【職種】グラフィックデザイナーが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

グラフィックデザイナーの基本情報

仕事内容 雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する
平均年齢※ 33.2歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
グラフィックデザイナーに関連する資格 DTPエキスパート認証試験DTP検定Illustrator(R)クリエイター能力認定試験Photoshop(R)クリエイター能力認定試験POP広告クリエイター技能審査試験アドビ認定エキスパート【ACE】情報検定(情報デザイン試験)【J検】
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (179件) 2.4000 [2.4点]
給料 2.1000 [2.1点]
やりがい 3.7000 [3.7点]
労働時間の短さ 1.9000 [1.9点]
将来性 2.2000 [2.2点]
安定性 1.9000 [1.9点]

その他の本・雑誌・新聞づくりの仕事

グラフィックデザイナーの仕事の本音一覧

全部で179件の投稿があります。(131~140件を表示)
<<前へ   9  10  11  12  13  14  15  16  17  18     次へ>>
投稿者名 pony        投稿日時:2011/01/06 00:12:25
年齢・性別 22歳(女性)
年収 300万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 2 [2点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 デザイン会社でデザイナーとして勤務。
フード系、医療系、企業の社内報等のガイドやツール制作。
この職業・職種のここが良い ●クライアントさんが言葉で伝えた希望を上手く形にでき、喜んでいただけた時が嬉しい。
●誰にでもできるわけではない(どの仕事でも?)という意識が高くもてるので責任感が感じながら取り組める。
●形に残ることもあってか成長が目に見えるのでやりがいがある。
この職業・職種のここが悪い ●体調など自己管理できる限度を越える勤務体制の時がある。
●クライアントさんの都合にやむを得ず合わせなくてはならない時がある(→夜間拘束)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中5人
投稿者名 krsone        投稿日時:2010/12/23 23:29:36
年齢・性別 39歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 新聞折り込みチラシ制作
この職業・職種のここが良い 楽しい
この職業・職種のここが悪い つらい
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中2人
投稿者名 suzy        投稿日時:2010/12/20 16:18:04
年齢・性別 39歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・紙媒体広告全般
・本の装丁
この職業・職種のここが良い ・フリーランスの場合、仕事がヒマな時は原則自由
・仕上がりが世に出回ると悦に入る
・こちらの意図したデザインに理解のあるクライアントの場合は仕事が楽しい
この職業・職種のここが悪い ・こちらの意図に理解の無い(伝わらない)クライアントからの仕事だとアタマにくる事が多い。
・仕上がりさえ貰えないことがある
・紙媒体の仕事量が格段に目減りしている(未来が無いと感じる)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中2人
投稿者名 me        投稿日時:2010/12/11 15:02:01
年齢・性別 34歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 流通関係販促ツールの制作、メーカー会員誌、ウェブサイトデザイン。
この職業・職種のここが良い ・好きな事が仕事になる
・仕事とともに感性がみがかれる
・実績が見える状態で残る
・自分の作った物が世に出るので嬉しい
・リサーチと称して中抜けしたり、自由に時間を使える
この職業・職種のここが悪い ・正誤のボーダーが見えにくいデザイン作業のなかで見切りをつけないと永遠と作業する事になる→結果残業
・残業代つかない
・定時の帰宅しづらい社内環境
・クライアントや代理店の素人担当者に好みでデザイン指示をされるときに頭にくる
・定時過ぎても修正がきたり、急な案件がやってくると深夜に拘束される
・会社の上層部の人たちが若い時のスポ根的な考え(残業あたりまえだった昔の苦労時代)を自分たちに押し付けようとする時に時代の差を感じる

