週に3日、パートで社内翻訳者。残りの日はフリーランス翻訳者。...(翻訳家の本音)

職業 翻訳家
投稿者名 うなぎパイ        投稿日時:2016/11/12 01:06:14
年齢 57歳
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
翻訳家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 週に3日、パートで社内翻訳者。残りの日はフリーランス翻訳者。翻訳分野は契約書、社内報、裁判の証拠資料。月に2回、歴史建造物の英語ガイド通訳。
この職業のここが良い 周囲の人から、「珍しい仕事をしているのですね!」と言われるので、人とは違うことを感じることができます。好きなことを仕事にしているので、仕事のストレスは少ないと思います。
この職業のここが悪い 翻訳者には、人格の低い人、変人、わがままな人が多く、バランスのよい人格者は少ない。自分自身も変人にならないように注意しています。取引する翻訳エージェントも、すべて零細企業なためか、社長は、変な人、新興宗教に熱心は人、あるいは傲慢な人が多い。実力勝負と言われていますが、実態は、コネや学閥、年齢によって左右されます(例えば、採用担当者や社長がX大学卒だと、トライアルの結果に関係なく、X大学出身者が採用される)。年齢に関係なくできる仕事と言われていますが、実態は、30代と40代の翻訳者に仕事が流れやすいようです。私自身、30代と40代ではけっこう仕事を得て稼いできましたが、55歳を過ぎた頃から仕事の依頼が減りました。採用担当者あるいは発注者は、自分の年齢よりも年齢が相当高い人を採用したり、発注したりはしないようです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中14人

honne.bizでは、翻訳家の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。翻訳家の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。