【職種】フードスペシャリストが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

フードスペシャリストの基本情報

仕事内容 食品に関する専門知識を活かし、消費者との橋渡しをするスペシャリスト
平均年齢※ -
平均年収※ -
フードスペシャリストに関連する資格 フードコーディネーター
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 -
給料 -
やりがい -
労働時間の短さ -
将来性 -
安定性 -

その他の料理に関する仕事

フードスペシャリストの仕事の本音一覧

まだ、投稿がありません。

フードスペシャリストの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※フードスペシャリストとして現在仕事をしている方、もしくは過去にフードスペシャリストをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
フードスペシャリストのここが良い
フードスペシャリストのここが悪い
仕事内容の詳細
フードスペシャリストに対するあなたの状況

フードスペシャリストとは

フードスペシャリストとは、資格名称の一つ。食に関する高度な専門知識・技術を身につけ、食べ物や食生活について、流通・販売者と消費者に品質、安全性、機能性、栄養と健康などの的確な情報を提供し、またレストランや食堂などで快適な飲食ができるよう食空間をコーディネートし、さらに「食」に関する消費者の苦情処理できる専門職に与えられる資格。大学や短大で、フードスペシャリスト養成課程を履修し、日本フードスペシャリスト協会が実施する認定試験に合格する必要がある。 フードスペシャリスト養成課程必修科目 合計21単位以上 「フードスペシャリスト論」・・・講義2単位以上 「食品の官能評価・鑑別論」・・・演習2単位以上 「食物に関する科目」・・・講義4単位以上+実験1単位以上=合計5単位以上 「食品の安全性に関する科目」・・・講義2単位以上 「調理学(調理科学)に関する科目」・・・講義2単位以上+実習2単位以上=合計4単位以上 「栄養と健康に関する科目」・・・講義2単位以上 「食品の流通・消費に関する科目」・・・講義または演習2単位以上 「フードコーディネート論」・・・講義または演習2単位以上 フードスペシャリスト資格認定試験の概要 毎年1回、12月の第3日曜日に実施。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、フードスペシャリストの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。フードスペシャリストの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。