【職種】ピアノ調律師が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

ピアノ調律師の基本情報

仕事内容 ピアノの基本的な音色を創る調律の専門技術者
平均年齢※ 34.8歳
平均年収※ 300万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (5件) 2.8000 [2.8点]
給料 2.2000 [2.2点]
やりがい 4.6000 [4.6点]
労働時間の短さ 2.8000 [2.8点]
将来性 2.6000 [2.6点]
安定性 1.8000 [1.8点]

その他の楽器に関わる仕事

ピアノ調律師の仕事の本音一覧

全部で5件の投稿があります。(1~5件を表示)
投稿者名 たっぽ        投稿日時:2016/11/11 05:13:15
年齢・性別 42歳(男性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ピアノの音程合わせだけでなく、鍵盤、アクション、ハンマーの円滑なる運動のチェック、音色を整えるためにハンマーを削ったり針をさしたり
間違っても音程合わせだけだが調律ではありません。
この職業・職種のここが良い やりがいがある いろいろな人の好みを考えながら仕事ができて楽しい。
この職業・職種のここが悪い 安定性にかける
最近騒音などの問題で電子ピアノが普及し、生ピアノの良さを感じる人が少なくなったこと。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 たっぽ        投稿日時:2016/11/10 23:26:15
年齢・性別 42歳(男性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ピアノの音程合わせだけでなく、鍵盤、アクション、ハンマーの円滑なる運動のチェック、音色を整えるためにハンマーを削ったり針をさしたり
間違っても音程合わせだけだが調律ではありません。
この職業・職種のここが良い やりがいがある いろいろな人の好みを考えながら仕事ができて楽しい。
この職業・職種のここが悪い 安定性にかける
最近騒音などの問題で電子ピアノが普及し、生ピアノの良さを感じる人が少なくなったこと。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 赤とんぼ        投稿日時:2016/07/16 18:15:33
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 お客様宅に訪問しての調律活動及び楽器等販売
この職業・職種のここが良い 接客業なだけあって人と関わり新しい出会いを楽しめることが好きな人には向いている。
この職業・職種のここが悪い 残業代が出ないのはザラ。メーカーの調律師になったとしても国内では衰退傾向にある職業
調律台数確保のため電話掛けが夜8時頃まで行い、休みもお客様次第という不安定さが残る。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中2人
投稿者名 Y        投稿日時:2016/03/06 23:00:50
年齢・性別 46歳(女性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 個人宅での定期調律
この職業・職種のここが良い 基本的にピアノの音や構造が好きなので楽器を良くしてお客様に喜ばれることはうれしい。
この職業・職種のここが悪い 半面、お客様の評価=会社の評価にならず、嘱託で仕事をしている場合、販売実績が上がらなかったり、お客様い無理を言って予定を入れなかったりして予定件数をこなせない(自然減も含む)と翌年のレパレートが下がるため、同じ仕事をしても収入が減ってモチベーションが保てない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 カワサキ        投稿日時:2015/10/24 11:02:09
年齢・性別 20歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 大きく分けて外回りと工房に分かれる。

外回りはお客様の家に伺い調律をする。車の免許はほぼ必須。

工房はピアノの修理やオーバーホール等、お客様と直接関わることはなく社内で技術を振るう。

メーカーに就職すれば製造も。

楽器店勤務の場合楽器店主催のイベントの手伝い等も業務に含まれる。

会社としては良くないことが多い。残業代が出ないのはザラ。休みは年間70~90日程度であることが多い。
この職業・職種のここが良い ピアノの音や状態を綺麗にできるのは楽しい。

またお客様と直接関われるので、お礼を頂けたり雑談ができたりと人が好きな人にもいい。お茶やお菓子を頂けることも。

実力や人脈次第ではコンサートチューナーになることもできる。

技術があれば働き口はある。
この職業・職種のここが悪い 給料は少ない。

中にはとんでもなく古いピアノや調整が難しいピアノもあり、お客様の期待に添えなければクレームに発展することも。

また販売等の営業もかけなければならないことが多く、調律だけやっていればいいわけではない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人

ピアノ調律師の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※ピアノ調律師として現在仕事をしている方、もしくは過去にピアノ調律師をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
ピアノ調律師のここが良い
ピアノ調律師のここが悪い
仕事内容の詳細
ピアノ調律師に対するあなたの状況

ピアノ調律師とは

ピアノ調律師(ピアノちょうりつし、英語:pianotuner)は、ピアノの調律や保守管理を専門に行う職業である。工房で修理を手がけたり、メーカーで設計・製作に携わる者もいることからピアノ技術者(piano technician)やピアノ製造技師(piano builder)とも呼ばれる。 また、古いピアノをオーバーホールによって復元させることなどから、ピアノ修復家(piano rebuilder)と呼ばれることもある。 日常的なピアノ調律以外に、メカニックの調整(ピアノ整調)や、ピアノ整音(【英】voicing 【独】Intonation)、修理、オーバーホール、修復などを行い、ピアノに関する様々な専門知識や技術を必要とする。 一般家庭や音楽教室、音楽ホールなどピアノが設置されている部屋での出張作業が多いが、同時に工房や工場などで修理や修復作業を行う者も多い。 また、防音室や消音装置、温度や湿度の管理について、ピアノの使用者の相談を受けたりアドバイスをすることもある。 前述のように調律師の他、技術者や製造技師・製作家など呼び名は多々あるが、「ピアノ調律師」と呼ばれるのはピアノが設置されている出張先で 調律を主とする技術的なメンテナンス業務を本業とする者に使用されることが一般的である。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、ピアノ調律師の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。ピアノ調律師の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。