【職種】学芸員が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

学芸員の基本情報

仕事内容 資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員
平均年齢※ 39.4歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
学芸員に関連する資格 【資格】学芸員<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (17件) 2.0000 [2点]
給料 1.5000 [1.5点]
やりがい 3.2000 [3.2点]
労働時間の短さ 1.8000 [1.8点]
将来性 1.7000 [1.7点]
安定性 1.9000 [1.9点]

その他のアート・写真に関する仕事

学芸員の仕事の本音一覧

全部で17件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2     次へ>>
投稿者名 NSDAP        投稿日時:2018/04/04 18:02:35
年齢・性別 51歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
学芸員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 第三セクターの業務委託のスタイルなので、上手にやりくりできれば仕事の充実度が上がる。
少人数での運営なので、ある程度自由に振る舞える職場にしています。
給与の安さは職場環境の快適化でしのいでいます。
この職業・職種のここが良い 好きじゃないとやっていけない。好きだから、趣味趣向の延長線上で三度の飯より大好きならば天職。日本では学芸員は雑芸員。何でも出来ないと仕事にならない。
昔から、器用貧乏人宝と言うではないですか。
この職業・職種のここが悪い 薄給としか言いようのない薄給。文化レベルの低い国民が多い中、限られた人のみ対応する職業なので、基本的に世間からは無関心扱いされる。しかしながら血税から支払われる予算と給与なので仕方がない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中9人
投稿者名 kozue        投稿日時:2018/03/25 00:09:32
年齢・性別 48歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
学芸員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 展示、教育普及、収蔵庫の整理、運搬、集客のためのい諸々の業務
この職業・職種のここが良い 歴史文化に関わる仕事に携わることができる
この職業・職種のここが悪い これまで正規だった所も、今はどこもかしこも非正規雇用。まともな正規学芸員は県に高校教員採用されて博物館に配属された人たちくらい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中8人
投稿者名 miu        投稿日時:2018/03/21 12:29:59
年齢・性別 34歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
学芸員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 展示企画、運営(常設・企画展)
収蔵品管理(修復、研究、作品・画像貸出含む)
教育普及事業企画、運営
学校対応
広報
施設管理
ボランティア、後援会管理
この職業・職種のここが良い 自分は公立館の学芸員なので、公務員として安定はしています。ただ、正職員になるのも難しいし、なれたとしても遅いし、学芸員の上の役職ポスト(館長、副館長、次長、課長)がほぼないうえ、ほぼ一般行政職の方がなるので、出世はできないですが。
一部の仕事は、自分の専門や好きなことである場合があることは良い点でしょう。
基本的には職として勧めません。
この職業・職種のここが悪い 一人が抱える業務量の多さ。
公務員は楽だろうと言われますが、確かに私立に比べて安定している点では恵まれています。
ただ、逆に公僕なので、残業はほぼサービスで無い日はありません。給料は一般行政職と同じ。週末は交代で出勤します。人が足りないので雑用はたくさんあり、基本的に好意とやる気に依存しているような状態。やりがいの搾取です。正直、かなり予算もないし、研究はほぼできません。やっている人は本人のやる気と自費で。応募資格等で求められる学歴や資格類はかなりハードルが高いですが、使用する場もないし、対価もなく、本当に優秀でできる人は、国立、大手の機関や大学に転職していきます。余裕がないので全て悪循環、人間関係も悪いです。
一般行政職の職員もいますが、トップも事務も見事に仕事を増やします。アイディアだけ出して実働と失敗した責任はこっちだったり、チケットの英語対応(中学英語)くらいで毎度呼ばないでほしい。行政職だと定時で帰れるし楽でしょうね。
体を壊す人、独身の人、結婚しても子供がいない人の割合が異様に高いと思います。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 匿名希望です        投稿日時:2018/02/18 18:37:12
年齢・性別 45歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
学芸員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 展示準備、運営。イベントの運営。来館者からのレファレンス対応。掃除。資料の保存。収蔵庫の整理。温湿度の管理。著作権関係の手続き。人を集めるための努力。
この職業・職種のここが良い 展示の準備や運営は残業の嵐だけれど、面白いと思います。学芸員の職種には展示業務をさせてもらえない人もいますが。
この職業・職種のここが悪い とにかく低賃金。薄給。身分不安定。非正規がほとんどですが、ごく一握りの正規でさえ突然失職するリスクがあります。サービス残業が多すぎます。基本的に土日祝日という普通の人がお休みの日は必ず勤務するサービス業です。研究職と勘違いしている人は要注意。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中9人
投稿者名 miru        投稿日時:2018/02/17 19:05:54
年齢・性別 41歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
学芸員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 史料整理 デジタルアーカイヴ 展示など
この職業・職種のここが良い クリエイティブな部分が多い。編集職が本を作る仕事なら、学芸員はイベントや展示会を作る仕事
この職業・職種のここが悪い 一年更新で最長3年の非正規雇用が実働部隊。給与が低く年収は手取りで120万くらい。人間関係も劣悪。残業が多く激務。専門性をいかせない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中10人
投稿者名 aaa        投稿日時:2018/01/14 21:30:10
年齢・性別 33歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
学芸員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 展覧会の企画、教育普及事業の企画、ボランティア担当、広報、事務、設営など
この職業・職種のここが良い やりがい。むしろそれしか無い。
同じ目標を持った仲間同士が集まっていればかなりラッキーな方。お客様は文化に理解のある、良い方が多い。
この職業・職種のここが悪い 実質の給料はボランティアレベル。残業180時間越はザラで、館に泊まったことも数えきれない。もちろん残業代ナシ。やる気を持って入ってきても、生活基盤が安定せず将来性皆無という不安によって、数年でモチベーションを失う。心身を壊し退職するスタッフが後を絶たないが人員補充は遅れがちで、残ったスタッフが常に苦労する「逃げるが勝ち」状態が続く。上司は仕事に対して全く理解がなく、何もしてくれないどころかスタッフの首を絞めまくる。研究職なのに自己研鑽の時間など与えられない。生活が苦しく、研究費も無い(私はやむを得ずアルバイトで稼ぎました)。
この職業に就けるのは、天才的に頭が良く、専門分野が三度の飯より好きで、どんな安月給でもお金に困らず、社交性があり、チームワークがあり、語学力があり、体力と持久力があり、機械類にも強い、その他諸々何でもできるスーパーマンのみ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:22人中19人
投稿者名 とある県営施設のアーキビスト        投稿日時:2017/09/29 00:19:29
年齢・性別 43歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
学芸員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 古文書ほか歴史資料の整理、講座の運営、展示の企画・設営ほか
この職業・職種のここが良い 専門性が生かせるところ。
この職業・職種のここが悪い 安定性皆無。
館の運営方針は無能な上層部(ただの県行政職公務員)が好きなように牛耳っており、専門職非常勤の意見が全く取り入れられない。
休日出勤(もちろんサービス残業)が常態化。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:23人中22人
投稿者名 なし        投稿日時:2017/06/03 13:11:58
年齢・性別 46歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
学芸員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 展覧会の企画、常設展の企画、所蔵品の整理。
この職業・職種のここが良い ものごとに積極的に取り組み、自発的な調査、企画を
行うことができるところ。一方、資料の整理保存など
に関しては、緻密な性格、継続性、整合性などを発揮
できる人材にとっては良い環境でしょう。
この職業・職種のここが悪い 2000年前後の派遣法、その後の指定管理者制度により、正規雇用の学芸員が減り、真面目に研究活動を
続けてきた志の高い学芸員が職を失い、一方では
教養と志の低い、事務方にイエスマンのサラリーマンのような学芸員が採用されるようになってきた。
公立館以外、給与体系の低さは驚くべきもの。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中19人
投稿者名 Jane        投稿日時:2017/04/23 19:03:29
年齢・性別 38歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
学芸員に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 調査研究、連携した教育普及、展示の企画や館の運営全般。施設の周辺含めた管理保全、ボランティア育成
この職業・職種のここが良い 展示会や教育普及講座で喜ばれたときは幸せ。新しい資料を掘り起こした時の感動は言葉にならない
この職業・職種のここが悪い すでに出来上がった施設に配属になる場合が殆んど。箱もののランニングコストを考えず作られ、予算がつきにくい。
何でもできなきゃ運営できないので、研究ばかりの人には国立以外の施設では不向きかも。
公務員採用じゃないと体力、気力、財力的に耐えられるかが問題。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中8人
投稿者名 U        投稿日時:2016/05/06 13:28:00
年齢・性別 29歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
学芸員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 展示、保存、管理、広報、教育普及、事務、研究。
この職業・職種のここが良い 自身の研究を反映した企画展が開催できた時の喜びは大きい。常に展示や解説の内容に反省点を見出し、よりよい展示となるように努めていくことに楽しさを感じている。
この職業・職種のここが悪い NPO法人が指定管理を行っており、給与が非常に少ない。日々の生活で精いっぱい(年収180万程度)。常に知識のインプットが要求される職種のため、他の企画を見たり、文献を購入したり、学会に参加、発表したりする必要があり、常に赤字の生活。学芸員はただ単純に資料を管理し、展示しているだけでないことを理解して欲しい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:42人中40人
1  2     次へ>>

