【職種】翻訳家が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

翻訳家の基本情報

仕事内容 さまざまなジャンルの外国語を訳す
平均年齢※ 41.9歳
平均年収※ 500万円以上600万円未満
翻訳家に関連する資格 「ハングル」能力検定試験TOEFL(R)テストTOEIC(R)テストインドネシア語技能検定試験ケンブリッジ英語検定スペイン語技能検定ドイツ語技能検定試験フランス語能力認定試験【TEF】JTF【ほんやく検定】ロシア語能力検定試験漢語水平考試【HSK】韓国語能力評価試験(KLAT)工業英語能力検定試験実用イタリア語検定実用タイ語検定試験実用フランス語技能検定試験実用英語技能検定中国語コミュニケーション能力検定【TECC】中国語検定試験
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (47件) 3.3000 [3.3点]
給料 3.1000 [3.1点]
やりがい 4.0000 [4点]
労働時間の短さ 3.1000 [3.1点]
将来性 3.1000 [3.1点]
安定性 3.0000 [3点]

その他の語学力を生かす仕事

翻訳家の仕事の本音一覧

全部で47件の投稿があります。(21~30件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5     次へ>>
投稿者名 M.George        投稿日時:2014/03/09 23:10:47
年齢・性別 29歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 3 [3点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 外国本(主に英語)の邦訳がメイン。
時々書類や映像の邦訳もある。
この職業・職種のここが良い フリーランスなら通勤で時間を無駄にすることなく、人間関係で悩むこともない。勤務時間が自由だから予定が立てやすい。
定年がないから年を取っても続けられる。
技術と実績があれば、断らなければいけない程の量の仕事
を依頼されるから割と安定している。
この職業・職種のここが悪い 原稿を納期するまでは一銭も入らない。そのため、スピードも必要。かなり神経を使うから精神的に疲れる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:24人中21人
投稿者名 ころころ        投稿日時:2013/11/27 15:11:14
年齢・性別 38歳(女性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 企業内勤翻訳者
プレゼンテーションや、規約、既存の日本語のフォーム等の翻訳がメイン。(時々来日中の来賓の通訳アテンダントも担当)
この職業・職種のここが良い 黙々と仕事ができる。
現在は派遣で勤務中だが、フリーになれば通勤しなくてよい。
会社にて多岐にわたる雑用をしなくてよい。
訳(リサーチ)しながらいろいろ勉強になることがある。
この職業・職種のここが悪い 翻訳の元文書(日本語でも英語でも)きちんとした意味がない、あいまいなニュアンスだと訳せない。(確認作業で時間がかかる)
在宅の場合は自由のようで、いろいろな邪魔が入る。
在宅の場合は仕事と生活のメリハリがつきにくい。
周りに暇だと思われる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:30人中22人
投稿者名 shima        投稿日時:2013/11/01 21:16:13
年齢・性別 39歳(女性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 技術・特許翻訳(IT系)
ローカライズ
論文翻訳
品質管理
顧客担当
通訳など
この職業・職種のここが良い 通勤しないでよい。
特殊技術、経験、有名校の学歴、英語力、日本語力があると仕事がたくさんある。
自分のペースで仕事ができる。
自分のことだけに責任を負えばよいのでストレスがない。
会社員のときより給料は下がったが、子育て、休暇、勉強、
趣味など好きなことをやりながら、この給料なら良いと思う。
この職業・職種のここが悪い 運動不足になる。
基本自分一人なのでできる仕事の量が限られ、仕事を
断らなければならないことがある。
家で遊んでいるように見られる。
リーマンショック後、単価が下がる傾向にある。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:28人中26人
投稿者名 元気なオヤジ        投稿日時:2013/10/24 13:52:13
年齢・性別 45歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 専門性が高すぎる案件はご勘弁いただいて、結果を保証できる案件に全力を尽くしています。
この職業・職種のここが良い 自宅で仕事、通勤で時間を失うことがない。移動も出張もない。ほんとうの実力者は少ない業界なので、群を抜く実力があれば殿様商売。「機械」には絶対に無理な仕事なので、将来も安泰。無理しない程度に受注を抑えて上記年収。時給に直すと4000円~9000円ぐらい。
この職業・職種のここが悪い 6時間も仕事を続けると脳が疲れる。
「なろう!」と思ってなれるものではありません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:44人中33人
投稿者名 洛中洛外        投稿日時:2013/05/18 01:22:44
年齢・性別 35歳(女性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 読む、書く、調べる、掘り下げる、苦吟するといった作業の繰り返し。安定して食える水準に達するためには、体力や市場の分析力も必要。

