【職種】パタンナーが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

パタンナーの基本情報

仕事内容 型紙起こしから納品チェックまで
平均年齢※ 35歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
パタンナーに関連する資格 パターンメーキング技術検定洋裁技術認定試験
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (3件) 2.6000 [2.6点]
給料 1.7000 [1.7点]
やりがい 4.3000 [4.3点]
労働時間の短さ 2.3000 [2.3点]
将来性 2.3000 [2.3点]
安定性 2.3000 [2.3点]

その他の服作りの仕事

パタンナーの仕事の本音一覧

全部で3件の投稿があります。(1~3件を表示)
投稿者名 ラビ        投稿日時:2018/04/12 20:53:48
年齢・性別 32歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
パタンナーに対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 業務内容は非常に多い。
パターンの作成(原則CAD、ごくまれに立体裁断)
マーキング(型入れ)
見積書作成、工場との折衝(工賃)
生地と副資材の選定、仕入れ先との折衝
縫製仕様書作成
サンプル作成(資材の手配も含む)、および検品
本生産が決まると、原反の手配、製造指図書の作成、工場へのパターンの送付、先上げサンプル検品、納期管理
工場で不具合があった場合には、入荷後に畳みなおし・下げ札付け直し・脇ネームの取り付け・仕上げ (アイロンの事です)なども行う
この職業・職種のここが良い 自分がパターンを作成した洋服が形になるとやはり嬉しい。生地や副資材を選定するときなどはワクワク感がある。他人には出来ない自分の仕事を持っているという喜びがある。
また、ハードワークであることは、反面、忍耐力・持久力・思考力が身に付き、過酷な環境にも耐えうる人材に鍛え上げられる。
この職業・職種のここが悪い なんといっても労働時間が長すぎる。週末は徹夜明けからの休日出勤が定番。持ち帰り仕事もよく行っていた。
また、給与水準が恐ろしく低いのも、人材の定着を妨げる一因だろう。基本的に残業代は付かず、地方にもよるが、私が以前在職していた関西某所の婦人アパレルメーカーにおいては、30歳を過ぎても、年収300万円を超える事は困難だった。この年収では、実家暮らしで親に頼らないととても食べて行けない。
求められる技術に見合うだけの対価(労働環境・賃金)が与えられておらず、新卒者が念願叶って憧れのパタンナーになったとて、すぐに辞めて他の職種についてしまうケースが非常に多い。
1年単位の契約社員として雇用され、勤続30年の女性であっても、役職に就くことができず、将来性を感じられなかった。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名         投稿日時:2016/07/07 02:21:43
年齢・性別 32歳(女性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
パタンナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 デザイナーの絵を型紙におこす。立体裁断したりCADで作図したり、デザインにより自分でやりやすい方法で仕事を進める。生地の特性を考慮して縫製方法を考え、仕様書にまとめ、縫製工場に伝える。
この職業・職種のここが良い チームワークで仕事を進める。いち技術者として、パタンナーの観点からデザインに意見することもあり、それが活かされて服が綺麗に上がってくるとものづくりをしている実感や楽しさが大いにある。
休日は取れるし残業も少ない、これは企業により全然条件が違う。
この職業・職種のここが悪い アパレル業界全体が低迷している。業績が悪いアパレルメーカーや、所属ブランドが廃止になったとき等はパタンナーが解雇されることが多い。
チーム作業のため、MDやデザイナーの方針に共感出来ないと作る楽しさが得られない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中11人
投稿者名 くくく        投稿日時:2010/05/28 00:37:13
年齢・性別 41歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
パタンナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 書ききれない
この職業・職種のここが良い センスが問われますよ やりがいあります 
パターンナーの給料がいい会社はいいメーカー(売れるものを作れる本物の会社です。何が大事か分かっているから) 安いと使い捨て会社も伸びない
業績の上がらない、売れない会社は見直してみては?
パターンはデザインと同じ。
この職業・職種のここが悪い 地味なこと
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中14人

パタンナーの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※パタンナーとして現在仕事をしている方、もしくは過去にパタンナーをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
パタンナーのここが良い
パタンナーのここが悪い
仕事内容の詳細
パタンナーに対するあなたの状況

パタンナーとは

パターン・メーカー(英語:pattern maker、フランス語:modelist、イタリア語:modellista)あるいは和製英語で"パタンナー"とは、ファッションデザイナーのイメージしたデザイン画を元にアパレル・ファッション分野の型紙(=パターン、英:pattern)を作ること(型紙の適切な線を決定し「引く」こと)を専門とする人を指す。 また、シーチングと言う布で立体的に型をとることを「トワルを組む」といい、この作業をドレーピング(立体裁断)という。 役割と地位 主な役割は、冒頭の説明のように、デザイン画を元にパターンを作ることであるが、 それに加えてファッションデザイナーの描いた服飾画を見た段階で、型紙の実現が難しい箇所や制作が難しい箇所をあらかじめ指摘することも含まれ、つまり実質的にはパターンメーカーとファッションデザイナーが共同・協調してデザインを行っている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、パタンナーの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。パタンナーの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。