仕事の将来性 トップ10ランキング

  1. ツイートする

当サイトの「仕事の将来性 トップ10ランキング」です。

日本の高齢化社会の影響か、医療系の職種が多くランクイン。
また、産業構造上なくなりにくい仕事も評価されやすい傾向があるようです。

第1位:視能訓練士

視機能の障害に対して、必要な訓練と検査を行う

「仕事の将来性」の平均評価: 3.8000 [3.8点]

視能訓練士の仕事の本音を見る

第2位:インテリアコーディネーター

住む人の立場に立って快適な住空間を提供する

「仕事の将来性」の平均評価: 3.7000 [3.7点]

インテリアコーディネーターの仕事の本音を見る

第3位:大学教授

専門の研究を持ち、大学のゼミや講義で指導する

「仕事の将来性」の平均評価: 3.7000 [3.7点]

大学教授の仕事の本音を見る

第4位:航海士

航海に関する知識と技術で船舶の安全を図る

「仕事の将来性」の平均評価: 3.7000 [3.7点]

航海士の仕事の本音を見る

第5位:言語聴覚士

病気などによって言葉の障害をもつ人たちのリハビリ専門家

「仕事の将来性」の平均評価: 3.4000 [3.4点]

言語聴覚士の仕事の本音を見る

第6位:看護師

患者をケアする体力と明るさが必要

「仕事の将来性」の平均評価: 3.4000 [3.4点]

看護師の仕事の本音を見る

第7位:養護教諭

生徒の心身両面のカウンセラー的存在

「仕事の将来性」の平均評価: 3.4000 [3.4点]

養護教諭の仕事の本音を見る

第8位:訪問介護員(ホームヘルパー)

家庭に派遣され、家事を代行する

「仕事の将来性」の平均評価: 3.4000 [3.4点]

訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事の本音を見る

第9位:貿易事務

輸出入に必要な事務が仕事

「仕事の将来性」の平均評価: 3.4000 [3.4点]

貿易事務の仕事の本音を見る

第10位:医療ソーシャルワーカー

患者が社会復帰するための援助・助言をする

「仕事の将来性」の平均評価: 3.3000 [3.3点]

医療ソーシャルワーカーの仕事の本音を見る

他の満足度ランキングはこちら