容疑者が出てくるのをひたすら警察署の前でまる一日、雨の中で待...(報道カメラマンの本音)

職業 報道カメラマン
投稿者名 カメ男        投稿日時:2015/05/12 14:19:04
年齢 35歳
年収 900万円以上1000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
報道カメラマンに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 容疑者が出てくるのをひたすら警察署の前でまる一日、雨の中で待ち続けたり、地味な仕事も多い。
台本のないニュースの現場は撮り直しができないので緊張感もあり、経験だけでなく先を読む力なども問われる。正社員の局員と系列関連会社、外部プロダクションなど所属によって給料は大幅に異なる。
この職業のここが良い 事件事故、政治、社会問題など世の中で起きる動きの最前線に足を踏み入れて、自分の目で見て多くの人に伝えることができる。海外出張の機会も年に何度かあり、世界のいまを知ることができる。
この職業のここが悪い 不規則なこともある。夜勤、ヘリコプター当番などローテーション勤務につく場合は日によって勤務時間が大きく変わる。(局員の場合、組合があるので休みはしっかりある。自分は局員。)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中8人

honne.bizでは、報道カメラマンの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。報道カメラマンの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。