【職種】インテリアコーディネーターが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

インテリアコーディネーターの基本情報

仕事内容 住む人の立場に立って、快適な住空間を提案・提供する
平均年齢※ 37.7歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
インテリアコーディネーターに関連する資格 【資格】インテリアコーディネーター 商業施設士キッチンスペシャリスト照明コンサルタントマンションリフォームマネジャー福祉住環境コーディネーター検定試験(R)
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (20件) 3.1000 [3.1点]
給料 2.9000 [2.9点]
やりがい 4.5000 [4.5点]
労働時間の短さ 1.7000 [1.7点]
将来性 3.6000 [3.6点]
安定性 2.9000 [2.9点]

その他のインテリアの仕事

インテリアコーディネーターの仕事の本音一覧

全部で20件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2     次へ>>
投稿者名 妊婦        投稿日時:2017/08/23 12:00:47
年齢・性別 25歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
インテリアコーディネーターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 HMでのインテリアコーディネート業務
会社によるが、外装、内装、住宅設備、家具、カーテン、照明、外構まで
この職業・職種のここが良い たくさんのお客様との出会い。
喜んでもらえているのが直にわかること。
この職業・職種のここが悪い 休みは平日しかない。
その休みも確認の電話などがしょっちゅうかかってくる。
複数の物件が被るので資料の準備や処理も
全てかぶり激務になる。
残業代が出ないことが多い。
出たとしてもみなし残業など
少しのミスで数万円から数百万の損益がでる。
責任の割に給料が安い。
女性が多い職場で人間関係がめんどくさい。
子供がいながらの仕事は基本ムリ。
出来ている人は周りのサポートが充実しているか家庭が崩壊しているか。
子供がいないキャリア女性はプライドが高くお局様が多い
結婚して退職が基本
出産して元の会社で同じように働くのは難しい
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 ちえみ        投稿日時:2017/08/13 01:11:52
年齢・性別 46歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
インテリアコーディネーターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ハウジングメーカーで顧客と外装、内装、設備の打ち合わせ
カーテン、照明、家具打ち合わせ及び販売
マンションモデルルームプラン、セッティング
この職業・職種のここが良い モデルルームの仕事は、作り上げていく楽しさとやりがいがある。
この職業・職種のここが悪い ハウジングの仕事は、一生に一度の一番大きな買い物だからと、お客様の期待や要望が強いが、その責任や労力に比べて、報酬が少なすぎる。
そのため、費用対効果で仕事をこなすようになり、お客様の為に最善を尽くす気持ちになれない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名 さっち        投稿日時:2017/06/14 07:20:13
年齢・性別 41歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 2 [2点]
インテリアコーディネーターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 新築戸建住宅の、設計、仕様決め、色決め、現場確認
この職業・職種のここが良い 自分の作った家が街並みに一つずつ増えていく。施主様から感謝の言葉を直接いただける。
この職業・職種のここが悪い 責任の重さと給料が見合わない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人
投稿者名 Chaty        投稿日時:2017/06/07 13:49:00
年齢・性別 49歳(女性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
インテリアコーディネーターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 お客様の要望(テイスト、機能、コスト)をお聞きしつつ、家具、カーテン、小物等のインテリアに関するあらゆるエレメントを選び、提案する。設置後の使い方のご説明や調整までが仕事。時にはお客様が好むものにダメだししなくてはいけない事もある(全体のテイストと余りに違う小物をお持ちの方がいらした折、この部屋では使わない方が、とお止めしたり)。お客様のお宅にお伺いするお仕事なので、時間が不規則になる事もあります。色々なエレメントがありますが、餅は餅屋でカーテンの採寸はお店に任せています。(プロでも採寸ミスがある程で、金額も高額になるので自腹になると大変な為)その他建築化照明や造作家具等は業者さんとの打ち合わせも大切な仕事です。照明や建築も学校に通って学んでいますが(照明は資格を取る予定はありませんが、建築は2級を取得するつもりです)、トータルな提案が出来るとお客様の満足度も高くなるので、勉強を続ける事が大事かと。
この職業・職種のここが良い 45歳の時に資格を取り、他の仕事をしつつ個人事業主として活動していますが、子供のころから好きだったインテリアの仕事に関われるのが何より嬉しいです。仕事に関係なく、好きで趣味のようにショールームやショップに行くのですが、その時これをご提案してみよう、と考えるのも楽しみの一つです。また、お客様の満足したお顔を拝見出来る時が何よりです。
この職業・職種のここが悪い 日本ではアイデアや形のない仕事に対して対価を払うという文化が殆どないので、独立してインテリアコーディネーターとして働くのは特に特にバックグラウンド(コネクション)がない場合は食べていくのが大変だと思います。
私は友人が初のお客様で、今はまだ細々と仕事をしている状態です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中3人
投稿者名 ぱぐお        投稿日時:2017/01/17 12:09:27
年齢・性別 41歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
インテリアコーディネーターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 新築戸建て住宅のインテリコーディネート
この職業・職種のここが良い 勤務年数が長くなるにつれて、経験が身に付き
段々仕事が楽になってくる点が良いです。
若い女性社員より重宝され、長く会社に居やすいと思われます。
この職業・職種のここが悪い 会社によっては、売上やインテリアの仕上がりで
同僚と比較される所。
お客様はもとより、社内スタッフとの連携が強く求められる点が、時々しんどく思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中17人
投稿者名 STAR☆tree        投稿日時:2016/07/03 06:49:29
年齢・性別 35歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 3 [3点]
インテリアコーディネーターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 間取りプランのご相談からご提案
収納アドバイス
住設決め
外観、内装仕様決め
見積管理
ライティングプンナー〔スイッチ、コンセント計画〕
イベント企画運営
この職業・職種のここが良い とにかく、お客様に寄り添い
暮らしのお手伝いができることの、
喜びとやりがたいが大!
この職業・職種のここが悪い 労働時間の長さ、責任の重さのお給料が合わない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:22人中19人
投稿者名 まお        投稿日時:2016/06/10 11:23:21
年齢・性別 45歳(女性)
年収 300万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 3 [3点]
インテリアコーディネーターに対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 インテリア相談、提案、プランボード作り、見積り、契約、工事手配、工事完了確認、請求、入金確認まで。
この職業・職種のここが良い きれいななショールームで働ける。インテリア商品は見ていて美しいものが多く、新商品が出た時などは特にワクワクする。打合せ中、お客様の好みがはっきりわかり、提案したものがうまくコーディネートされ、まとまっていくのは楽しい。またその仕上がりを現場で見た時の満足感はひとしお。
この職業・職種のここが悪い 基本土日は仕事。家族と過ごす時間が減る。現場は平日動いてるので、工事のおさまりについて、休みの日でも確認連絡がくる。お客様都合なので年中気が休まらない。単価の高いクレームが出た時は何かと大変。自分で責任をとって支払うこともあり得る。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中16人
投稿者名 くりんとん        投稿日時:2016/03/07 08:28:23
年齢・性別 40歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
インテリアコーディネーターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 マンションリフォーム営業。

