【職種】コピーライターが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

コピーライターの基本情報

仕事内容 消費者や時代をとらえた、商品宣伝などのコピーをつくる
平均年齢※ 34.6歳
平均年収※ 500万円以上600万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (8件) 2.5000 [2.5点]
給料 2.6000 [2.6点]
やりがい 4.1000 [4.1点]
労働時間の短さ 1.8000 [1.8点]
将来性 2.4000 [2.4点]
安定性 1.9000 [1.9点]

その他の広告に関する仕事

コピーライターの仕事の本音一覧

全部で8件の投稿があります。(1~8件を表示)
投稿者名 ネイビー        投稿日時:2013/08/03 08:01:36
年齢・性別 37歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
コピーライターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 テレビ、新聞、Webまで
いろいろ。
この職業・職種のここが良い クライアントから信用されれば、
指名で仕事がやってくるところ。

テレビや新聞、街のポスターなど
自分の言葉が世に出てゆくこと。
この職業・職種のここが悪い かなり適性に左右されます。
国語力は短時間では伸びにくい。

クライアントからの無理難題。
ギリギリのクリエイティブ攻防。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中8人
投稿者名 修行野郎        投稿日時:2013/06/11 17:44:40
年齢・性別 29歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
コピーライターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・紙媒体の制作。(車額・中吊りポスターや折込チラシ)
・雑誌などのページ制作。
・他にも様々。案件によってはディレクションも。
この職業・職種のここが良い 定時はあってないようなもの。自分のペースで仕事を進められる。ただ、入稿前は別。
自分の考えた言葉が世の中に発信され、電車や街中で携わった制作物を発見した時などは、やはり嬉しくなる。
この職業・職種のここが悪い 入社した会社やその社員、付き合うクライアントによって、コピーライタ人生というべきものが左右される気がする。
そもそも入り口の幅が狭過ぎるので、職に就く前も後も、「運」や「タイミング」が絡んでくる。
…自分の頑張りだけで上手くいきにくい職業。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人
投稿者名 台風        投稿日時:2012/06/12 02:38:38
年齢・性別 36歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
コピーライターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 主に書籍や映画の広告。
新聞や街中ポスターなど。

