【職種】翻訳家が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

翻訳家の基本情報

仕事内容 さまざまなジャンルの外国語を訳す
平均年齢※ 41.9歳
平均年収※ 500万円以上600万円未満
翻訳家に関連する資格 「ハングル」能力検定試験TOEFL(R)テストTOEIC(R)テストインドネシア語技能検定試験ケンブリッジ英語検定スペイン語技能検定ドイツ語技能検定試験フランス語能力認定試験【TEF】JTF【ほんやく検定】ロシア語能力検定試験漢語水平考試【HSK】韓国語能力評価試験(KLAT)工業英語能力検定試験実用イタリア語検定実用タイ語検定試験実用フランス語技能検定試験実用英語技能検定中国語コミュニケーション能力検定【TECC】中国語検定試験
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (47件) 3.3000 [3.3点]
給料 3.1000 [3.1点]
やりがい 4.0000 [4点]
労働時間の短さ 3.1000 [3.1点]
将来性 3.1000 [3.1点]
安定性 3.0000 [3点]

その他の語学力を生かす仕事

翻訳家の仕事の本音一覧

全部で47件の投稿があります。(11~20件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5     次へ>>
投稿者名 あいうえお        投稿日時:2015/12/28 19:48:02
年齢・性別 19歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 医薬の特許の翻訳をしている
この職業・職種のここが良い 専門分野の知識が仕事をしている中でも広がる。
対人関係で悩まされない。
会社に登録できればあとは実力でどうにでもなる。
この職業・職種のここが悪い 書類選考厳しい。特に自分みたいに若い人は経験がほとんどないため、書類選考で落とされやすい
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:23人中21人
投稿者名 えみおう        投稿日時:2015/12/15 20:45:22
年齢・性別 53歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 内勤、在宅化
英文契約書、取り扱い説明書、インボイス、コレポン、海外取引相手の検収調査
この職業・職種のここが良い 製造、物流、法律のあらゆる分野の和訳、英訳
各分野で、経験が詰める
この職業・職種のここが悪い 第三者に業務報告書を出さないと、むだに時給が高いと思われる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人
投稿者名 しょー        投稿日時:2015/10/16 12:25:29
年齢・性別 26歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 英語、日本語、ドイツ語ができるので、この言語を使った翻訳をしている。

ITや金融関係の翻訳が多い。

この職業・職種のここが良い 雇われじゃないので、好きなように時間を使える。

休みもある程度自分で決められる。

どこでも仕事ができるから、旅行とか行きやすい。

実力があれば仕事はなくならない。

翻訳はとても奥が深くて、難しいけどその分やりがいがある。

専門分野の翻訳が多いので、その分野の知識が豊富になる。
この職業・職種のここが悪い 引きこもって仕事ばかりしていると話し方を忘れるので、意識して外に出ることが必要。

「翻訳業をしている」と言うと、高確率で「じゃあ英語ペラペラなんだ!凄いね!」と言われるから説明するのが面倒。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:30人中28人
投稿者名 シンガポール        投稿日時:2015/07/25 09:25:54
年齢・性別 34歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 シンガポールの院内日系企業で通訳・翻訳のポジションで勤務しています。円が弱いので上記の給料ですが、数年前は100万程少なかったです。

