【職種】グラフィックデザイナーが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

グラフィックデザイナーの基本情報

仕事内容 雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する
平均年齢※ 33.3歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
グラフィックデザイナーに関連する資格 DTPエキスパート認証試験DTP検定Illustrator(R)クリエイター能力認定試験Photoshop(R)クリエイター能力認定試験POP広告クリエイター技能審査試験アドビ認定エキスパート【ACE】情報検定(情報デザイン試験)【J検】
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (181件) 2.4000 [2.4点]
給料 2.1000 [2.1点]
やりがい 3.7000 [3.7点]
労働時間の短さ 1.9000 [1.9点]
将来性 2.2000 [2.2点]
安定性 1.9000 [1.9点]

その他の本・雑誌・新聞づくりの仕事

グラフィックデザイナーの仕事の本音一覧

全部で181件の投稿があります。(111~120件を表示)
<<前へ   7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17     次へ>>
投稿者名 CMYKDTPWEBEPUB        投稿日時:2011/10/20 02:47:38
年齢・性別 27歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 1つ目に心身ともにタフなこと。2つ目にスケジュール管理スキル。3つ目に、どのソフトが使えるかでなくて、何を作れるか。フリーか否か問わず自分が商品。4つ目に営業力や交渉力、プレゼン力、コピーなど「ことばのちから」。5つ目に絶えず自分の表現力のアップデート。
この職業・職種のここが良い クライアント側の満足や成果が目に見えやすいです。悩みぬいたアイデアを作品に落とし込めた時の快感は凄い。それと、日常の様々なものを見る眼が大きく変わります。何見ても飽きないというか。一生の宝物です。
この職業・職種のここが悪い 先行投資と収入が乖離してます。業界の需要飽和。自分のデザインをアップデートするためには様々な環境投資が必要。展覧会や映画館などの刺激。ソフトの定期的なアップデート費用。参考書や雑誌代。交友費など。仕事のあるないの波が激しい。ストレスとは1年中のお付き合いです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中9人
投稿者名 unknown        投稿日時:2011/09/18 12:18:21
年齢・性別 32歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 フリーランスといえど、仕事を選んだほうが良い。
金払いの悪いクライアントは、どんどん、こちらから切るべき。
この職業・職種のここが良い 現在、フリーランス。
独立したら、制作会社勤務時と比較し、労働時間は変わらないが、年収が倍になった。
紙媒体の制作とあわせて、webも手がければ、安定性はある。
この職業・職種のここが悪い とくにない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中6人
投稿者名 スッポンの鉄        投稿日時:2011/09/12 06:22:18
年齢・性別 58歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 ステーショナリーの企画開発。音楽関係の販促物やCDのデザイン。本の装丁、会社案内のデザインなど。
この職業・職種のここが良い とりあえず専門職なので役所の戸籍係よりはいい。
自分のデザインしたものを街で見かけるとうれしい。
背広を着なくていいので夏は楽。
デスクワークなので汗をかかない。
独立開業が容易にでき、高収入の可能性もある。
DTPの世の中なので手を汚すこともなくなり、版下も無用になり、だれでも容易になれる仕事になった。
この職業・職種のここが悪い 長時間労働。深夜労働がいやだ。
大手広告代理店とかメーカー以外は零細企業で働く者がほとんど。労働環境や賃金はきわめて悪い。単位時間で計算したら高校生のバイトより劣るかも。クライアントに泣かされバカな営業にも泣かされる。独立するしか道はないが、スターデザイナーにならないかぎり長期的にうまい飯は食えない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中7人
投稿者名 ほいほ〜い        投稿日時:2011/09/09 18:16:13
年齢・性別 38歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 HP制作 販促企画制作 サイン CI VI 企画書制作 コンセプトワーク など。
この職業・職種のここが良い 良い時はお客に喜ばれる。皆が元気になる。
この職業・職種のここが悪い 田舎だと、お客の意識が低く重要に思われない。印刷屋がデザイナーだと思っている人もけっこういる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人
投稿者名 Tac        投稿日時:2011/08/25 16:12:38
年齢・性別 34歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 平面、立体、紙、web問わず。…そうしないと未来はまずない。
この職業・職種のここが良い 自分の趣味才能を生かすことができる
フリーランスなので基本的に自由
達成感はある
この職業・職種のここが悪い 社員時代はとにかく過酷な労働条件
パソコンに向かうだけの状況の時は特に喜び半減。過酷さ倍増。ただ安定はする。独立して一人だと営業力や企画力は必須。そうすると朝昼打ち合わせやプラン作成、夜に制作となり、時間に追われる。
紙媒体は地方だとデザイン=印刷会社となり、デザイン自体の評価がされにくい。結構何でもやれるため、雑務のような仕事も増える。
とにかく不安定。納期がクラの意向で数日伸び、月をまたいで回収は一ヶ月は伸びる。
地方での独立は要注意。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中6人
投稿者名 be        投稿日時:2011/07/29 02:36:05
年齢・性別 28歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 2 [2点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 マスメディアの広告
この職業・職種のここが良い 作る事が好きだから制作意欲を満たせる。
自分のスキル・センス次第でどうにでもなる。
この職業・職種のここが悪い いつまでたっても給料が低い人が多いみたいだけど、よくも悪くも実力主義だからそこは仕方がない。才能がなかったんだと思う。
正直専門卒に将来はない。美大出てて本当によかったと思う。

