【職種】自衛官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

自衛官の基本情報

仕事内容 日本の領土と国民を守り、国際社会の平和を担うプロ集団
平均年齢※ 30.6歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (1241件) 2.6000 [2.6点]
給料 2.7000 [2.7点]
やりがい 1.9000 [1.9点]
労働時間の短さ 2.8000 [2.8点]
将来性 2.0000 [2点]
安定性 3.6000 [3.6点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

自衛官の仕事の本音一覧

全部で1241件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10     次へ>>
投稿者名 たまご        投稿日時:2019/01/20 13:30:30
年齢・性別 33歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 陸自の通信関係全般。NTTの劣化版みたいなものです。日勤で残業、夜勤明けで残業、休日も仕事しに出てくる状況でもう辞めます。
この職業・職種のここが良い ①戦闘職種(普通科等)と違って後方職種なので民間で働くことになった場合、自衛隊で養った技能を活かしやすい(多少はマシ程度だと思いますが)
②後方職種の中でも駐屯地から出ることが圧倒的に少ないので、一般的に連想されるような長期間の山の中での訓練や、ホフク、銃を持って山の中を走り回るような訓練はありません。つまり肉体的には楽です。
③自衛隊は階級社会ですが、ここでは技能があってナンボなので努力次第で精神的には上級者より優位にたてる(あくまで精神的には)
この職業・職種のここが悪い ①閉鎖的で同じ人間と同じ部屋で1日いることが多く、人間性、相性等が合わなければすぐに病気休暇になる人間が多い
②良く言えば職人肌、悪く言えば教えない・教えるのが下手で下が育たない
③自衛隊に限ったことではないが(①も②も同様ですが)一般社会を経験しないまま高卒18歳で、環境としてはかなり例外的で狭い世界に入ってきた人間が多いので考え方が幼稚で閉鎖的、それをまったく自覚していない(マトモな人も一杯いますが)
④民間との決定的な違いは仕事をしない、下に押し付けても問題視されない、明らかに人間性が歪んでいて理不尽な指導があっても周囲は見て見ぬふり。民間だったらせめて口頭で注意ぐらいはされるであろう状況でも、一人が我慢したら回るんだから臭いものには蓋をしろがここの常識。真面目な人間、優秀な人間は辞めるか、幹部を目指して自分で環境を打破するかのどちらかです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名 ヤジュセン        投稿日時:2019/01/20 00:21:48
年齢・性別 22歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 演習の準備、体力錬成、戦闘模擬訓練、創意工夫資材の作成等
この職業・職種のここが良い 正直、1番はお金の面ですかね。高卒で手取り12,3万をほぼフルで使えるのは自衛隊だけかなと。自分は半分貯金に回していますが。新隊員教育の際は自由は無いので使い道は限られていますが、部隊に入ってしまえば使い方は自由です。
他には休日が多い事です。部隊に配属されれば当直や警衛、演習などで代休が溜まって普通の平日に5連休とかとれたりしますよ!(もちろん部隊計画でとらされます。)
あと、自分次第で部隊に居ずらくなるかならないかが決まるので頑張って!
この職業・職種のここが悪い まぁ…正直なところ、人の価値観によって何が悪いとかは違ってくるので一概にあれが悪い、とかは言えません。自衛隊程人数がいれば様々な環境で育ってきた人間が集まりますから価値観の違いでいざこざが起きるのは当たり前の事かと。(それで何でも片付けてよい訳ではありませんが。)確かに精神的に幼稚な人が多いのは事実ではあると思います。共通して言えるのは「防衛費が少ない」ですかね(笑)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 ヤジュセン        投稿日時:2019/01/20 00:19:21
年齢・性別 22歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 演習の準備、体力錬成、戦闘模擬訓練、創意工夫資材の作成等
この職業・職種のここが良い 正直、1番はお金の面ですかね。高卒で手取り12,3万をほぼフルで使えるのは自衛隊だけかなと。自分は半分貯金に回していますが。新隊員教育の際は自由は無いので使い道は限られていますが、部隊に入ってしまえば使い方は自由です。
他には休日が多い事です。部隊に配属されれば当直や警衛、演習などで代休が溜まって普通の平日に5連休とかとれたりしますよ!(もちろん部隊計画でとらされます。)
あと、自分次第で部隊に居ずらくなるかならないかが決まるので頑張って!
この職業・職種のここが悪い まぁ…正直なところ、人の価値観によって何が悪いとかは違ってくるので一概にあれが悪い、とかは言えません。自衛隊程人数がいれば様々な環境で育ってきた人間が集まりますから価値観の違いでいざこざが起きるのは当たり前の事かと。(それで何でも片付けてよい訳ではありませんが。)確かに精神的に幼稚な人が多いのは事実ではあると思います。共通して言えるのは「防衛費が少ない」ですかね(笑)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名 COCO        投稿日時:2019/01/19 14:40:06
年齢・性別 28歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 他の方と一緒
この職業・職種のここが良い ノルマや利益などを考えなくても給料が入る。
てきとうに一日を送ってもお金と休みがある。

ごくたまにとても優秀なひとがいる。
(しかし、高確率で辞めるか、優秀な部隊に転属)
この職業・職種のここが悪い 1.いじめが多すぎる。指導ではなく、明らかに程度の低いいじめ。
2.優秀な人間ほど足をとにかく引っ張られる。
3.暴力、暴言、陰口、無視などと言った人としてレベルの低い嫌がらせが溢れている。
4.優しい人は心が壊れる。
5.苦しむ人がいても見て見ぬふりをする人が多い。
6.常識なんてものは無い
7.頭が悪い人が多数
8.自殺や都合の悪いことをよく隠蔽する。
9.どれだけ下の人間が苦しもうと上は絶対。
10.偽善や口だけの人が多く、行ってることとやってることが違い過ぎて、人間不信にすぐになる。

