【職種】通訳ガイドが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

通訳ガイドの基本情報

仕事内容 外国人旅行者を案内するのが仕事
平均年齢※ 100歳
平均年収※ 3000万円以上
通訳ガイドに関連する資格 「ハングル」能力検定試験TOEFL(R)テストTOEIC(R)テストケンブリッジ英語検定スペイン語技能検定ドイツ語技能検定試験フランス語能力認定試験【TEF】ロシア語能力検定試験実用イタリア語検定実用フランス語技能検定試験実用英語技能検定中国語検定試験通訳案内士<国>旅行地理検定
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (2件) 5.0000 [5点]
給料 5.0000 [5点]
やりがい 5.0000 [5点]
労働時間の短さ 5.0000 [5点]
将来性 5.0000 [5点]
安定性 5.0000 [5点]

その他の語学力を生かす仕事

通訳ガイドの仕事の本音一覧

全部で2件の投稿があります。(1~2件を表示)

まだ、投稿がありません。

通訳ガイドの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※通訳ガイドとして現在仕事をしている方、もしくは過去に通訳ガイドをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
通訳ガイドのここが良い
通訳ガイドのここが悪い
仕事内容の詳細
通訳ガイドに対するあなたの状況

通訳ガイドとは

『』より : 通訳案内士(つうやくあんないし、英語: Licensed guide)とは、観光庁長官が実施する国家試験「通訳案内士試験」に合格して、通訳案内士として登録した者のみが従事でき(業務独占)、観光客に対して外国語通訳及び観光案内を行って報酬を得る職業。外国観光客相手のプロの観光ガイドのこと。 報酬を得て外国人に付き添い外国語を用い旅行案内をすることは、通訳案内士法により、国家資格を得た上で、都道府県に登録する事が義務付けられている。違反すれば通訳案内士法の規定により罰せられる。たとえ時給によるアルバイトであっても、無資格者が報酬を得て外国人の観光案内業務を行うことは出来ない。通訳案内士となるためには後述の資格試験に合格したのち、都道府県に登録する必要がある。資格試験には学歴、年齢、性別、国籍が問われない。特に国籍不問であるため、外国人の通訳案内士も存在する。外国人の添乗員であっても日本で案内行為をすると違法となる。ただし無償で行うボランティアガイドは、違法とはならない。 従来は、通訳案内業法により、通訳案内業としての免許を申請し、取得する制度であったが、2005年6月の法改正により、2006年4月よりは通訳案内士と名称を変え、資格者の登録制度に変わった。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、通訳ガイドの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。通訳ガイドの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。