【職種】書道家が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

書道家の基本情報

仕事内容 文字を筆と墨で書く芸道
平均年齢※ 34歳
平均年収※ 300万円未満
書道家に関連する資格 硬筆書写技能検定書道師範毛筆書写技能検定
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (1件) 3.0000 [3点]
給料 1.0000 [1点]
やりがい 4.0000 [4点]
労働時間の短さ 5.0000 [5点]
将来性 2.0000 [2点]
安定性 3.0000 [3点]

その他のアート・写真に関する仕事

書道家の仕事の本音一覧

全部で1件の投稿があります。(1~1件を表示)
投稿者名 あかし        投稿日時:2014/03/29 04:23:14
年齢・性別 34歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
書道家に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 書道指導、硬筆指導、手本書き、作品出品作業、
教室の掃除、生徒の勧誘、保護者とのやりとり、
文化祭などへの出品、夏休みの書写宿題の指導、
月謝の管理他
この職業・職種のここが良い 自分の場合は、子供向け書道教室の経営。
子供が可愛い、学校が終わってからなので勤務時間が短い16時〜20時、「先生」と言う名のつく職なので敬われる、自由な時間がある、上司なとがいない、
頂き物が多い、一度入会すれば中々生徒はやめない、
やりがいはある。
この職業・職種のここが悪い 子供一人辺りの月謝が人数教えても給与が低くい、
モンスターペアレントの相手、子供相手なので体力仕事、
月謝滞納、手本書きや出品手続きなど地味な事前時後作業、
給与が低いので副業がないと生きていけない、
「先生」なのでプライベートで気を抜けない、

とにかく、結婚後の女性ならまだしも
男性がこの仕事一本で食べていくのは不可能です。
自分は他にも高校非常勤、カルチャースクールでの指導など
多岐に渡りやっと、、、と言う具合。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中1人

書道家の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※書道家として現在仕事をしている方、もしくは過去に書道家をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
書道家のここが良い
書道家のここが悪い
仕事内容の詳細
書道家に対するあなたの状況

書道家とは

『書道』より : 書家(しょか)は、書における高度な技術と教養を持った専門家のこと。日本では書人ともいい、近年、異称として書道家ともいわれるようになった。中国語では、書法家(繁体字)という。独自の感性で墨文字アート、墨象画を手掛けている書き手は、書家とは異なる。 書家の異称 能書・能筆 一般的には、字を書くことが上手なこと、また、その人のことをいう。優れた書作品の意として使われることもある。日本で書法の教授を職業とする「書家」が現れたのは江戸時代中期以降とされているが、それまでの書家が存在しない時代、書の上手な人を手師・能書・手書きと称した。『万葉集』の中で「羲之」や「大王」を「テシ」(手師)と読ませ、王羲之を能書の代名詞としていた。今でも歴史上の書人を能書・能筆と称している。 能書家・能筆家 能書・能筆と同様に使われるが、近現代の書家に対しても、多くの書家からその能書たることを認められている場合に使われる。いわゆる書の名人、書道界の大御所である。中国語では書法大師・書法大家という。 文人書家 篆刻家を兼ねる書家は日本でも中国でも古今に例が多いが、中国では多芸を重んじる傾向が強く、特に、書・篆刻・画・詩を能くして四絶と称賛され、文人書家とも称される。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、書道家の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。書道家の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。