11.俺も人体が壊れるまでひたすら殴られたことがある。(理由は気にくわなかったから)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 自衛隊はゴミ        投稿日時:2019/01/19 01:04:41
年齢・性別 21歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 射撃したり走ったりたばこ吸うだけかな笑笑
この職業・職種のここが良い 衣食住はタダなところ
この職業・職種のここが悪い 陰での暴力は当たり前、上の奴らは下に仕事を押し付ける、それで自分達は何もせず、ただ携帯触ってたばこ吸うだけ笑笑
こんなところに夢も希望もありません。くるとこではないです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中3人
投稿者名 SDF         投稿日時:2019/01/16 15:00:57
年齢・性別 50歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 防衛行政(企画 調達 管理)
自衛隊の建設行政
自治体への周辺対策事業
駐留軍等の対応
この職業・職種のここが良い 職域の広さ
スキルと努力によっては、部隊から離れ行政機関での勤務も可能です。

他行政機関との折衝や協力
防衛行政の成果が確認出来ること
この職業・職種のここが悪い 悪い意味合いでザ公務員 言われたこと以外はしない。
自分の職場について、予算の流れや期待される役割までを承知しているのは、ごく一部の幹部に限られるのでは?フツーの会社員で自分の会社がナニしてるのかわからないような社員が大部分を占めているようなものです。防衛省なのに自衛隊(他国軍も)の職務について無知すぎること
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名 転職希望者        投稿日時:2019/01/14 01:01:35
年齢・性別 22歳(男性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 訓練→整備→訓練→整備の繰り返し
たまにスポーツの大会の為の練習。
この職業・職種のここが良い 安い給料だけど安定してる
入隊1年目からまともなボーナスがでる
保険等々の手続きをほとんど自衛隊がやってくれる
食費はほぼかからない(やろうと思えば)
この職業・職種のここが悪い 職場の5割の人間が歪んだ思考 2割は間抜け
入った当初はほぼ雑用 仕事が終わったあとに清掃等々
色々な所でお金がかかる (様々なスポーツの大会の為の用具や靴磨きの道具)
定年がとても早い
仕事のやりがいが一向に見つからない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人
投稿者名 そろそろ退職        投稿日時:2019/01/12 22:25:02
年齢・性別 21歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ペチャクチャくだらない話
愚痴の言い合い
戦争ごっこ
大人の幼稚園
アホしかいない。
奴隷扱い。
この職業・職種のここが良い 安いけど給料安定。
衣食住タダと
この職業・職種のここが悪い 考えが古すぎる。
時代に沿ってない。
ここには来ない方が身のため。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中8人
投稿者名 もぐ        投稿日時:2019/01/10 04:11:36
年齢・性別 32歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 雑用全般

先輩の仕事の後始末
この職業・職種のここが良い ない
この職業・職種のここが悪い 将来性がない
定年が1歳伸びても、その頃には年金は70歳か?
定年後の生活、年金もらうまでの10数年間どうすんの?
自分の生活も危ういのに、住宅ローンに子供の学費払える?
若いうちに仕事見つけて、早く転職しなきゃ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人
投稿者名 陸上自衛隊陸曹や幹部昇任が簡単。        投稿日時:2019/01/08 12:16:30
年齢・性別 50歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 警備やガソリンスタンド。
この職業・職種のここが良い 陸上自衛隊で幹部や陸曹部内幹部候補や陸曹候補の試験内容は同じ。
福利厚生は充実しているが金沢の部隊は充実に欠陥。
就職先は警備会社が殆ど。
この職業・職種のここが悪い 新隊員教育が終了し部隊配属されて営内班に入班した時、毎日が地獄やし奴隷扱い。
官品の検査は最悪。
注記がしてなかったり適当に記載したら説教の嵐。

先任士長の機嫌が悪い時、激怒されると毎日涙が出る。
セクハラスメント。
陸上自衛隊は中隊長や運用訓練幹部や本部の各科長や業務隊長や副連隊長は天国。
その他の隊員は奴隷で人権無視。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中2人
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10     次へ>>

自衛官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※自衛官として現在仕事をしている方、もしくは過去に自衛官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
自衛官のここが良い
自衛官のここが悪い
仕事内容の詳細
自衛官に対するあなたの状況

自衛官とは

自衛官(じえいかん、英: Self-Defense Official)は、防衛省・特別の機関、自衛隊の任務を行う特別職国家公務員。自衛隊員のうちでも特に「制服組」(武官)と呼ばれる隊員を指す。自衛隊法により命を受けて、自衛隊の任務を行うと規定されており、個別の機関である陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。最高指揮官は、内閣総理大臣である。 陸上自衛隊の自衛官を「陸上自衛官」と、海上自衛隊の自衛官を「海上自衛官」と、航空自衛隊の自衛官を「航空自衛官」と表記がされ、防衛省や各自衛隊内部でもそのように呼称されている。陸海空の自衛官は個別の教育隊や幹部候補生学校などに入隊し、各自衛隊に任用された自衛官は任用期間や技術教育の違いなどもあり、通常入隊した各自衛隊の中で任期を終了するか定年(階級により異なる)まで、その自衛隊で過ごすことになる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。