【職種】作詞家が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

作詞家の基本情報

仕事内容 歌手に提供する曲の詩を書く
平均年齢※ 27歳
平均年収※ 700万円以上800万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (1件) 3.2000 [3.2点]
給料 4.0000 [4点]
やりがい 5.0000 [5点]
労働時間の短さ 3.0000 [3点]
将来性 3.0000 [3点]
安定性 1.0000 [1点]

その他の作詞・作曲・アレンジの仕事

作詞家の仕事の本音一覧

全部で1件の投稿があります。(1~1件を表示)
投稿者名 (^O^☆♪        投稿日時:2015/03/25 10:25:37
年齢・性別 27歳(女性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
作詞家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 とにかく歌詞を考える
この職業・職種のここが良い 曲が売れた時の喜び
この職業・職種のここが悪い 全く思いつかない時がある
業界の人のコネが必要
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中0人

作詞家の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※作詞家として現在仕事をしている方、もしくは過去に作詞家をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
作詞家のここが良い
作詞家のここが悪い
仕事内容の詳細
作詞家に対するあなたの状況

作詞家とは

作詞家(さくしか)は、歌詞となる言葉を創り上げる者のこと。その中でも特に、それを生業とする者を指す。また作曲家に対して歌詞を提供する者のこと。 専業の作詞家だけでなく、小説家、詩人、芸能人、放送作家など他業種を本業とする者が関わる事も多く、競争が激しい。文学的センスだけでなく、楽曲を理解・解釈する音楽的センスも欠かせない。 1990年代終盤から作詞、作曲、編曲までをこなす音楽家が増え、ポップス界における作詞家の活躍舞台は激減している。一方、情報技術の発達により流通媒体が増え、逆に専業の作詞家の重要性が再認識されたとする見解もある。 自ら作詞を担当するアーティストと区別する意味合いで、「職業作詞家」と呼ばれる事もある。専業の作曲家同様、音楽作家事務所や作家エージェントに認められ、その後作品実績を増やしていくのが一般的である。 作詞家の印税は、JASRACの使用料規定によりCDの場合は売上の6%、ライブの場合は売上の5%が著作権使用料としてレコード会社やコンサート主催者から徴収され、これらを契約に応じて作曲家、音楽出版社と分配する。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、作詞家の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。作詞家の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。