本当の理想は健康的に働き、プライベートも楽しく過ごすことはより良いものを生み出す事につながると思う。
体の事を考え、残業に関してはできる限り仕事の中でメリハリを付けるようにしている。無駄を省き、早く帰れる様、就業時間内をいかに有効に使うかが毎日の課題だ。とは言っても仕方のない日ももちろんあるのだが。。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中2人
投稿者名 Koro        投稿日時:2010/12/06 01:06:16
年齢・性別 29歳(女性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・ロゴデザイン
・パッケージ、広告、その他のショップや企業のグラフィックツール全般
この職業・職種のここが良い ・「好き」を仕事にできる。
・服装髪型、定時など、結構自由。
・自分たちの作ったものが実際に売られ、人に喜んでもらえる。
・才能とセンス次第で世界が広がる。
・勝手にカッコいい職業と勘違いされている。
この職業・職種のここが悪い ・大手広告代理店で無い限り、独立しないと安月給。
(私の場合27歳で独立企業、前職は月給25万。。)
・とにかく時間が読めない。
・拘束時間が長く、急ぎの案件は徹夜あたり前。
・残業代、ボーナス、有給、育休、退職金、ほぼ無い。
・生活が不規則で皆からだを壊すので、
歳をとってからは絶対無理。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中2人
投稿者名 skyler        投稿日時:2010/09/14 03:54:22
年齢・性別 43歳(女性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 アメリカの中規模企業内の小規模な宣伝部でアートディレクターしてます。デザイナーを育てながら内部クライエントの要望分析、最終プロダクトまでみています。大規模なデサインスタジオよりプロダクションの流れがみえてやりがいがあります。
この職業・職種のここが良い 最終的に使用されるかは別にして自分の個性/才能が発揮出来る。難問を解く面白さ。狭い様に見えてトレーニング次第で多数の道がある。才能/ビジネスセンス次第で、プロダクション、デザイナー、ディレクターへ。実力と努力がかわれる職種だと思います。学生の方、インターンで現実を学んで下さい。
この職業・職種のここが悪い 悪いと言う訳ではないが、働く限り常に新しいソフト、多少のIT知識は自分から学ばなければ成らないので、やる気の無い人は落ちて行く。競争率が高く、景気に左右される職種。上に上がるにつれて、ビジネスが中心と成る。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中7人
投稿者名 riri        投稿日時:2010/08/19 01:36:33
年齢・性別 34歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 紙・WEBサイトのディレクション&デザイン
ファッション関係のブランディング。
家電メーカーのブランディング。
この職業・職種のここが良い 30歳まではクライアントに自分なりの提案で
デザインを追求して認められて嬉しい。
この職業・職種のここが悪い 30歳を越えると デザインが認められて嬉しいだけでは
食えない事に気づき、売り上げという重圧に耐えられなくなり
独立か大手のディレクターへ転職を考えるも・・・。

景気が悪すぎて 何処もクリエイティブ切りで
35歳を目前に改めて将来性の無い仕事と実感。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中12人
投稿者名 松永 安部志        投稿日時:2010/08/10 12:51:49
年齢・性別 30歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 デザインを作り続ける
この職業・職種のここが良い やればやっただけ能力が伸びる
誰にでもできる仕事ではないので才能を発揮している実感がある
アイデアが出たときにうれしい、出力したときに充実感、クライアントに喜ばれてうれしい。後日クライアントから評判がいい事を聞いてうれしい。賞が取れてうれしい。最大でこの5つのうれしいポイントがある。1つの仕事で全部経験できると幸せを感じる。
この職業・職種のここが悪い 人生が嫌になる
何もかもが嫌になる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中6人
投稿者名 マイクタイソン        投稿日時:2010/05/19 16:30:43
年齢・性別 35歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 3 [3点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 他の人が書いていることと同じ。
この職業・職種のここが良い 皆が皆言うように
想像する事の楽しさ。
案件はいろいろあるが、自分のモチベーション、姿勢さえ保てれば、デザインすることは夢にあふれ、やりがいがある。
この職業・職種のここが悪い 自分は大手で働いたことがないので、いちデザイン事務所の性質しかわからないが、人を育てることに長けている上司は少ないと思う。人気の職業ということもあり切り捨て感覚もあるトップもいる。自分は部下に未来を持たせることを常に意識しています。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中3人
投稿者名 yuna        投稿日時:2010/05/12 23:36:23
年齢・性別 29歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 3 [3点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 デザイン会社でデザイナーとして勤務
この職業・職種のここが良い ある程度経験をつめば、スケジュールも自分で管理出来る。
他人からは派手で華やか?に見えるらしい。
常に、新しい発見がある。
もの作りに関する人達との繋がりができる。
この職業・職種のここが悪い 不景気がもろに影響。
拘束時間、作業時間がどうしても長いので体調、メンタル面を壊しやすい。
基本、大手でも無い限り薄給。
仕事とプライベートの差がはっきりしない。
全部とは言わないが、デザイナーは変わり者が多い(コミュニケートできない人達)

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中7人
<<前へ   9  10  11  12  13  14  15  16  17  18     次へ>>

グラフィックデザイナーの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※グラフィックデザイナーとして現在仕事をしている方、もしくは過去にグラフィックデザイナーをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
グラフィックデザイナーのここが良い
グラフィックデザイナーのここが悪い
仕事内容の詳細
グラフィックデザイナーに対するあなたの状況

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナー(英: graphic designer)とは、写真・動画・絵画・イラスト・文字などを同一画面に構成する人。グラフィックデザイナーの中心的な任務は、情報を視覚的に第三者へ伝えることにある。 アートディレクター、エディトリアルデザイナー、写真家などを兼ねることも多く、組版、イラストレーション、ユーザインターフェース、ウェブデザインなども担当する場合があるが、専門職に委ねられる場合もある。パンフレットや広告のような出版・印刷される媒体、もしくはwebサイトのような電子的な媒体のためのグラフィックを主に作成する。 ただし,厳密には“graphic-”という形容詞自体が「印刷の- 図案の-」という英語的意味を持つため,WebデザイナーやUIデザイナーは「Webクリエイター」「CGグラフィッカー」と区別されるべきものである。 日本では「デザイン」あるいは「デザイナー」という名称は商業目的を指す事が多いため、画家はグラフィックデザイナーと区別されることを望む。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、グラフィックデザイナーの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。グラフィックデザイナーの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。