【職種】気象予報士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

気象予報士の基本情報

仕事内容 天気予報のスペシャリスト。TVのお天気番組でも活躍
平均年齢※ 36歳
平均年収※ 300万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (1件) 2.2000 [2.2点]
給料 1.0000 [1点]
やりがい 4.0000 [4点]
労働時間の短さ 2.0000 [2点]
将来性 2.0000 [2点]
安定性 2.0000 [2点]

その他の環境に関する仕事

気象予報士の仕事の本音一覧

全部で1件の投稿があります。(1~1件を表示)
投稿者名 風来坊        投稿日時:2015/09/12 21:59:29
年齢・性別 36歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
気象予報士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 予報業務、テレビや新聞の原稿書き。顧客相手にコンサルタント。
この職業・職種のここが良い 特に感じていない。
この職業・職種のここが悪い 時間の割りに給料が少なく割りに合わない職業。

自然が相手なので、土日・祝日、盆や正月なんて全く関係ない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中1人

気象予報士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※気象予報士として現在仕事をしている方、もしくは過去に気象予報士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
気象予報士のここが良い
気象予報士のここが悪い
仕事内容の詳細
気象予報士に対するあなたの状況

気象予報士とは

気象予報士(きしょうよほうし)は、日本の国家資格の一つで、気象業務法第3章の2に基づき、指定試験機関(気象業務法第24条の5、財団法人気象業務支援センター)が実施する知識及び技能についての試験(以下、気象予報士試験という)に合格した者(同法第24条の4)であって、気象庁長官による登録(同法第24条の20)を受けた者をいう。 1993年の気象業務法改正によって、気象庁以外の者に対する予報業務の許可が一般向け予報業務についても実施されることになった際、その予報業務の技術水準及び信頼性を担保するための予想担当者の技能試験として創設された。第1回試験は、1994年8月28日に実施されている。 気象庁長官の許可を受けて予報業務を行う予報業務許可事業者は、予報業務を行う事業所ごとに気象予報士を置かなければならず(同法19条の2)、予報業務のうち現象の予想については、気象予報士に行わせなければならない(同法19条の3)。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、気象予報士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。気象予報士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。