学生時代、若手研究者の頃は、主に実験室に籠っていわゆる”実験”...(生物学研究者の本音)

職業 生物学研究者
投稿者名 ねずみ        投稿日時:2008/06/05 02:25:24
年齢 38歳
年収 700万円以上800万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
生物学研究者に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 学生時代、若手研究者の頃は、主に実験室に籠っていわゆる”実験”をする時間が多い。やがて、研究費取得のために書類を書いたり、論文や口頭発表の準備、学会や会議への出席で忙しくなる。大学の教員の場合は、授業の準備、試験の採点、学生の実験のサポート、論文作成の指導なども重要な仕事。
この職業のここが良い 未知の世界を探求する興奮を味わえる。自身の知的好奇心を満足できる(かもしれない)。医療(社会)へ貢献できる可能性がある。生物(自身を含む)の本質を垣間みる機会に恵まれる。自分で”考え、証明する” プロセスが楽しめ、研究を通じて”新しい概念”に到達する喜びがある。

この職業のここが悪い 自分のしたい研究を続けるためには、”資金をかせぐ”能力が不可欠。目標や研究能力が優れているだけでは生きて行けないので、夢を追う途中で挫折する生物研究者も少なくない。研究費調達の為に多くの時間をとられ、肝心の研究を楽しむ余裕に欠ける事がある。また実験がうまく行かない事も多いので、精神的タフさも必要。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:176人中169人

honne.bizでは、生物学研究者の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。生物学研究者の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。