【職種】速記者が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

速記者の基本情報

仕事内容 速記文字で会議などの議事記録を作る専門家
平均年齢※ -
平均年収※ -
速記者に関連する資格 速記技能検定
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 -
給料 -
やりがい -
労働時間の短さ -
将来性 -
安定性 -

その他の本・雑誌・新聞づくりの仕事

速記者の仕事の本音一覧

まだ、投稿がありません。

速記者の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※速記者として現在仕事をしている方、もしくは過去に速記者をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
速記者のここが良い
速記者のここが悪い
仕事内容の詳細
速記者に対するあなたの状況

速記者とは

『速記』より : 速記(そっき、英語:shorthand)とは、速記文字や速記符号とよばれる特殊な記号を用いて、言葉を簡単な符号にして、人の発言などを書き記す方法をいう。主に議会や法廷の発言を記録する分野や出版、ジャーナリズムなどで利用されている。 この技術の知識体系を速記法、技術を運用する方法を速記術、実際に運用する者を速記者という。また、社団法人日本速記協会では文科省認定速記技能検定試験1級に合格し、申請した者を速記士に登録している。 速記の起源は古代ローマ以前に遡ることができる。その起源に関しては定説が成立していないが、紀元前400年代の古代ギリシアで速記碑文が発見されている。 有名な速記記録としては紀元前63年のキケロによるカティリナ弾劾演説の記録である。当時のマルクス・トゥッリウス・ティロの速記はティロの速記と称され、当時の速記は知的奴隷が充てられていた。ティベリウス帝は満足な速記ができなかった速記官の指を切り落としたという記録がある。またローマ法のなかには速記を禁止された演説を速記した者は右手を切り落とすという刑罰が定められていた。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、速記者の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。速記者の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。