第二種電気主任技術者+技術士(電気電子)の有資格者です。(電気主任技術者の本音)

職業 電気主任技術者
投稿者名 まぁ        投稿日時:2021/03/21 19:47:16
年齢 37歳
年収 800万円以上900万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
電気主任技術者に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 第二種電気主任技術者+技術士(電気電子)の有資格者です。

発電設備全般の工事、維持、運用に関する業務に従事します。
電気主任技術者としての法的業務以外(工事監督であれば建設業法や下請法などの知見)が求められることも覚悟しておく必要があります。
この職業のここが良い 近年、再生可能エネルギー発電設備の電気主任技術者として、第二種電気主任技術者の需要が多く、待遇も満足できる水準が提示されやすい印象です。

電気事業法や再生可能エネルギーに関する法令はたびたび変更されますので、パブリックコメントや産業保安監督部ホームページでの情報収集は必須ですが、こういった基本的な資質の向上を怠らなければ、待遇はこたえてくれるのではないでしょうか。

なお、申請二種(免状英語表記が「E」以外)の場合、待遇等が悪くなることがある場合があるようです。
三種免状有資格者は、ぜひ二種取得を目指して頑張っていただければと考えております。
ご参考となれば何よりです。
この職業のここが悪い 事業者は、保安規程などに関心がない場合が多く、主任技術者が責任を持って対応しなければなりません。

10kw以上であれば、工事用に用いる発電機であっても、電気事業法上の法令手続きが必要ですが、こういった点を理解されていない事業者も多く、事業者への説明責任を果たすことが大変であったりします。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中3人

honne.bizでは、電気主任技術者の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。電気主任技術者の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。