【職種】ピアノ調律師が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

ピアノ調律師の基本情報

仕事内容 ピアノの基本的な音色を創る調律の専門技術者
平均年齢※ 37.8歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (23件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.3000 [2.3点]
やりがい 4.0000 [4点]
労働時間の短さ 2.6000 [2.6点]
将来性 2.6000 [2.6点]
安定性 2.0000 [2点]

その他の楽器に関わる仕事

ピアノ調律師の仕事の本音一覧

全部で23件の投稿があります。(1~10件を表示)
<<前へ   1  2  3     次へ>>
投稿者名 ピアノチューナー        投稿日時:2021/02/01 21:10:08
年齢・性別 60歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 ピアノ調律 整調 整音 修理 コンサートの企画お手伝い ピアノの移動梱包 傷の修理 足踏みオルガン 電車オルガンの修理等 学校の楽器の修理 何でも屋
この職業・職種のここが良い ヤマハの新品のピアノが調律できたこと、仕事が終わると手作りのケーキとかクッキーが出てきた美人の奥さんと楽しく会話ができたこと。
音を作ることは楽しかった。
一生懸命働いているとお客様から
お見合いの話があり28年前にゴールイン

この職業・職種のここが悪い 嘱託契約した店と相性が悪いと最悪 反対もあり


この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中2人
投稿者名 ピアノチューナー        投稿日時:2021/02/01 21:10:04
年齢・性別 60歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 ピアノ調律 整調 整音 修理 コンサートの企画お手伝い ピアノの移動梱包 傷の修理 足踏みオルガン 電車オルガンの修理等 学校の楽器の修理 何でも屋
この職業・職種のここが良い ヤマハの新品のピアノが調律できたこと、仕事が終わると手作りのケーキとかクッキーが出てきた美人の奥さんと楽しく会話ができたこと。
音を作ることは楽しかった。
一生懸命働いているとお客様から
お見合いの話があり28年前にゴールイン

この職業・職種のここが悪い 嘱託契約した店と相性が悪いと最悪 反対もあり


この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名 西方        投稿日時:2020/11/08 11:51:02
年齢・性別 33歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 メーカー特約店勤務
ピアノ調律、修理、塗装、ホールピアノ保守点検等
楽器販売、イベント企画・運営
レスナー、顧客、公共施設等への営業・対応等
この職業・職種のここが良い やりがいに関しては間違いなくあります。
スケジュールも自分で管理出来れば休日等の自由度は非常に高いです。
ある程度押しのあるコミュニケーション能力と技術力、根性があれば、独立して収入アップも目指せます。流通含む業界を知るためにも一度楽器店勤務はおすすめです。
この職業・職種のここが悪い 楽器店勤務では安定しているものの収入が安い。
独立は独立で考えてしないと年々厳しくなってきている。(大半は改めてどこかの工房か楽器店に勤め直すか転職している)
成功出来れば本当に素晴らしいですが、それはほんの一握り。
静岡県周りと都市部に対して地方・田舎は様々な面で厳しい。
仕事が思ったより重労働だったり汚かったりのギャップでやめる人も結構いる。
支出も何気に多いです。

やりがいのある仕事ではあるものの、ピアノ業界が年々厳しくなってきているので余程の事がない限りおすすめしにくいです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人
投稿者名 kenji        投稿日時:2020/07/22 13:42:22
年齢・性別 51歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 フリーランスの調律師。
主に一般家庭のピアノ調律。
この職業・職種のここが良い しっかり技術を磨き、信頼を得られれば
十分に仕事を得るだけの需要はあると感じています。
技術者が飽和状態と言われ久しいですが、技能士試験の結果を見る限りは
しっかりとした技術力を備えている者は一部と言えます。
どの級も合格率は2~3割程度。
ちなみに一級であっても、通れば免許皆伝といった難問ではありません。
一人前を名乗るなら最低限といったものです。
また、ピアノも技術者も一気に増えたピアノバブル期のベテラン技術者達が
今後十年で大分引退されていくと思われます。
そうなると益々技術力のある者が不足していきますので
若い技術者や、これから足を踏み入れる方もしっかりと技術を磨き、備えていけば
十分可能性、チャンスのある世界だと思います。
この職業・職種のここが悪い 仕事は地道に増やすしかなく
若いうちは苦労が多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中11人
投稿者名 だいじろう        投稿日時:2020/05/14 05:22:52
年齢・性別 42歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 楽器店嘱託勤務。
独立は常に意識しつつも中々踏み出せず。

