【職種】医師が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

医師の基本情報

仕事内容 患者の診療、治療から研究者の道も
平均年齢※ 39.1歳
平均年収※ 1500万円以上2000万円未満
医師に関連する資格 【資格】医師<国> 介護支援専門員【ケアマネジャー】児童福祉司任用資格
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (34件) 3.2000 [3.2点]
給料 3.8000 [3.8点]
やりがい 3.7000 [3.7点]
労働時間の短さ 2.2000 [2.2点]
将来性 3.3000 [3.3点]
安定性 3.2000 [3.2点]

その他の医療治療に関わる仕事

医師の仕事の本音一覧

全部で34件の投稿があります。(11~20件を表示)
<<前へ   1  2  3  4     次へ>>
投稿者名 ささ        投稿日時:2015/04/26 12:39:02
年齢・性別 30歳(女性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 白血病の治療など
この職業・職種のここが良い 人のために働ける
患者さんが治る
この職業・職種のここが悪い 休みが月1日あるかないか
当直明けでほぼ寝れなくても翌日は朝から晩まで仕事
プライベートの時間がほぼない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中8人
投稿者名 てるさん        投稿日時:2014/12/20 13:44:17
年齢・性別 33歳(男性)
年収 300万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 大学病院勤務
国立大卒
1をつけたいがこのサイトでは投稿と認識されないので
評価は適当
この職業・職種のここが良い 1日の勤務がだいたい読書で終わる
この職業・職種のここが悪い 病院毎の格差が激しい。完全にコネの世界。
コミュ障、つまり質問してもまともな回答が返ってこない人が多い。日本語が通じない
看護師等の派閥が見るに堪えない。ごますりの相手に疲れる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:25人中15人
投稿者名 まる        投稿日時:2014/09/26 20:50:22
年齢・性別 42歳(男性)
年収 1200万円以上1500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 診療
教育
研究
バイト
何をやってもあまり問題にされないので、過去には源泉徴収票が15-6枚送られてきたことがあった。
この職業・職種のここが良い 仕事には困らない。
兼業が可能な場合が多い。
バイトは外来頼まれる(普通の人間関係を保っていれば頼まれる)ようになれば、時給1-1.5万くらいにはなるので、今の職場が嫌になっても生活レベルを落とさずにいれる気がする。仕事を普通にしながら専門性が高くなること、転職後のキャリアになるところがいい。大学医局でうまく渡れば、心身が擦り減らずにそこそこの報酬がもらえて、周りにも丁寧に扱ってもらえる。自分はヨゴレ仕事や、野戦病院で働かないでよかったですが、うっかりすると民度の低い地域で有象無象の患者の訴えにさらされながら、家族と一緒に食事もできない事態になります。
この職業・職種のここが悪い 社会主義的報酬体系(開業医は除く)。極端な話、研修医じゃなければ5年目でも、20年選手でも大して給与は変わらない。責任が重く時間拘束の大きいポジションの方が、お気楽な職場より概して給与が低い。
よく分からない名誉?に目がくらんでるマゾが多い。
卒後5-10年くらいまで正社員扱いでなかったりする(職歴証明を取って初めて非正規就職だったと知って愕然とする。
医局人事で国立、公立、私立など様々な母体の病院に勤務するので退職金が全然増えない(生涯収入では下手したら高卒、勤続45年、県庁でちょっと出世しました的な人に負けるかも)
所詮技術職なので、医者というフィルターを外してみると、意外と身分が低い。
勝手に病院の主役だと勘違いして正規職員の看護師、技師、事務、薬剤師、栄養士はては用務員にかこまれて重責を負わされているピエロ。
しかも学術的に熱心な基幹病院では朝7時からカンファレンスが始まり夜の10時くらいまで診療、カンファ、会議、カンファ、土日もしょっちゅう呼ばれます。
学会出張を取るのもなぜか気を使う。おまけにこれを旅行代わりに思ってる輩も多数。
開業医らしき人達が年収3000-4000万的に書いてますが、純粋に手元に残る利益でこんだけ残してる人は少数派だと思うので、くれぐれも勘違いしないように(医者は診療に使った時間に対してのみ収入が発生するので、診療報酬が削減され続ける中で大儲けは難しい。)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:20人中18人
投稿者名 たま        投稿日時:2014/07/29 07:52:56
年齢・性別 33歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
医師に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 手術とか
この職業・職種のここが良い 第一線の勤務医から後方支援病院・開業・バイトなど、ライフスタイルに合わせて選択肢が多い
この職業・職種のここが悪い 訴訟リスクを考えると、ハイリスクローリターンの職業です。医局に所属している間の給料は、派遣先によって変動が激しい(ただ働き〜1000万まで)。人材確保のために、研究生として身分を置かせてただ働き(かつ授業料を払わされる)という巷のブラックも真っ青な慣行を持つ医局も・・
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中8人
投稿者名 たか        投稿日時:2014/07/21 18:22:05
年齢・性別 43歳(男性)
年収 3000万円以上
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 定期訪問は昼間です。電話や緊急往診は24時間対応です。私の場合は、夜や早朝の電話は月に10回、緊急往診は5回位です。
この職業・職種のここが良い 開業医で在宅・訪問診療をしています。頑張った分、感謝されます。やりがいが分かりやすいお仕事です。健康保険の制度で守られている仕事ですので、経済的には安定します。昨年の年収は
9000万でした。忙しく働けばこうですし、9時17時残業なしの働き方もできますし、アルバイトのみでも十分生活できますので、いわゆるつぶしがききます。
この職業・職種のここが悪い ミスが怖いです。ミスはなくても、結果が悪ければ、時には恨まれます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中6人
投稿者名 ぽんた        投稿日時:2014/06/19 13:13:24
