和服全般。洋服地からの和服。(和裁士の本音)

職業 和裁士
投稿者名 縫姫        投稿日時:2016/04/05 16:12:38
年齢 50歳
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
和裁士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 和服全般。洋服地からの和服。
この職業のここが良い 自分で仕事のペースを決められるので好きな時に好きなところへ行ける。人に気をつかわないで済む。自分では絶対に購入できないような超高級品のお仕立てが出来る。自分のお仕立て品が賞を取るなどしてTVに写るのを見ることができる。振袖や留袖を仕上げた時の達成感は何ものにも代えがたい。
上の質問にある将来性は、自分で作ってゆくもの。
和裁士としての仕事を仕事としてやっていけるかどうかは、本人の努力次第。
この職業のここが悪い 人づきあいをしなくなる。人に合わせるということができなくなる。発散する場所がない。(自分はそのためアナウンス業と兼業)
本人は自分を≪職人≫と認識しプライドを持って仕事しているが、まわりから≪内職≫と言われたり思われたりして傷つく。
現実問題としては同じ姿勢で仕事しているので腰を傷めやすい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中5人

honne.bizでは、和裁士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。和裁士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。