30,40代で自らの工房を持ち、個人で仕事をこなしきれず人を雇うほどの人も少なからずいますが・・・。
ピアノへの愛情、技術力は当然のこと
コミュニケーション力、営業力、向上心、行動力。
個人でやっていくには様々な能力が求められると思います。
この職業・職種のここが良い 深淵と言えるほどに奥が深い。
一つの正解が無く、個性を活かせる。
コロナの影響で気づいた事は、固定費がかからず
身軽であり世状の影響を比較的受けづらい。
生ピアノの需要がある限り、とりあえず技術とカバン、車さえあれば本人次第で仕事を継続する事ができる。
この職業・職種のここが悪い さんざん既出のとおり、ピアノに対する技術者の数は飽和状態。
私が勤め始めた20数年前の時点で既に今となんら変わらない状況。
逆に言えば当時から更に衰退しているわけでもなく
需要は低い推移ながらも安定している。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中8人
投稿者名 ひいと        投稿日時:2020/03/18 23:48:39
年齢・性別 37歳(男性)
年収 900万円以上1000万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 4 [4点]
安定性 3 [3点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ヤマハ特約店で契約社員として3年。嘱託として2年勤務。
その間まわってくる調律は月1,2件程度。全く無い月も。
5年の勤務で定期調律は年50件ほど。
これではとてもやっていけないと50件の調律客は会社にお返しし、独立。以後フリーとして活動し12年。
ほぼ無収入からのスタートであった為、3年ほど飲食店のアルバイトとかけ持ち。
ようやく軌道に乗ってきた感があるのはここ3,4年。
現在は月平均60件ほどの定期客に、新規客が月平均10件ほど。新規の内訳はネット申し込み、レスナー紹介、運送屋からの紹介が主。依然右肩上がり。
オーバーホールや中古ピアノの販売も年に数件。
フリー前提で軌道に乗ってしまえばやり甲斐とそれなりの収入を兼ね備えた仕事ですが、今の業界環境でそこに至るまでが中々平坦ではなく
決して誰にでもお勧め出来る仕事ではありません。
個人的に、ピアノを弾ける事は必須のスキルだと思います。
中学でやめたピアノ練習を再開して7,8年になりますが
技術に対する意識に影響するのは勿論、お客様にとって非常にわかりやすい信頼ポイントになりますので。
この職業・職種のここが良い 本当にピアノが好きであれば、年中好きな物に触れていられるだけでも楽しく、やり甲斐もあると思います。
それで収入も兼ねる事が出来たなら、それは最高な事だと思います。