いわゆる地頭または専門分野の体系的な知識、高い学習意欲と吸収力、それに謙虚さ(自己分析力とも)と市場分析力があれば、営業力は人並みで十分。タイミングをはずさず言うべきことを言う、変なところとは付き合わないなど、常識判断程度で足りる。分析力は原文の読解や裏取りの調べものに欠かせないので、継続して食べていくにはどのみち必要。
この職業・職種のここが良い 会社員から兼業フリーまで、働き方に多様性・柔軟性がある。ある程度基礎ができあがっていれば、1年現場を離れただけで浦島太郎ということもない。学生か学者に準じたスタイルの生活ができるので、一生学生をやっていたい人間には理想的。

納品先を安心させられるかそれ以上の品質を維持できれば仕事が途切れることはなく、食いっぱぐれがないという意味で安定性は高い。また現時点で機械と取り合うような仕事をしていれば別だが、高度な言語処理はサービス業などと同様、早々機械に取って代えられるものでもないと思われ、技術革新の時代にあっても比較的将来性がある。専門性の高い、あるいはニッチな分野は意外と対応できる人が少なく、過当競争もない印象。これは士業など、他の専門職と比べると特に顕著。また専門分野や前職での経験など、何らかのベースがあって参入する人も多いので、予備校や専門の院に入り直さなければほぼなれないそれらの職種と比較して先行コストは低く、昨今では費用対効果も高いといえる。