集客、プランニング、見積り作成、プラン作成、契約、工事手配と監理、アフターフォロー。

これらを一貫して行う。

しかも、物件は常に重なる。

ノルマはあるが、あまりうるさくは言われない。
この職業・職種のここが良い 女性には向いていると思います。

年を取ればとるほど、また、けっこんや出産をすればするほど、お客様の生活に寄り添った提案力が出来るようになる。
この職業・職種のここが悪い 日中は、施主との打ち合わせや現場監理で忙しく、内勤は基本的に夜会社に帰ってから。

必然的に夜は遅くなり、残業代は出ないと思った方が良い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:20人中16人
投稿者名 なつ        投稿日時:2016/01/25 00:52:28
年齢・性別 40歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
インテリアコーディネーターに対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 大手住宅設備メーカーのインテリアコーディネーター
この職業・職種のここが良い 毎回いろんなお施主様との出会いがあり、それぞれプランが違うので、その度勉強になり飽きることがない。
接客、接客の繰り返しで時間がたつのが非常に早い。
建築図面を見て、どんなプランにするか考える楽しさ、出来上がりを見たときの達成感、お客様に喜んでいただけたときの嬉しさ。
この職業・職種のここが悪い 営業時間内は、とにかく接客打ち合わせに追われるので、見積もりや図面を書いたりなどの事務作業は閉館後になる。そのため残業が非常に多い。それでも追いつかず休日出勤もざら。見た目華やかに見えて、さほど忙しそうにもみえないらしいが、実際はかなりブラックな仕事でかなりの体力と根性が必要。子供や家庭は犠牲にして働くぐらいの覚悟がいる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:28人中25人
投稿者名 まさみ        投稿日時:2015/05/06 16:14:32
年齢・性別 48歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 2 [2点]
インテリアコーディネーターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 新築住宅における、外観デザインから内装、水回り設備、照明計画、造作家具、置き家具、カーテン計画。発注、納品立ち会い。施主様との打ち合わせ、プレゼンテーション資料見積り作成、現場で業者との打ち合わせ、金額交渉。など。多岐に渡る。
この職業・職種のここが良い インテリアが好きな人には、素晴らしくトキメキ、ワクワクのある仕事。
毎回、いろんな施主様との出会いがあり、人の幸せ作りのお手伝いできることが素晴らしい。
上昇思考があり、常に成長したい人向き。
この職業・職種のここが悪い お施主様に喜ばれることもある反面、クレームとも必ず遭遇する。
気に入らない、イメージと違った、から始まり、自分の単純ミスによる工事の手直しは、責任を取らされる、といったしんどさ。これに精神的に堪えられなくて辞めていった同僚を多数知っている。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:82人中72人
1  2     次へ>>

インテリアコーディネーターの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※インテリアコーディネーターとして現在仕事をしている方、もしくは過去にインテリアコーディネーターをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
インテリアコーディネーターのここが良い
インテリアコーディネーターのここが悪い
仕事内容の詳細
インテリアコーディネーターに対するあなたの状況

インテリアコーディネーターとは

『インテリアデザイナー』より : インテリアデザイナー(英語:interior designer)とは、インテリアと呼ばれる建物内部やファサードなどの外部の装飾や空間構成、家具や照明器具、照明計画など住空間の一部ないし全体の室内演出・デザインや建物全体の構成などを手掛ける職業、またはこれを職業にしている人たちを意味する。 建物全体の構成や配置、家具の色彩的統一、壁紙の柄、設置場所などについての、より快適に暮らすための相談・コンサルティングも行う。建築士との違いは建築基準法などの建築に関わる法令で定められた基準を守りながら建築の意匠設計を行うことができるのが建築士であるのに対し、各種法令に反しない範囲で建築の意匠設計の一部であるインテリアデザインのみを担当するのがインテリアデザイナーである。よって、建築士の職能の一部を補助する役割としてインテリアデザイナーが位置づけられる。 フリーランスで事務所を設けて活動する人も多く、自ら家具やインテリア雑貨を制作する人もいる。 美術やデザイン知識の他、原価計算、コスト計算などの作業も必要な他、契約案件の説明、特に大規模事業の際にはプレゼンテーション能力なども必要とされる職種。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、インテリアコーディネーターの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。インテリアコーディネーターの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。