この職業・職種のここが悪い ある程度の収入を望むなら、フリー一択が現状かもしれません。
確かな技術と誠実な姿勢を備えながら、収入面では恵まれない同業者を何人も知っています。
かつては会社からの仕事だけでまわった嘱託は良い仕事環境だったようですが、これからスタートする嘱託にとっては
仕事はまわしてもらえない、自由な営業活動も出来ないという環境が多いかと思います。
楽器店で数年経験を積みながら、新規客を確保出来るルートを複数確保し独立が一つの王道と言えます。
とはいえ最初から安定する訳では無いので、そこに身を投じれるかどうかも一つの資質ですが。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中11人
投稿者名 みょん        投稿日時:2020/01/05 23:42:58
年齢・性別 36歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 公共施設のピアノ調律、顧客宅調律、備品調律、中古整備、会社イベントスタッフ、販売、電話取り、雑用
この職業・職種のここが良い 手に職があるところ
この職業・職種のここが悪い お客様と会社の都合に合わせて仕事をする為、定期的な休みは規則正しくとれません。またお給料については最低賃金以下だと思いました。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:24人中16人
投稿者名 面樽        投稿日時:2019/12/22 00:54:33
年齢・性別 31歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 調律周り 修理 塗装
この職業・職種のここが良い とてもじゃあるがおすすめできるところが見当たりません
この職業・職種のここが悪い まず若手は9割、仕事の好き嫌い以前に収入的にやっていけず転職していく。
2年後には30人前後の専門学校同期がほぼ全員引退しているというのがあるあるネタあつかい。
私は化粧品もまともに買えずかなり質素だが、貯金は住民税のかからない1年目だけできたのを最後、以来年5万増えるかどうか。
周りの話を聞いてても研修時(6ヵ月間)は月給5万円とか正気の沙汰ではない待遇の話をざらに聞く世界。自分も10年同じ職場だが昇給はほぼなし。とはいえほかにいい待遇の会社を調べても皆無。
高報酬の案件は飽和した年配層の調律師が独占しているのに加えて、ピアノ業界全体の冷え込みもあり若手は独立なんてできず(会社の客をとれない誓約書を書かされるため独立しても固定客0)どっかの会社でエンドレスやりがい搾取で病んでやめていくまで使い捨て状態。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:29人中25人
投稿者名 koala        投稿日時:2019/10/16 07:46:15
年齢・性別 35歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 定期顧客、学校、ホール、公共の施設、店舗、音楽教室などのピアノ調律、オーバーホール、修理。
顧客アポとり電話、ハガキ発送。
ピアノ販売。楽器メーカーの販売店の嘱託技術者。
この職業・職種のここが良い 自分で休みが決められる。
自分の音を追求できる。
やればやるほど、報酬になる。
この職業・職種のここが悪い 安定していない。
社会保障がない。
仕事の社会信用がない。
顧客の生ピアノ離れがすすんでいる。
日本ピアノ調律師協会の会費が、
年収や会の内容にに対して高く、
年配の技術者は若手の事を全く考えていない。
業界自体がかなりの古い体質。
パワハラレベルの、上下関係。

若い人にすすめたい、自慢できる仕事でないこと。
将来性がない。

会社の営業マンは調律師の仕事量や、生活は気にしていませんのてま、頼りになりません。
昔は会社が一定量、仕事を確保してくれていたようです。

仕事は好きだけど常に生活のために、転職を考えてしまう

男が、寿退社(転職)する、業界。


営業力、コミュニケーション能力が必要。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:18人中14人
投稿者名 おさるさん        投稿日時:2019/06/21 13:57:38
年齢・性別 52歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
ピアノ調律師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 調律、整調、整音。特に学校などのピアノで30年以上経過するものは適切にオーバーホールを提案すれば仕事はいくらでもあるでしょう。そういう営業をコツコツやるかどうかが将来を左右します。
新規の販売やピアノ以外の楽器販売、防音室の
販売など、販路はいくらでもあるのにやらない調律師が意外と多いです。
この職業・職種のここが良い 自分の技術力とコミュニケーション能力次第で客が客を呼び、仕事量は自分でコントロール出来るところ。
楽器店に勤めていたら収入は限られます。実力をつけて独立開業したらよいのです。どの職業でもそうですが、実力次第で収入や将来性なんてどうにでもなります。
低収入に甘んじている調律師は営業努力を怠っているか技術力がないかのどちらかだと思います。
この職業・職種のここが悪い 一般家庭を訪問することが多いので移動に時間を取られてしまい、意外と働いていないところ。クルマのハンドルを握っている時間のほうがピアノに触れている時間より長い日があります。
ピアノのことしか知らない調律師はプロではありません。そういう調律師は淘汰されていくと思います。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:40人中21人
1  2  3     次へ>>

ピアノ調律師の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※ピアノ調律師として現在仕事をしている方、もしくは過去にピアノ調律師をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
ピアノ調律師のここが良い
ピアノ調律師のここが悪い
仕事内容の詳細
ピアノ調律師に対するあなたの状況


honne.bizでは、ピアノ調律師の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。ピアノ調律師の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。