【職種】環境計量士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

環境計量士の基本情報

仕事内容 濃度や騒音レベルを計量する
平均年齢※ 31歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
環境計量士に関連する資格 作業環境測定士<国>計量士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (1件) 2.4000 [2.4点]
給料 2.0000 [2点]
やりがい 3.0000 [3点]
労働時間の短さ 3.0000 [3点]
将来性 2.0000 [2点]
安定性 2.0000 [2点]

その他の環境に関する仕事

環境計量士の仕事の本音一覧

全部で1件の投稿があります。(1~1件を表示)
投稿者名 US        投稿日時:2011/01/27 18:48:18
年齢・性別 31歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
環境計量士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 環境分析及び、管理全般。
この職業・職種のここが良い 少なくとも環境問題に携わっていること。
この職業・職種のここが悪い 拘束時間が長すぎる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中7人

環境計量士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※環境計量士として現在仕事をしている方、もしくは過去に環境計量士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
環境計量士のここが良い
環境計量士のここが悪い
仕事内容の詳細
環境計量士に対するあなたの状況

環境計量士とは

環境計量士(かんきょうけいりょうし)とは、計量法に基づく、経済産業省所管の国家資格であり、環境に関する濃度、騒音並びに振動についての計量結果を証明するのに必要である。毎年1回、通常は年度末頃に筆記試験が行われる。計量士の項も参照のこと。 試験科目 濃度関係環境関係法規及び化学に関する基礎知識 化学分析概論及び濃度の計量 計量関係法規 計量管理概論  濃度関係の平成20年度合格率は13.2%であった。 騒音・振動関係環境関係法規及び物理に関する基礎知識 音響・振動概論並びに音圧レベル及び振動加速度レベルの計量 計量関係法規 計量管理概論  騒音・振動関係の平成20年度合格率は17.9%であった。 外部リンク 社団法人日本環境測定分析協会。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、環境計量士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。環境計量士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。