【職種】弁護士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

弁護士の基本情報

仕事内容 高度な法律知識で、依頼人の権利を守る
平均年齢※ 34.7歳
平均年収※ 1000万円以上1200万円未満
弁護士に関連する資格 行政書士<国>司法試験<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (13件) 2.9000 [2.9点]
給料 3.5000 [3.5点]
やりがい 3.8000 [3.8点]
労働時間の短さ 2.2000 [2.2点]
将来性 2.5000 [2.5点]
安定性 2.2000 [2.2点]

その他の法律に関わる仕事

弁護士の仕事の本音一覧

全部で13件の投稿があります。(11~13件を表示)
<<前へ   1  2  
投稿者名 支部街弁(県内人口200万人前後)        投稿日時:2012/07/31 11:50:29
年齢・性別 37歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
弁護士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 民事事件の訴訟手続、示談交渉
家事事件、刑事事件、債務整理・倒産処理等
法律相談業務(事務所での相談のほか、市役所での相談等)
弁護士会の各種委員会活動(ただし、無償)
各種弁護団活動(概ね無償又は採算度外視)
この職業・職種のここが良い 本当に困った人を助けることができたり、それなりの解決に導くことができたときには、達成感はある。
仕事の進め方や時間配分など、ある程度自分の裁量でコントロールできる。
世の中のいろいろな面を垣間見ることができる。
弁護団活動等、やりたいことに取り組むことができる。
この職業・職種のここが悪い 現状の収入はまだ相応に高いが、少なくとも地方の街弁は将来の見通しが極めて暗い(むしろ、ほぼ終わってるといっても過言ではない)。
依頼者と方針が合わないとき(依頼者ができそうもないことを望むとき)など、気苦労が多い。
自分の判断によって依頼者の人生を左右しかねない場面も多く、仕事上の悩みは多い。
周りの同年齢の同業者を見ても、この仕事が楽しいという雰囲気の人はほとんど居ない気がする。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:20人中17人
投稿者名 light_universe        投稿日時:2012/03/22 17:32:14
年齢・性別 30歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
弁護士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・契約書のチェック
・法的助言
・文書作成
・訴訟行為の代理
・刑事事件
この職業・職種のここが良い ・資格を持っているという点ではアピールポイントにはなる。
・普通に暮らしているとなかなか出会えないような人・事件に出会える。
・裁判官や検察官に比べると仕事の幅が広い。
この職業・職種のここが悪い ・世間で言われるよりも給料が低い(自営業なので)。
・そのくせ世間では「高給取り」と思われ、悪く言われたりするため、切ない思いをすることが多い。
・増員により就職・転職が非常に難しくなっている。
・長時間労働。インハウスでない限り労働法の適用はない。
・安定性が全く見えず、将来が見えない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:24人中21人
投稿者名         投稿日時:2009/11/23 20:57:13
年齢・性別 48歳(男性)
年収 1500万円以上2000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
弁護士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ジャギをたおす
この職業・職種のここが良い うまくいけば3000万楽勝
この職業・職種のここが悪い 失敗したらきれられる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:44人中16人
<<前へ   1  2  

弁護士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※弁護士として現在仕事をしている方、もしくは過去に弁護士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
弁護士のここが良い
弁護士のここが悪い
仕事内容の詳細
弁護士に対するあなたの状況

弁護士とは

弁護士(べんごし)は、一般に、依頼を受けて法律事務を処理することを職務とする専門職であり、その具体的なあり方(呼称や職務範囲など)は、時代と法域によってさまざまである。 西欧における弁護士の歴史 = 中世 = 現在の弁護士制度は西ヨーロッパにおいて発達したものに由来する。地域及び担当する裁判所の種類によって名称は様々であり、また、代理を行う者(代訴人や事務弁護士)と弁論を行う者(代言人や法廷弁護士)が区別されることも多く、現在でもそのような区別が残った国も多い。 近世ヨーロッパでは法律家を養成するため、各大学に法学部が設置されていた。 日本における弁護士の歴史 = 中近世 = 日本では鎌倉時代に六波羅探題等で争議に際して弁論・口述の長けた代官が存在している。 江戸時代の「公事宿(くじやど)」「公事師(くじし)」は、日本において独自に発達したもので、弁護士に類似するとも考えられるが、その性格は大きく異なる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、弁護士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。弁護士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。