【職種】料理研究家が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

料理研究家の基本情報

仕事内容 料理の解説をしたり、新しいレシピを考案する
平均年齢※ 22歳
平均年収※ 1500万円以上2000万円未満
料理研究家に関連する資格 栄養士<国>ワインエキスパート家庭料理技能検定惣菜管理士調理師<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (3件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.7000 [2.7点]
やりがい 3.7000 [3.7点]
労働時間の短さ 1.7000 [1.7点]
将来性 3.7000 [3.7点]
安定性 1.7000 [1.7点]

その他の料理に関する仕事

料理研究家の仕事の本音一覧

全部で3件の投稿があります。(1~3件を表示)
投稿者名 楽しごと        投稿日時:2011/08/23 14:17:57
年齢・性別 25歳(男性)
年収 1500万円以上2000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
料理研究家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 メニュー開発
食材をレシピに加工して販売する。
料理写真制作
おいしそうな料理の写真を制作して販売する。
イベント出演
料理のデモンストレーション、出演すること自体を販売する。
その他企画など様々
この職業・職種のここが良い がんばれば誰でもなれるところ。
特異なセンスよりも、緻密で堅実な人、勉強熱心な人がビジネスとしてうまくいく。
この職業・職種のここが悪い ガラが悪い。
最初から先生、と呼ばれてしまうので自制心をもたないと勘違いしてしまいやすい。地位職でもないのに偉そうな人が多い、というのが外部から入ってきた僕のイメージです。
ビジネスとして素人の方が多いので、仕事の中抜きや、横取り、お客様にたてつくなど不義理行為をする人が多い気がします。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中14人
投稿者名 宝理 彩子        投稿日時:2011/03/13 13:25:22
年齢・性別 25歳(女性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 1 [1点]
料理研究家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 自分でお教室を開いたりイベントでの販売、各種メーカーのレシピ開発などをしております。
自分の営業しだいで本を作ったりコラムを書いたりなどもやります。
この職業・職種のここが良い 自分のすきなことを仕事にしているので例えお給料が低くてもやりがいがありたのしい仕事ばかりです。
基本フリーランスなので自己責任、自己営業で仕事をとったりギャラの交渉もします。
なによりも好きなことを追求できるのがとても気に入っています。
この職業・職種のここが悪い 安定したお金を望めないところでしょうか。
固定のお休みとかも無いので、忙しければ休み無しもあります。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中11人

料理研究家の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※料理研究家として現在仕事をしている方、もしくは過去に料理研究家をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
料理研究家のここが良い
料理研究家のここが悪い
仕事内容の詳細
料理研究家に対するあなたの状況

料理研究家とは

料理研究家(りょうりけんきゅうか)とは、一般に料理について研究し、人々に伝達する専門家である。伝達は料理教室、料理本(レシピ集や料理文化紹介など)の執筆、あるいは料理番組などマスメディア出演を通じて料理を指導することで行われる。一般大衆を対象とする場合と調理師などプロを対象とする場合とがある。また、料理の歴史、文化的側面や科学的側面を考究する者(広義に解釈すれば食物史家や料理記者などもこの範疇。「料理評論家」として区別する事もある)のように、自ら職業として料理する機会のない者を指すこともある。 かつては日本料理、洋食、中華料理の各分野について専門化がなされていたが、最近ではスピード料理やダイエット料理など、より実践的な視点での専門化も進んでいる。食材や調理に関する専門知識、調理技術、デザイン感覚などに加えて、著述、対人折衝などの能力も要求される。古くはプロの料理人が経験を重ねることにより料理研究家となることが多かったが、最近では料理教室の経営、調理師養成施設の教員、料理研究家の助手、書籍の編集者など出身分野はさまざまである。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、料理研究家の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。料理研究家の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。