保険施術の本来は急性・亜急性の外傷性の骨折・脱臼・打撲・捻挫...(柔道整復師の本音)

職業 柔道整復師
投稿者名 廃業柔道整復師        投稿日時:2017/04/19 02:40:18
年齢 40歳
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
柔道整復師に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 保険施術の本来は急性・亜急性の外傷性の骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷に対する施術

実際は解釈云々で強引なこじつけでの保険適応

後療の中の手技療法という名のマッサージ
この職業のここが良い 安価で長く施術してくれ、話しをよく聞いてくれ、受付時間が長く、日・祝も開いてて感謝される。

割合は少ないけど、ちゃんと医療機関という認識で来てくれた患者さんが本当に良くなった時は嬉しい。
この職業のここが悪い 根本的に法律・制度に欠陥瑕疵が有るのに、そこを無視して上に積み上げた所で、土台から崩壊するのは明らか。というか既に終焉している。

グレーゾーンが許され無い時代背景で有るにも拘らず、放置して来た業界執行部の愚鈍さ。自分達の世代が甘い汁を吸って来たツケを、下の世代に払わしている今の現状は本当に腹が立つ。

柔整業界の各団体が己が利権、面子に拘り全く纏まらずに政治力を発揮出来ない愚かさ。

整形外科医、保険者、行政、マスコミに一方的に叩かれ、反撃出来ない所か最近では媚だしてる情けなさ。

療養費検討委員会のバッシングする側からはエキセントリックな業界と言われている。

ネットや保険者、行政の啓蒙活動により、一般の患者さんも内情を良く分かって来ているので、世間体が悪い。

業界の未来を担う若者に夢、希望を与える所か最低限の生活をする給料を得る事も難しくなっている。

正当性が有ろうが無かろうが、どのみち受診照会という名の調査書がバンバン送られて来るので、患者さんが整骨院を敬遠するのも当たり前。受診抑制作戦大成功!

自費で頑張るしか無いけど、それなら柔道整復師で有る必要性も無いし、国家資格じゃ無くても良いよね。

バルス!笑


この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:52人中52人

honne.bizでは、柔道整復師の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。柔道整復師の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。