学校や地域の食のコーディネーターとして働く。①給...(栄養教諭の本音)

職業 栄養教諭
投稿者名 あっきーな        投稿日時:2015/08/02 08:15:42
年齢 28歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
栄養教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 学校や地域の食のコーディネーターとして働く。

①給食管理

給食の献立作成、物資選定、給食の発注業務、給食の衛生管理、調理従事員の指導など
②食に関する指導
教科における食に関する指導(主に家庭科や保健、学級活動)、給食時間における指導など
※その他

アレルギーや肥満児の個別指導
子どもや保護者を対象とした料理教室
保護者対象の給食試食会での講演

お便りの作成

職員会議への出席

学校の各行事への出席

児童の給食委員会の指導
残菜調査など
この職業のここが良い 未来ある子どもたちの健康を食から支えることができる、やりがいのある仕事。子どもたちが美味しく給食を食べる姿から元気をもらえる。

小学校に所属する場合が多く、夏休みがあるのが魅力。夏休みは給食がなく、研修は多いが夏季休暇に加え年休が取りやすい。(中学校、定時制高校、特別支援学校に所属の場合もある。)

担任を持たないため、負担が少ない。しかし給料は教員としてもらえる。

都道府県(もしくは政令指定都市)での採用となる。希望すれば異動できることが多い。
この職業のここが悪い 教員のため、残業代が出ない。(学校栄養職員は残業代が出る。)

栄養教諭は人数が少ないため、所属校以外の学校の食に関する指導なども行わなければならない。

今までは学校栄養職員としての採用だったが、今は栄養教諭に切り替わっている。以前は給食管理がメインの仕事だったが、給食管理と食に関する指導の両立を求められており、負担は年々増えている。

給食センター勤務の場合は、学校とセンターの行き来が大変。

自校式給食の場合は、学校勤務となり、学校の雑用も押し付けられるから大変。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:53人中50人

honne.bizでは、栄養教諭の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。栄養教諭の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。