【職種】グラフィックデザイナーが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

グラフィックデザイナーの基本情報

仕事内容 雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する
平均年齢※ 32.6歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
グラフィックデザイナーに関連する資格 DTPエキスパート認証試験DTP検定Illustrator(R)クリエイター能力認定試験Photoshop(R)クリエイター能力認定試験POP広告クリエイター技能審査試験アドビ認定エキスパート【ACE】情報検定(情報デザイン試験)【J検】
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (168件) 2.3000 [2.3点]
給料 2.0000 [2点]
やりがい 3.7000 [3.7点]
労働時間の短さ 1.8000 [1.8点]
将来性 2.2000 [2.2点]
安定性 1.9000 [1.9点]

その他の本・雑誌・新聞づくりの仕事

グラフィックデザイナーの仕事の本音一覧

全部で168件の投稿があります。(111~120件を表示)
<<前へ   7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17     次へ>>
投稿者名 たま        投稿日時:2011/05/13 04:45:25
年齢・性別 26歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 テレビ関係の広告制作物
この職業・職種のここが良い テレビや雑誌、電車などで自分が担当した制作物を見ると、非常にうれしい。
ワクワクしながら、仕事に取り組める。
この職業・職種のここが悪い 業務環境がとにかく劣悪。眠れない、食べれない、休めない。(忙しすぎて時間がとれない)
恋人、友だち、趣味の時間がとれない。
慢性的に人員不足な為、仕事を辞めることも出来ない。
生きているのが嫌になる。
体調を崩す。
納得のいかないものを世に出すときは多大なストレスを抱える

時間がかかる仕事だが、あまり理解を得ておらず、めちゃくちゃな納期を言われたりする。
大抵の人が激痩せするか劇太りする。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人
投稿者名 禁断のリンゴ        投稿日時:2011/04/25 21:32:22
年齢・性別 43歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 グラフィックデザインのディレクションから制作全般
HP構築、運用、制作全般
この職業・職種のここが良い 生きて行くことを考えた場合にいいことは全くありませんが、20歳代で生涯を終えるという方でしたらどうぞお勧めいたします。
この職業・職種のここが悪い グラフィック=平面、物事を表面だけで表現する仕事なので年齢を重ねたとしても浅〜い経験しか身に付きません。どんなに深く追求しても自分のことでない仕事をする浅い仕事ですので将来生きて行く技は身に付きません。
また世の中の経済の仕組みから非常に離れた位置にある仕事なので、どんなにすばらしいデザインの仕事をしても一発屋、お金が回る仕組みに入ることのできない仕事です。
大手会社にいたとしても若い人たちが求められるので中年になると解雇されます。解雇後は浅い経験しか残っていないため再就職の仕事がありません。また独立してもこの日本ではデザインという付加価値に対価を支払う人はもういなくなりました。
この仕事を目指す方は食えなくなるという非常に危険な将来が待っていること、自覚してから目指しましょう。
グラフィックデザイナーというのは何かの目標のための一通過点であり、人として生きる、家族を養うという点からは目標の仕事にはなり得ません。危険です、気をつけてください。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:44人中38人
投稿者名 レジー        投稿日時:2011/04/04 03:26:24
年齢・性別 30歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 紙媒体(平面)の
グラフィック/エディトリアルデザイン
この職業・職種のここが良い 服装が自由。髪型も(会社によるが)自由。
モノづくり自体が好きな人は没頭できる職業。
色んな職業の人とひとつの仕事を作り上げる達成感。
自分で作成したモノが世の中に誕生する喜び。
(自分は無いが)センスがイイやつはそれだけで重宝される。
逆にやる気が人一倍あれば何とかなる。
実力世界で年齢は関係ないので、実力をつければ嫌いな人物を黙らせる事もできる。
本人の根性次第で独立できる職業。
独立すれば、会社員時代よりは月給が増える。
この職業・職種のここが悪い 広告代理店にでも入社しない限り、むなしさが溢れるくらい給料が安い。(若い時はしかたがないが、自分はADになって部下が8人いても月給30万円を超さなかった。正直今考えてもありえない。もちろん残業代はナイ)。
拘束時間が尋常じゃない。(20代前半は、まず休みなんてない)。
デザインや美意識の価値感の違う上司についてしまうと自分の成長の完全な妨げになる。
景気がモロに仕事に直結する。
紙媒体の将来性の低さ。
デザイン素人クライアントの意見に対して大人な対応のストレス。
仕事ができる人ほど、仕事量が多い。
体調が悪くても、信用できる部下がいないと出社せざるを得ない。
最近はデザイナーの仕事範囲が増えて、さらに貧乏暇ナシ。
最新のMac、アプリケーションの更新、フォントの購入等の一度買えば終わりではない、投資スパイラル。
個人的に一番の不満は、デザイン自体の社会的評価が低すぎる。どうにかなりませんでしょうか。皆さん頑張りましょう!
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中16人
投稿者名 kokuyo        投稿日時:2011/03/13 22:19:44
年齢・性別 30歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 パチンコチラシパチンコPOP
ノベルティ、ロゴなど…他提案物
この職業・職種のここが良い 服装自由、ラク
たまに自分が描いた(作った)モノがほめられる、それが世に出たらうれしい。
オシャレと勘違いされ聞こえはいいので少し女にもてる
イラストも描ける
この職業・職種のここが悪い クライアントの好みだけで仕事の良しあしが決まってくるような世界。気に入られればいいが、気に入らなければ修正orやり直し。スパンも短く、過去データ流用じゃないと通用しない。こんな中で本当の提案やデザインってものが分からなくなる。違った内容でもやることは毎日基本いっしょなので成長できているのか不安になる。
営業は金にならない仕事をノリでとってきて、デザイナーにふってさっさと帰る。
こっちはそれをこなすために徹夜する毎日もある
なぜこれで給料が低いのか
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:1人中1人
投稿者名 ゴパン        投稿日時:2011/03/05 02:05:00
年齢・性別 29歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 雑誌、ポスター、チラシ、カタログなどの紙媒体。
この職業・職種のここが良い ものづくりを実感できる。
作ったものを喜んでもらえたり反響があったりするとうれしい。
この職業・職種のここが悪い 残業徹夜土日出勤あたりまえ。給与低い。
紙媒体だけじゃもう無理な時代かも、とくに雑誌は。
今後デザイナーを目指す人は、webとか電子書籍なりの紙媒体プラスαのスキルが必要かもしれない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中3人
投稿者名 desperado        投稿日時:2011/02/14 12:09:29
年齢・性別 60歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 印刷媒体はなんでも
この職業・職種のここが良い カタカナ職業でカッコイですねイイデスネと、他人が勝手にうらやましがることがある。
本人は楽しくもなんともない。