収入は実力+α営業力、その他社会人としての総合力次第。すなわち、実力が突出していればヒトとして多少アレでも下手な会社員よりは稼げるが、ほどほどだと生活費を稼ぐために営業力等でカバーする必要が生じる。無論、取引先や現場の上司も人の子、社会的適応力や良識はある方がいいのは言うまでもない。なお社交性はあってもなくても務まるが、孤独への耐性は必須条件。
この職業・職種のここが悪い 独善に陥りやすい。
SEの次ぐらいにパソコンの前に長居しがちなため、足腰を痛めがち。3年を過ぎる頃には独り言が癖になる。
基本、案件という名のプロジェクト・ベースなので完了時のすっきり感はあるが、常に勉強々々なのであまり気が休まることはない。頭の隅にはいつも仕事のことがある。ただこの辺はプロになれば、どんな職業でも同じかも知れない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:34人中33人
投稿者名 しか        投稿日時:2013/02/09 15:30:45
年齢・性別 52歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 外資系ソフトウェア会社で品質管理をしていましたが、リストラされ、再就職先が見つからなかったので、この業界に来ました。語学へのこだわりはなく、むしろトラドス等のツールをいじるのが楽しい。
マニュアルを書いていたり、実機テストを長年やっていて、翻訳経験はほぼありませんでしたが、IT分野、特にUIのトライアルはだいたい合格します。「実務経験>>語学力」だと思います。
クライアントはインド、中国、東欧中心。
この職業・職種のここが良い ・在宅で仕事ができる
・定年がない
・世界中から仕事を受注できる
・以前の職務に関連する分野で仕事ができるなら、やりがいあり
この職業・職種のここが悪い ・とにかく不安定。独身ならかろうじて生きていける、家族を養うのはほぼ不可能というのが実感です。
・老眼と腰にきます
・各国の税制を知らないと思わぬ落とし穴が。クライアントの国のお役所に提出する書類を用意するのが大変。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中8人
投稿者名 転職検討中♪        投稿日時:2013/02/05 17:31:40
年齢・性別 26歳(女性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 法律関連。主に判決文など。
この職業・職種のここが良い 社内翻訳(派遣)をしていますが、やるべき事が明白であり、他人と関わる煩わしさが比較的少ないかと思います。
新卒で入った会社では営業をしていましたが、中身がなくとっかえがきく仕事でみんなよくこれだけガツガツできるなぁと感心したものでした。
翻訳の場合、自分だけの力で形あるものとして完成するので、少しばかりの達成感があります。おかげでいろんな分野に少しずつ詳しくなる事ができました。
今はまだ子供がおりませんが、子供が生まれたら在宅でできたら良いなと考えています。
この職業・職種のここが悪い 英・中を担当していますが、英語は話せる人が社内に多く、中国語は優秀な中国人が多い事もあり、非常に安く買い叩かれている感じが否めません。
原文の難解さはある程度語学ができる人にしか理解されないし、とてつもない高レベルな日本語を要求されます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:20人中10人
投稿者名 コカコーラ        投稿日時:2012/11/19 12:35:46
年齢・性別 55歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 契約書、海外プラント関係の翻訳。若手翻訳者の管理と相談係。なお、上記の収入を得るために年間3000時間以上は働いています。
この職業・職種のここが良い 上司にへつらうことがない。
やりたくない仕事や案件を拒否できる。
この職業・職種のここが悪い 変な人が多い。いちばん稼げる年齢は35歳から50歳あたり。50歳を過ぎると、その道の達人クラスの実力をもたないと、仕事を干されることがある。今稼げていたとしても、来年はまったく読めない。時代による浮き沈みが大きい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中7人
投稿者名 お腹減った        投稿日時:2012/11/08 17:21:10
年齢・性別 39歳(女性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 主に日英特許翻訳
この職業・職種のここが良い 通勤がなく、人間関係に悩むことがない。
トップ翻訳者として認知して貰えれば、仕事は途絶えない。
性別に関係なく稼げる。
トライアルの成績がトップクラスなら、すぐに仕事が貰える。
この職業・職種のここが悪い スキルアップするには、自分から積極的にセミナーなどに
参加したり、書籍を読んだりする自発的な努力が必要。
人と会わない(社交的な人には無理な仕事かもしれない)。
座ってばかりいるので、腰痛が出やすい。
とにかく、実力がないと恐ろしく稼げない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:26人中21人
投稿者名 にしきごい        投稿日時:2012/09/25 12:48:03
年齢・性別 52歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 私は契約社員の社内翻訳者です。以前は企業で文書課で勤め、その後8年ほどフリーの翻訳者でした。私の年齢で採用してもらえるのは、奇跡に近いです。50歳を超える人はまず採用してもらえません。フリーランス翻訳者募集の場合でもトライアルに合格しにくくなります。英訳9割、和訳1割です。
この職業・職種のここが良い フリーランスなら通勤がない。
コネや人脈で、おいしい仕事を得られると、多くかせげる。
特殊な仕事なので、人とは違う仕事をしているということでなんとなくうれくなる。
この職業・職種のここが悪い コネや人脈がないと、価格競争の荒波にのまれ、安い割りの合わない仕事ばかりがまわってくる。
フリーランスの翻訳者に性格破綻者や奇人変人が多い(社内翻訳者はそうではない)。
取引先のエージェントが倒産したりして、売り掛け金を踏み倒される。不景気で取引先がズルくなり、支払いを渋りだしている。
フリーランスだと、金融機関から借金できません。新規にクレジットカードを作るのも困難になります。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:20人中11人
<<前へ   1  2  3  4  5     次へ>>

翻訳家の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※翻訳家として現在仕事をしている方、もしくは過去に翻訳家をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
翻訳家のここが良い
翻訳家のここが悪い
仕事内容の詳細
翻訳家に対するあなたの状況

翻訳家とは

『翻訳』より : 翻訳(ほんやく)とは、Aの形で記録・表現されているものから、その意味するところに対応するBの形に翻案することである。最も身近なものとして、言語における翻訳があり、あるソース言語(source language)によって表現された文章を、別のターゲット言語(target language)で表現することを指す。 ある文章(原語文)を他言語で記述する行為を一般に翻訳と呼ぶ。一方、発話を別言語に置き換える行為は通訳と呼ばれる。元の文を原文といい、翻訳された文を訳文・翻訳文と言う。また、元の言語のことをソース言語または原言語、訳文・翻訳文の言語をターゲット言語または目的言語と言う。例えば、英文から日本文へ翻訳された場合は、ソース言語が英語であり、ターゲット言語が日本語である。 実際の翻訳では、ソース言語からターゲット言語へその言語間で対応する語彙を用い、対応する文法を用いて翻案することが多い。場合によっては、元々の意味の機械翻訳(機械的に対応する単語を当てはめてゆく方式の翻訳)が行われることもあり、これを直訳と言ったりもする。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、翻訳家の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。翻訳家の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。