年齢・性別 57歳(男性)
年収 2000万円以上3000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 外来診察、入院患者の診療、手術、その他。
書類書きなどの雑用がどんどん増えてきているのはマイナス評価、それでも学校の先生ほどではないだろう。
この職業・職種のここが良い 1)特に大した能力がなくとも、高収入を得られる。
2)研究、診療いろいろな分野があるが、その道を極めたいのであれば能力に応じてそれも可能。高収入を追及したいのであればそれも可能(必ずしも実現できるとは限らないがほかの分野よりはるかに容易)
3)大した人間でなくとも一応社会的に認知される。
この職業・職種のここが悪い 特にない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中5人
投稿者名         投稿日時:2014/03/08 17:14:45
年齢・性別 54歳(男性)
年収 3000万円以上
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 開業医。人を雇うということは本当に難しい…
この職業・職種のここが良い 収入。家族にほぼなんでもしてやれる。
患者さんに笑顔で感謝されるとやっぱり嬉しい。子供が可愛い。
この職業・職種のここが悪い 精神面で非常に疲れる。
ミスをしていないか、人の命を奪ってしまったらどうしよう、患者さんに嫌な思いをさせていないか、訴訟とか…と医者になりたてのころからずっとおびえていた。
開業してからは嫌な噂(主に主婦の口コミ)が広がらないように必死。どんなに理不尽なことを言われてもされても我慢し、丁寧な対応をするよう心掛けた。
大学の集まり、結婚式など色々と面倒。
とにかくどっと疲れてしまう。
図太い人の方が大成できるかもしれない。こう言ってはなんだが、繊細で心の優しい人にはあまりお勧めしない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:24人中21人
投稿者名 k        投稿日時:2012/11/23 20:58:44
年齢・性別 33歳(男性)
年収 1500万円以上2000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病棟業務、外来、当直(病棟での急変時対応や救急外来対応など)
この職業・職種のここが良い 自分が学んできたこと・経験を生かすことで、目の前の患者へ利益をもたらし、感謝される。これに尽きます。
本当にやりがいを感じます。
給与面での安定。
社会的信頼。
この職業・職種のここが悪い (専門科・勤務病院によります)
拘束時間が長い。
少しずつ改善はされているだろうが、当直翌日も帰ることができず、22-23時まで勤務することもある。
まとまった休暇が取れない。
onとoffの境界線が明確でなく、職業倫理、社会責任によりoffの時間が失われやすい。
眠れぬ当直明けに疲れきって帰ろうとした翌日夕方に緊急患者が来院し、深夜まで帰れない、という事態が続くと身も心も削られる思いになります。
その分、患者さんが回復して行く姿を見ることができると、満足感・充実感が非常に大きいです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:54人中44人
投稿者名 しげる        投稿日時:2012/09/25 14:32:51
年齢・性別 27歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病棟入院患者の治療・検査・手術
外来診療業務
時間外救急当直
この職業・職種のここが良い やりがいがある、誇りを持てる職業。退院された患者さんに「ありがとう」と言ってもらえた時の充実感は筆舌に尽くしがたい。
この職業・職種のここが悪い 就職先によって給料の格差が激しい。
診療科によって労働時間の差が激しい。
入院患者を持つと休みの日も完全に仕事を忘れて羽を伸ばせるということは少ない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:18人中9人
投稿者名 RDRGZ        投稿日時:2012/06/26 13:13:27
年齢・性別 62歳(男性)
年収 2000万円以上3000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
医師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 もと病院勤務医
現在大学教員
週1回病院外来勤務のみ
この職業・職種のここが良い 一生勉強できる
病気の方や障害のある方の援助ができる
社会的に存在が認められる
収入がよい
定年がない
出張などで外国旅行をしやすい
この職業・職種のここが悪い 失敗をすると患者さんの生命にかかわる
勉強と研究をつづける必要がある
職場によっては超過重労働をせざるをえない
会議が多い
仕事はほとんど休めない
ストレスのため不眠症や飲酒しすぎになりやすい
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:38人中25人
<<前へ   1  2  3  4     次へ>>

医師の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※医師として現在仕事をしている方、もしくは過去に医師をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
医師のここが良い
医師のここが悪い
仕事内容の詳細
医師に対するあなたの状況

医師とは

医師(いし 英:Doctor)は、医療および保健指導を司る医療従事者。医学に基く傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする。 米国では伝統的に医師は英語で「Physician」と称される。また、専門分野ごとに「内科医 (Physician)」と呼ばれたり「外科医 (Surgeon)」と呼ばれたりもする。欧米で医師の一般名称「Physician」に対して外科医だけが「Surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在での義肢装具士や理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。すなわち医師である内科医が診察診断を行いその処方に基づいて理髪師(外科医)が外科的治療を薬剤師が内科的治療(投薬)をそれぞれ行うという建前であった。しかし時代が進むにつれ外科医も薬剤師も独自に治療を行うようになり彼らも医者とみなされるようになっていった。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、医師の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。医師の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。