鍼灸師という資格がなくなっても、鍼灸は残る。医師が、す...(はり師・きゅう師の本音)

職業 はり師・きゅう師
投稿者名 kotobuki        投稿日時:2014/07/03 18:36:18
年齢 57歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
はり師・きゅう師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 鍼灸師という資格がなくなっても、鍼灸は残る。
医師が、すでに漢方薬を取り入れたように、哲学的なところも含めて、東洋医学をいずれ取り入れなくてはいけない世の中になる。
高齢化に伴い、多職種との連携がこれから望まれるので、その準備中。
じっくりと人と向き合える人なら、継続できるだろう。
不器用で、コツコツと続ける。石の上にも10年。(自分は30年のひよっこ)
良き師匠につく。
電気が来なくても、鍼と艾だけで、施術ができる。
儲けようとしない。一日10名もみればよい。
毎日が研修。
この職業のここが良い 東洋医学では、個体差を重視し、その人に合った予防治療が行える。
あくまで、予防がメイン。
病気になったから行く、症状が治まったらいかない病院という流れではない。
病院でいう?科をすべてを引き受けている。
個々の状態を全体的にとらえ、その人の人生と関われるので、ともに喜び悲しみ、治療家の自己を磨くことにも役立つ。
この職業のここが悪い 人間の体自体が複雑さと個体差があるので、現代科学(数字)で、鍼灸の良さをアピールしにくい。
データの積み重ねを、昭和中期からなされなかったためもある。
個性的な人が多い。群がらない。
流派にとらわれる面もあるので、一丸となってアピールしにくい。
儲かるから、とりあえず的な鍼灸師が増えすぎた。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中6人

honne.bizでは、はり師・きゅう師の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。はり師・きゅう師の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。