海技士<国>の資格を既に取得されている方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
取得時の年齢
取得難易度 ←簡単 1点    2点    3点    4点    5点    難しい→
就職・転職のしやすさ ←しにくい 1点    2点    3点    4点    5点    しやすい→
独立のしやすさ ←しにくい 1点    2点    3点    4点    5点    しやすい→
取得するまでにかかった期間 ヶ月
取得するまでにかかった費用
どんな勉強をしましたか?
また、これから取得を目指す方へのアドバイスをどうぞ。

honne.bizでは、海技士<国>の資格に対する本音や、取得するために必要な費用や期間、勉強内容などの情報を集計しております。海技士<国>に関する就職活動や転職活動、関連する資格試験、平均年収(給料)の調査などにお役立てください。