web,パンフレット、カタログなど紙印刷のデザイン。ロゴマ...(グラフィックデザイナーの本音)

職業 グラフィックデザイナー
投稿者名 ふゆゆ        投稿日時:2011/01/08 12:57:32
年齢 39歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 web,パンフレット、カタログなど紙印刷のデザイン。
ロゴマーク、新店舗など総括プロデュース。
自社商品の宣伝、広報。
この職業のここが良い 自分の作品が世に出回ることの喜び。
実力主義。
カタカナの職種は、回りには尊敬で見られます。
デザイナーからディレクター、プロデューサーへステップアップできるがそれには、デザインセンスや能力ではなく、人柄と経営概念がある人のみ成功する。
この職業のここが悪い お給料が安い(でも好きなことしてるからしょうがない)
残業手当ゼロ(定時で帰れない社風)
風邪でも休めない(スタッフ一人ひとりの抱えている仕事容量が多いから他人へ頼めない)
見積もり、入荷額、人件費、トータルコストなど計算できるほど、仕事に余裕がないから、時間ばかりかけてダラダラと誤解される。
ステップアップには就業しながらの独学で常にスキルアップしないと時代に取り残される。未だにクラッシック環境とかびっくりするフリーランスのデザイナーさんを思うと、「それ保存だけで時間かかっちゃうでしょ?」アプリケーションソフトにお金かかるのも分かりますが、設備投資しなきゃ仕事は余計無駄足が多いです。

女性は結婚、出産と重なりデザイナーからディレクター、プロデューサーへステップアップしポジションに行くのは多難。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中7人

honne.bizでは、グラフィックデザイナーの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。グラフィックデザイナーの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。