社内通訳・翻訳なのでとにかく「訳して欲しい」と上司から依頼が来るものなんでも訳すので専門性がない。現在は通信教育で契約書・法務関連翻訳を勉強中。
この職業・職種のここが良い 正社員の社内翻訳のポジションなので、メールや記事などの翻訳をしており、意味が通じればいい程度の通訳・翻訳が多く完璧に訳せている必要がないものも多い。サラリーマンなので収入は安定している。契約書や技術文書などビジネスに関わる文書を一通り経験できる。
この職業・職種のここが悪い 社内翻訳は立場が低く、会社内で昇進はあまりの望めない。時期を見計らってフリーランスに転向予定。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:23人中22人
投稿者名 YOSHI        投稿日時:2015/05/02 17:28:59
年齢・性別 42歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 技術文書を翻訳をしたり、翻訳チェックをする。
この職業・職種のここが良い 生活が安定している。3〜4社の翻訳会社と契約できれば、仕事が途切れる心配はない。こまめな人なら何歳になっても働けるはず。
基本は在宅ワークのため、妻と共同で育児ができる。
休みたい時は勝手に休暇を取れる。
最新技術や英語の勉強ができて、仕事が楽しい。
読書をしたり、遊びながら自由に仕事ができる。
この職業・職種のここが悪い ネットサーフィンをしながら仕事をすると、時間のメリハリがなくなり勤務時間がダラダラと長くなってしまう。自分は自制心が弱いので、夜中になっても仕事が終わらないことがある。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:43人中42人
投稿者名 みみ        投稿日時:2015/03/28 22:43:40
年齢・性別 37歳(女性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 機械・自動車関係の特許翻訳(日英)
この職業・職種のここが良い ・こなした量が多いほど収入も増えること(逆もまた然り)
・自分の裁量で仕事量、仕事時間等を決められること
・完全に単独作業なので誰かに足を引っ張られることはない
この職業・職種のここが悪い ・独善に陥りがち
・積極的に外に出て行かないと浦島太郎状態になりがち
(以下個人的な問題ですが)
・依頼を断る勇気が無いと、休みなく働く羽目になる。結果、自分の首を締めることになるのでワーカホリックな人は要注意
・家族以外の誰とも話さない、家から一歩も出ない日が数日続くこともあり得る。慢性の運動不足
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:43人中41人
投稿者名 あき        投稿日時:2014/12/10 19:05:36
年齢・性別 32歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 主にビジネス文書。
この職業・職種のここが良い 家でできる為いろんな意味で楽です。
子供ができても仕事を調節しながら続けていけそうなところは魅力的です。
この職業・職種のここが悪い いつ仕事が来るか分からないため、なかなか予定がたてられないところ。
週末もなんだかんだでお仕事をしなければいけないところ。
給与がよく翌月払いだったりでまだ始めたばかりなので、ちゃんと支払われるのか不安になるときがあります。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:18人中17人
投稿者名 margarita        投稿日時:2014/10/15 14:08:44
年齢・性別 56歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 正社員。翻訳者は全員技術者としての仕事も持っている。一般的ソフトウェアの知識は必須、かつ取扱製品を満足に扱えない人には任せない。
勿論、社内でトライアルを受けて翻訳チームに所属するので、中小企業だが非常にクオリティが高い翻訳と思う。
この職業・職種のここが良い ・やりがいはある。一つのモノとして残っていくから。
・最新技術情報に常に接していかないとクオリティが下がるが、それが勉強の原動力になり、文書に出てきた時など自分のレベルアップを感じることができる。
この職業・職種のここが悪い ・ちょっと英語できるだけで翻訳者になりたがる人が多い。特に文系女子の場合、技術翻訳に惹かれ、自称技術翻訳者が多すぎる。Web検索や用語集に頼って仕事する質の悪さで淘汰されていく。
・母語のレベルが低い人は下訳程度だが、それに満足してスキルアップを行わない人もいる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:28人中21人
投稿者名 ぐるんぱ        投稿日時:2014/06/30 02:38:33
年齢・性別 40歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 実務書類の翻訳、特許明細書の翻訳
この職業・職種のここが良い 職人的な職業であればどんな仕事でも同じだと思うが、腕の良い人は仕事が途切れない。同じ金を払うなら、うまい人に頼みたいのが人情だから当然といえば当然。ある一定のレベル以上で仕事が出来る人なら、生活は安定。
だがもう少しお金が貰えたらと思う。
仕事内容は面白く、やりがいは有り。
通勤がない。嫌な上司も同僚もいない。人間関係で疲れがちな人にとっては最高の仕事。
やればやるだけ腕は上がる(気がする)。
毎日英語に接しているので英語力が落ちない。
この職業・職種のここが悪い 家で仕事をしているとダラダラしがちで労働時間が長くなる。ネットサーフィンしてしまう。昼間から酒を飲んでしまう。正午まで寝てしまう。昼間に家から出てくると近所の主婦の奥さん達とよく出会うが無職と思われていそう(イケメンなら昼下がりの情事を楽しめるかも知れないので人によってはデメリットとも言い切れない)。安く買い叩こうとするブラック取引先も多い。会社としての規模が大きくなるほど翻訳者にとってブラック化しやすい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:58人中55人
投稿者名 猫2号        投稿日時:2014/03/27 15:26:05
年齢・性別 36歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 英日翻訳
ビジネスやメディカルが専門。
この職業・職種のここが良い フリーランスなので、年に3ヶ月程度は休暇を取って海外に行ったりしています。
とはいっても、完全に仕事が途切れるわけではなく、その間も暇な時間に細かな仕事をし、そこそこの収入はあります。
通勤時間がないのが楽。満員電車はもう無理です。
毎日8時間は寝ています。
在宅での仕事なので、スーツ等を買う必要が無く被服費が安くすみます。
元々海外生活が長く、今後もどこに住むかわからないため、パソコンとインターネットがあればどこでもできる仕事というのは、私にとって大きな魅力です。
この職業・職種のここが悪い 私の場合、収入をすべて外貨で得ているため、為替相場に左右されてしまいます。これはコントロールできません。
あと、外貨で収入を得ている分、青色申告をするための帳簿付けが非常に面倒くさいです。
フリーランスのため、仕事の波が読みにくく、忙しいときは食事の用意すらできないこともあります。
その一方で、数日間にわたってぱったりと仕事がこなくなるときもあり、将来大丈夫かなと不安になったりもします。
パソコンに長時間向かっているため、視力の低下が気になります。
クレジットカードが作りづらく、いつも家にいるため周りの人には仕事をしていないのでは?と思われることもあります。
退職金と、年功序列による昇給がのぞめないのが悲しいです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:35人中32人
<<前へ   1  2  3  4  5     次へ>>

翻訳家の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※翻訳家として現在仕事をしている方、もしくは過去に翻訳家をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
翻訳家のここが良い
翻訳家のここが悪い
仕事内容の詳細
翻訳家に対するあなたの状況

翻訳家とは

『翻訳』より : 翻訳(ほんやく)とは、Aの形で記録・表現されているものから、その意味するところに対応するBの形に翻案することである。最も身近なものとして、言語における翻訳があり、あるソース言語(source language)によって表現された文章を、別のターゲット言語(target language)で表現することを指す。 ある文章(原語文)を他言語で記述する行為を一般に翻訳と呼ぶ。一方、発話を別言語に置き換える行為は通訳と呼ばれる。元の文を原文といい、翻訳された文を訳文・翻訳文と言う。また、元の言語のことをソース言語または原言語、訳文・翻訳文の言語をターゲット言語または目的言語と言う。例えば、英文から日本文へ翻訳された場合は、ソース言語が英語であり、ターゲット言語が日本語である。 実際の翻訳では、ソース言語からターゲット言語へその言語間で対応する語彙を用い、対応する文法を用いて翻案することが多い。場合によっては、元々の意味の機械翻訳(機械的に対応する単語を当てはめてゆく方式の翻訳)が行われることもあり、これを直訳と言ったりもする。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、翻訳家の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。翻訳家の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。