単純にみんな努力が足りない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:38人中5人
投稿者名 長橋ユキ        投稿日時:2011/07/13 17:07:57
年齢・性別 42歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 チラシ、カタログ、情報誌の広告など。
この職業・職種のここが良い 大人になっても遊び心を忘れない。
常識がない人が多いので、普通にやっていると、それだけで、信用されたりする。
この職業・職種のここが悪い 精神的にも肉体的にも、きつい。
徹夜は常識。
給料が安い。


将来性が見えない。
若いうちはまだやっていられそうだけど、そのうち感性が年を取ったら、大抵の人は、仕事がなくなる。

鬱になりやすい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中9人
投稿者名 HEY        投稿日時:2011/07/12 17:25:14
年齢・性別 42歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ポスター、パンフレット、リールレット、チラシを制作。
この職業・職種のここが良い 平面ではあるがモノ作りを実感できる。
服装が自由。
実力次第でやりたい事が出来る。
この職業・職種のここが悪い 給料が安い。
勤務時間が長い。
納期が短く、激務。
休日が無くなる。
人間関係が難しい。
生活が不安定。
現役でいることが難しい。
徹夜が普通。
将来性が低い。
よほどの実力(営業力含む)が無いのであれば、
35歳までに人生設計のやり直しを。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中8人
投稿者名 プー        投稿日時:2011/07/07 15:15:30
年齢・性別 37歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 印刷物全般、WEB、立体造形などの企画立案、ディレクション、デザイン
この職業・職種のここが良い ・能力で仕事の幅がひろがる。時間のコントロールができる。
・営業センスを身につければ、直接クライアントからの受注も可能。
この職業・職種のここが悪い ・ソフトウエアの普及や、デザイン会社への入社の間口が広くなったため、自称デザイナーが多くなり価格破壊が進んでいる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 ヤス        投稿日時:2011/07/06 13:26:19
年齢・性別 30歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 印刷物なんでも
この職業・職種のここが良い 服装が自由。
ヒゲがのばせる。
大きな仕事をフィニッシュしたときの達成感がすごい。
作業スピードなど自分が成長していくのがおもしろい。
この職業・職種のここが悪い 代理店の仕事をしてると、無能な営業から何でもかんでもおしつけられてイライラする。
ミスを全ておしつけられる。
パソコンでやる仕事だから簡単にできると思われてる。
2〜3徹あたりまえ。
就業時間の長さと低収入なことで恋人と喧嘩が絶えなくなり破局する。(同業者意外だとまず理解されない)
結婚できない。(できても離婚する人多数)
将来が全くみえない。
仕事の奴隷になるしかない。
不規則な生活からうつ病になる。(実際なった)
ずっとこの仕事を続けてると他の職業への転職が難しい。
社会的に地位が低すぎる。
PC環境の変化が激しくてまともにソフト買ったりフォント買ったりしてたら収入がなくなる。
仕事しながら死にたいとなんども考える。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中13人
<<前へ   7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17     次へ>>

グラフィックデザイナーの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※グラフィックデザイナーとして現在仕事をしている方、もしくは過去にグラフィックデザイナーをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
グラフィックデザイナーのここが良い
グラフィックデザイナーのここが悪い
仕事内容の詳細
グラフィックデザイナーに対するあなたの状況

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナー(英: graphic designer)とは、写真・動画・絵画・イラスト・文字などを同一画面に構成する人。グラフィックデザイナーの中心的な任務は、情報を視覚的に第三者へ伝えることにある。 アートディレクター、エディトリアルデザイナー、写真家などを兼ねることも多く、組版、イラストレーション、ユーザインターフェース、ウェブデザインなども担当する場合があるが、専門職に委ねられる場合もある。パンフレットや広告のような出版・印刷される媒体、もしくはwebサイトのような電子的な媒体のためのグラフィックを主に作成する。 ただし,厳密には“graphic-”という形容詞自体が「印刷の- 図案の-」という英語的意味を持つため,WebデザイナーやUIデザイナーは「Webクリエイター」「CGグラフィッカー」と区別されるべきものである。 日本では「デザイン」あるいは「デザイナー」という名称は商業目的を指す事が多いため、画家はグラフィックデザイナーと区別されることを望む。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、グラフィックデザイナーの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。グラフィックデザイナーの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。