他にもさまざまな商品に
企画段階から絡むことが多い。
この職業・職種のここが良い 発想力と創造力がモノを言う世界。

年齢やキャリアは基本がわかれば
あまり関係ない。

あとは結果と実績を出すことだけ。
この職業・職種のここが悪い 夜型になりがち。

適性に左右されるので努力だけでは
生き残れない厳しさがある。

クライアントの不条理に付き合うので
徹夜や変更が多い。

担当者が馬鹿な場合は忍耐でしのぐ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中9人
投稿者名 K        投稿日時:2012/04/29 22:51:29
年齢・性別 36歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
コピーライターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・化粧品&サプリメントの広告ディレクション&コピー
・冊子の小コラム
・年2回、グルメ旅行記の取材&コピー&写真撮影
・その他、販促物の企画&制作全般
この職業・職種のここが良い ・自分の書いたコピーで、人の心を動かせる。
・ひらめきひとつで、白紙の紙&ペンがお金を生む。
・思ったものが形になるのがおもしろい。
・私の場合は、代理店ではなく自社の広告物のコピーやディレクションを担当しているので、締め切り前以外の拘束時間は長くないです。
この職業・職種のここが悪い ・生みの苦しみがある。
・常にこれまで以上のものを…と、プレッシャーが大きい。
・文章を書くのは、方程式を解く事に似ている。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中7人
投稿者名 kana        投稿日時:2012/04/11 16:45:13
年齢・性別 26歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
コピーライターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・誌面、WEB内のあらゆる文章作成
・販促企画、誌面方針など企画書作成
・マーケティングもふまえたキャッチコピーの作成
など
この職業・職種のここが良い ・自分が考えた言葉が世に出て誰かを動かすきっかけになる
・取材では普段合えない著名人などに会え、考えを直接聞ける
・デザインも自然に勉強できる
・高速ブラインドタッチができるようになる
この職業・職種のここが悪い ・自分との戦い
・座りっぱなしの日もある
・終了時間が読めない
・残業が出ない会社が多い
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中2人
投稿者名 あけも        投稿日時:2012/01/06 17:34:04
年齢・性別 41歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
コピーライターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 キャッチコピーから、ボディ、商品スペック、注釈、デバイスなど、文字まわりの仕事はもちろん、企画やラフ作成など、わりと幅広い。
制作物は主に印刷物。折込、DM、パンフレット作成などが多い。
この職業・職種のここが良い 自分の言葉や企画で、売上アップなどの効果を実感できた時。
クライアントだけでなく、その先のエンドユーザーから、制作物(パンフレットなど)に関する喜びの声をいただいた時。
また、ディレクターやデザイナーと一緒になって取り組むことで、自分だけでは思いつかなかったような物を作る事ができた時、充実感を感じる。
この職業・職種のここが悪い 仕事柄、どうしても無理な要望をクライアントから受けることが多い。
眠れないほど忙しい時は、本当に死にそうになる。しかし周囲も同じ状況なので、誰もいたわってくれない(笑)
「日本語ができれば、コピーなんか簡単」と思っているデザイナー出身の上司がいたりして、イラっとくる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中2人
投稿者名 るあのあ        投稿日時:2011/05/20 20:08:38
年齢・性別 39歳(女性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
コピーライターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 商品の特性や競合を把握し、的確に商品に個性を持たせる
キャッチだけでなく、パンフレットやツールのテキストを書いたり、企画も立てなければならない
インタビューなども多い
この職業・職種のここが良い 自分でひらめいて、相手からも評価、感謝されたとき
この職業・職種のここが悪い クライアント、代理店から言いたい放題で振り回される
特にアホな代理店の営業が担当についたときは事故る
年収を維持するには、年取っても徹夜を覚悟しなきゃいけない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中4人
投稿者名 mina        投稿日時:2011/02/03 21:19:02
年齢・性別 33歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
コピーライターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 商品や企業を宣伝するため、広告などに使用するコピーを考える。
企業のCIやブランディングに関わる部分を考える。
商品やサービス名称のネーミング
この職業・職種のここが良い 自分の言葉によって誰かの心を動かし、世の中を動かすことができる。
企画が採用され、実際の制作物になったことを実感できる。
仕事さえきっちりこなせば、出社時間や服装、休憩、外出等口うるさくいわれることはない。本人に任される。
この職業・職種のここが悪い 文字校正など地味な仕事も多い。
クライアントの都合が優先されるため、残業/休日出勤はザラ。友人との約束ができない。
デザイナーの作業待ちの時間が多い。
仕事量に対しての給料が安い。
頭の固いクライアントだと、変な文章に変えてしまい、納得のいかない言葉がそのまま世の中に出てしまうこともある。
このご時世で、マス仕事が減っている。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中1人

コピーライターの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※コピーライターとして現在仕事をしている方、もしくは過去にコピーライターをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
コピーライターのここが良い
コピーライターのここが悪い
仕事内容の詳細
コピーライターに対するあなたの状況

コピーライターとは

コピーライター (copywriter) とは、商品や企業を宣伝するため、新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告、テレビCM、ラジオCM、ウェブサイトやバナー広告などに使用する文言(コピー)を書くことを職業とする人のこと。 ただ近年では、表現に到達するまでのロジックを構築する作業も、コピーライターの重要なスキルとして見られるようになってきており、特にトップクラスのフリーランサーや広告会社のコピーライターに関しては、この能力の優劣を評価される傾向が強くなっている。 コピーライティングと企業間の契約事項 企業にとっては、コピーライターは会社売り上げの鍵となる人物で、コピーライターの作業そのものが企業秘密になるケースが多く、守秘義務契約によって情報公開に制限をかけるケースが多い。コピーライターが競合会社に雇われるとノウハウが流出する可能性があるため、契約の際はコピーライターが競合他社の作業に関与できないようにするのが業界の常識である。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、コピーライターの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。コピーライターの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。