【職種】校正者が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

校正者の基本情報

仕事内容 印刷物の制作過程で、誤字・脱字などの間違いをチェック
平均年齢※ 35歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
校正者に関連する資格 日本漢字能力検定校正技能検定
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (1件) 4.2000 [4.2点]
給料 5.0000 [5点]
やりがい 5.0000 [5点]
労働時間の短さ 5.0000 [5点]
将来性 3.0000 [3点]
安定性 3.0000 [3点]

その他の本・雑誌・新聞づくりの仕事

校正者の仕事の本音一覧

全部で1件の投稿があります。(1~1件を表示)
投稿者名 こーせーわーかー        投稿日時:2012/08/06 01:34:58
年齢・性別 35歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
校正者に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 原稿の誤字・脱字を見つける。
原稿の日本語として不自然な表現を訂正する。
表記を統一させる。(例:「引っ越し」「引越し」「引越」)
原稿内容について文献などを調べ事実を確認する。
この職業・職種のここが良い <筆者:在宅開業者>
仕事場所や作業時間帯の自由度が高い。
在宅業務の中では高給。
いろいろな原稿を読むことで知的好奇心が満たされる。
開業資金がほぼ不要。
この職業・職種のここが悪い 締め切りに追われる。
ツテがないと仕事がもらえないかも。
体質により、眼精疲労や肩こり。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中10人

校正者の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※校正者として現在仕事をしている方、もしくは過去に校正者をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
校正者のここが良い
校正者のここが悪い
仕事内容の詳細
校正者に対するあなたの状況

校正者とは

校正者 (こうせいしゃ、英字:Proofreader)は、校正(校閲)を主な生業とする者。 編集者とは別に、校正を主たる業務として、著者の元原稿との文字の異同、原稿指定の確認、再校以降の赤字引き合わせ、校閲等を行う。 カラーの印刷物への出色の確認は、文字校正者ではなく、デザイナーや熟練した印刷職人が行う。 出版社、新聞社、印刷所の校正部(校閲部)に属する者と、校正プロダクションに属する者、在宅校正を含むフリーランスの者など、勤務形態は様々である。 東洋 校正(校対)自体は、孔子の時代からあったものと推定され、後に校勘学として発達したが、職業としては、後漢朝に校書郎が置かれ、魏晋南北朝時代に秘書校書郎が置かれた。 = 日本 = 奈良時代に、写経所に校正を担当する校生が置かれていたことが、『正倉院文書』に確認される。 == 近現代 明治時代、東京日日新聞の福地源一郎が漢学者の市川清流を自分の給料を削ってまで招いて校正主任に任じ、在任中は「校正の宜しきを得」たとされる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、校正者の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。校正者の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。