定年まで奇跡的にこの仕事で食えた。
この職業・職種のここが悪い アナログ時代はカンプや版下は手先がものを言って、まさに
手に職ということがいえたが、PCがとってかわり今の時代は誰でもできるようになった。アイデアを簡単に表現できる分、プロが不要となった。クリエイティブの喜びは一時だけ。低収入、将来性なしの3K仕事(きつい、つらい、悲しい)若い人には勧めない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中5人
投稿者名 oboretahito        投稿日時:2011/02/07 09:23:55
年齢・性別 31歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 販促ツールの制作
ロゴの制作
看板・サインの制作
ノベルティの制作
webディレクション
この職業・職種のここが良い 服装、髪型、考え方が自由であること。
社会的拘束がない。
飲みごとが少ない。(接待はあまりない)
フリーランス(個人事業)開業にお金がかからない。
自分のスタンスを維持できる。
この職業・職種のここが悪い 給料が低い。
安定しない。(特にここ最近は倒産する会社も多い)
残業代はなく、残業三昧。
近年では、社会的地位の低さを感じさせられる。
将来が見えない。(webへの媒体移行など)
確実に仕事の量が減っていて、増える見込みがない。
デザインの社会的評価が曖昧。
景気の動向に比例する。
今後はデザイン+付加価値を持った人しか生き残れない
可能性が高い(絶対とは言いませんが…)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人
投稿者名 THU        投稿日時:2011/01/15 18:39:59
年齢・性別 25歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 流通・広告全般、企画、パッケージ、POP、編集など
この職業・職種のここが良い 制作した商品が売れたり、ユーザーのレスポンスが良かったときは、やり甲斐を感じます。

