【職種】外交官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

外交官の基本情報

仕事内容 諸外国との窓口となり第一線で活躍
平均年齢※ 38.1歳
平均年収※ 900万円以上1000万円未満
外交官に関連する資格 「ハングル」能力検定試験TOEFL(R)テストTOEIC(R)テストインドネシア語技能検定試験ケンブリッジ英語検定スペイン語技能検定ドイツ語技能検定試験フランス語能力認定試験【TEF】ロシア語能力検定試験実用イタリア語検定実用タイ語検定試験実用フランス語技能検定試験実用英語技能検定中国語検定試験
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (7件) 2.4000 [2.4点]
給料 1.9000 [1.9点]
やりがい 2.7000 [2.7点]
労働時間の短さ 1.4000 [1.4点]
将来性 2.7000 [2.7点]
安定性 3.4000 [3.4点]

その他の語学力を生かす仕事

外交官の仕事の本音一覧

全部で7件の投稿があります。(1~7件を表示)
投稿者名 外務花子        投稿日時:2016/09/25 18:14:54
年齢・性別 44歳(女性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
外交官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 「24時間営業で、最初はコピー取りから」、命を晒してキャリア官僚に尽くす。絶対に外交官になどなるべからず。
この職業・職種のここが良い キャリアだけが贅沢三昧であり、収入も多い。外国に行けば豪邸に住み、毎日公費で晩餐会。
この職業・職種のここが悪い 「キャリア入省以外は人にあらず。」であり、キャリア入省以外の職員を「消耗品」とバカにする。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中2人
投稿者名         投稿日時:2012/07/02 00:56:19
年齢・性別 24歳(男性)
年収 1500万円以上2000万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 4 [4点]
外交官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 飛行機にのる…笑
この職業・職種のここが良い 給料と人脈にみちあふれていますので、いい仕事ですよ。お金の話がよく回ります。でもいく国にはよりますが…
この職業・職種のここが悪い あっちこっち飛びまくり
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:135人中106人
投稿者名 外務太郎        投稿日時:2011/07/08 00:14:07
年齢・性別 50歳(男性)
年収 1200万円以上1500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
外交官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 大使となれば日本国を代表とし外交交渉をはじめとし、人脈を作り我が国のアピール、情報収集など多岐にわたる仕事があります。また、邦人の保護、広報・文化、経済状況の調査、警備、軍事情報から会計や文書電信と年齢や経験により様々な業務があります。
この職業・職種のここが良い 海外が好きで語学が堪能ならエンジョイできるかも知れませんが・・・パーティーなどでうまくすれば外国の要人と知り合いになれるかも。ただし、相当の語学力がないと恥をかきます。ただし、世間一般で思われているような贅沢ができるほど給料は貰えません。
この職業・職種のここが悪い 高卒の場合、大抵の場合、入省後約3年~4年で大使館や総領事館の副理事官として電信官ないし会計の副担当として海外勤務となります。大切な青春時代をアフリカや南西アジアなどの後進国で無駄に過ごし、下手をすると結婚適齢期になっても本邦に帰ってこられず独身のまま一生を台無しにしてしまう人が結構います。また、家庭を持ったとしても、国内での勤務が長くなると海外勤務を命ぜられ、これを拒むと昇級に響くばかりか、下手をすると退職を勧められることもあります。仕方なく単身赴任で、また海外に赴任する人が多い。ただし、国内では残業が多く、家族で食卓を囲んで食事できるなんて望んではいけません。本当に忙しい時期は、夕食はその日のうちに食べることもできませんでした。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:125人中111人
投稿者名 MUSE        投稿日時:2011/02/08 12:25:41
年齢・性別 27歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
外交官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 上記で、働いてもないのに給与や待遇につき適当なことを書いている人がいますが、今やファーストなんて次官しか乗れませんから!課長でもエコノミーで出張する時代ですから!
この職業・職種のここが良い 日本の国益に直接関係する仕事が出来る。
この職業・職種のここが悪い 給与が安すぎる。
旧帝大卒キャリア入省で、残業をしない場合の手取り(月収)が17万~20万です。残業を月150時間はするので、月収は30万程になりますが。
なお、課長で、年収800万~850万です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:110人中82人
投稿者名 まる        投稿日時:2009/09/08 22:04:57
年齢・性別 25歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
外交官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 日本という国家を代表して、外国との交渉。時にはケンカのようなときも。。
この職業・職種のここが良い 出入国審査は特別枠で、荷物検査もなし。飛行機はファーストクラス乗り放題で、滞在国での税金もなし。
この職業・職種のここが悪い 華やかな外交パーティー?
3回も行けばあきます。
それから現地で邦人行方不明時など、徹夜でホテルなど渡り歩いて探したこともありました。。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:109人中50人
投稿者名 ルワンダ        投稿日時:2009/03/23 14:07:19
年齢・性別 45歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
外交官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 政府との交渉(後進国はしんどい)、経済協力、旅券、領事、経済協力、文化事業などなど
この職業・職種のここが良い なし
この職業・職種のここが悪い 行きたくもない国に行かされる、給料が安い、24時間勤務態勢、戦地にもいかなければならない(命がけ)、食料も調達できない国でサバイバルしなければならない、電気水道も満足にない国で生きなかればならない、
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:71人中53人
投稿者名 マルフィ        投稿日時:2009/03/23 14:03:12
年齢・性別 52歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
外交官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 外国政府との交渉、法人保護、
この職業・職種のここが良い 特にありません
この職業・職種のここが悪い 引っ越し貧乏(家財、自動車を始め何でも買い、離任するときには二束三文で売却する(民間は会社が負担))、家族と離れて勤務しなければならない、後進国の生活は想像を絶するひどい生活、給料が安い、
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:76人中56人

外交官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※外交官として現在仕事をしている方、もしくは過去に外交官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
外交官のここが良い
外交官のここが悪い
仕事内容の詳細
外交官に対するあなたの状況

外交官とは

外交官(がいこうかん、英語: Diplomat)とは、外交使節団の長および使節団の職員で外交官の身分を有する外交職員の総称。 変遷 臨時の外交使節を派遣・接受することは紀元前の中国やギリシャなど非常に古くから行われ、日本の遣隋使や遣唐使もその例であるが、常駐の外交使節団が初めて置かれたのは13世紀のイタリアであったといわれている。ミラノ公国がジェノヴァ共和国に初めて公使館を設置して以後、イタリアの諸国家間で国家間の交渉に専門的に従事する外交官が相互に派遣されるようになり、またカトリック教会の長であるとともにイタリアの一君主としても位置づけられたローマ教皇も各国に教皇派遣使節を送った。14世紀にはイギリスのジェフリー・チョーサーが外交活動をしており、また1455年にはミラノがフランス宮廷に常駐使節を送り、そのシステムは主権国家が形成されるようになった16世紀以後ヨーロッパ各地に広まるとともに、外交慣行の基礎が形成された。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、外交官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。外交官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。