学芸員の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※学芸員として現在仕事をしている方、もしくは過去に学芸員をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
学芸員のここが良い
学芸員のここが悪い
仕事内容の詳細
学芸員に対するあなたの状況

学芸員とは

学芸員(がくげいいん)とは、日本の博物館法に定められた、博物館(美術館・天文台・科学館・動物園・水族館・植物園なども含む)における専門的職員および、その職に就くための国家資格のことである。欧米の博物館・図書館・公文書館では職種としてキュレーター(curator)が置かれているが、日本ではキュレーターを学芸員と訳している。 学芸員の職については、博物館法(昭和26年法律第285号)の第4条第3項に定めがあり、「博物館に、専門的職員として学芸員を置く」とされている。また、学芸員補という職もあり、学芸員補は、学芸員の職務を助けるために博物館におかれる職である(博物館法第4条第5項・第6項)。なお、ここでいう「博物館」とは、歴史、芸術、民俗、産業、自然科学等に関する資料を扱う機関のことであり、「博物館」の名称を持つ施設のほかにも、美術館なども含まれている。 なお、学芸員をあらわす英語表現は一般的にキュレーター(curator)と理解されている場合があるが、これは監督という意味合いであり、外国ではこれを複数置く館では館長の次の地位、1名のみしか置かない館では館長職そのものを指し、大学の教授職に相当する存在になるため、これほどの権限を与えられていない日本の学芸員の英訳としては適切な表現ではない。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、学芸員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。学芸員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。