ただ、出来上がりの時よりも制作中にやり甲斐を感じられる方のほうが長続きするかと思います。

仕事上、世の中の動きに敏感になれる。
この職業・職種のここが悪い 個人の能力が拘束時間にとても反映されます。
ただ、仕事ができる人ほど沢山仕事を与えられるので、できるから早く帰れるという訳ではないと思います。

残業・休日出勤、当たり前です。

代休も期待できません。

また地方都市の場合、当たり前のようにボーナスはありません。

印刷業界・マス媒体自体、伸び悩んでいるので新たな付加価値が生まれない限り、縮小していく業界ではないでしょうか。

マシーンの発達ですぐ直せるし、すぐ作れます。
クライアントの目は肥える一方。

悲鳴もでません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中1人
投稿者名 ふゆゆ        投稿日時:2011/01/08 12:57:32
年齢・性別 39歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 web,パンフレット、カタログなど紙印刷のデザイン。
ロゴマーク、新店舗など総括プロデュース。
自社商品の宣伝、広報。
この職業・職種のここが良い 自分の作品が世に出回ることの喜び。
実力主義。
カタカナの職種は、回りには尊敬で見られます。
デザイナーからディレクター、プロデューサーへステップアップできるがそれには、デザインセンスや能力ではなく、人柄と経営概念がある人のみ成功する。
この職業・職種のここが悪い お給料が安い(でも好きなことしてるからしょうがない)
残業手当ゼロ(定時で帰れない社風)
風邪でも休めない(スタッフ一人ひとりの抱えている仕事容量が多いから他人へ頼めない)
見積もり、入荷額、人件費、トータルコストなど計算できるほど、仕事に余裕がないから、時間ばかりかけてダラダラと誤解される。
ステップアップには就業しながらの独学で常にスキルアップしないと時代に取り残される。未だにクラッシック環境とかびっくりするフリーランスのデザイナーさんを思うと、「それ保存だけで時間かかっちゃうでしょ?」アプリケーションソフトにお金かかるのも分かりますが、設備投資しなきゃ仕事は余計無駄足が多いです。

女性は結婚、出産と重なりデザイナーからディレクター、プロデューサーへステップアップしポジションに行くのは多難。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中7人
投稿者名 pony        投稿日時:2011/01/06 00:12:25
年齢・性別 22歳(女性)
年収 300万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 2 [2点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 デザイン会社でデザイナーとして勤務。
フード系、医療系、企業の社内報等のガイドやツール制作。
この職業・職種のここが良い ●クライアントさんが言葉で伝えた希望を上手く形にでき、喜んでいただけた時が嬉しい。
●誰にでもできるわけではない(どの仕事でも?)という意識が高くもてるので責任感が感じながら取り組める。
●形に残ることもあってか成長が目に見えるのでやりがいがある。
この職業・職種のここが悪い ●体調など自己管理できる限度を越える勤務体制の時がある。
●クライアントさんの都合にやむを得ず合わせなくてはならない時がある(→夜間拘束)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中5人
<<前へ   7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17     次へ>>

グラフィックデザイナーの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※グラフィックデザイナーとして現在仕事をしている方、もしくは過去にグラフィックデザイナーをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
グラフィックデザイナーのここが良い
グラフィックデザイナーのここが悪い
仕事内容の詳細
グラフィックデザイナーに対するあなたの状況

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナー(英: graphic designer)とは、写真・動画・絵画・イラスト・文字などを同一画面に構成する人。グラフィックデザイナーの中心的な任務は、情報を視覚的に第三者へ伝えることにある。 アートディレクター、エディトリアルデザイナー、写真家などを兼ねることも多く、組版、イラストレーション、ユーザインターフェース、ウェブデザインなども担当する場合があるが、専門職に委ねられる場合もある。パンフレットや広告のような出版・印刷される媒体、もしくはwebサイトのような電子的な媒体のためのグラフィックを主に作成する。 ただし,厳密には“graphic-”という形容詞自体が「印刷の- 図案の-」という英語的意味を持つため,WebデザイナーやUIデザイナーは「Webクリエイター」「CGグラフィッカー」と区別されるべきものである。 日本では「デザイン」あるいは「デザイナー」という名称は商業目的を指す事が多いため、画家はグラフィックデザイナーと区別されることを望む。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、グラフィックデザイナーの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。グラフィックデザイナーの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。