【職種】検察官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

検察官の基本情報

仕事内容 社会秩序を維持するため、事件解決にあたる
平均年齢※ 37歳
平均年収※ 1000万円以上1200万円未満
検察官に関連する資格 司法試験<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (1件) 3.4000 [3.4点]
給料 4.0000 [4点]
やりがい 5.0000 [5点]
労働時間の短さ 2.0000 [2点]
将来性 4.0000 [4点]
安定性 2.0000 [2点]

その他の法律に関わる仕事

検察官の仕事の本音一覧

全部で1件の投稿があります。(1~1件を表示)
投稿者名 やめけん        投稿日時:2014/10/02 15:58:04
年齢・性別 37歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 2 [2点]
検察官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 捜査して起訴して公判に立つ
この職業・職種のここが良い 裁量が大きい(言い換えれば権力がある)
公共性が高く、自分の正義感にしたがって事件処理できるので、やりがいは大きい。
特殊な仕事故か、似た者同士の集まりで、仲がよく、同僚に仲間意識を感じられるように思う。
部署にもよるが、夏休みが意外と長い(長いと2週間くらい)
この職業・職種のここが悪い 2年に1度の転勤
捜査を担当していると、3週間先の予定が立たない(急な身柄事件が送致されてくる可能性があるので)。
事件のことが夢に出てくる。繊細な人には向いていない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:29人中28人

検察官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※検察官として現在仕事をしている方、もしくは過去に検察官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
検察官のここが良い
検察官のここが悪い
仕事内容の詳細
検察官に対するあなたの状況

検察官とは

検察官(けんさつかん)は、検察権行使の権限主体である。 検察庁法第3条の法律規約により、検察官は、検事総長、並びに、次長検事、検事長、並びに、検事、副検事とされる。 検察官の職務義務は、検察庁法第4条で、 と規定されている。 検察官の社会地位 「検察庁」は、「検察官」の事務を統括する官署にすぎず、法律上は、検察官が独任制官庁として単独で検察権を行使し、裁判所に公訴を提起することにより、公判を維持する権限を有する。検察官は、職務を執行する上において、上命下服の関係に立つ。 個々の検察官の裁量は、そのため、決裁制度を通じて、制限され、一貫した取扱いが図られている。検察官は、尚、裁判の訴訟期間内に、交代するなどしても、訴訟上の効果は、変化しない。 検察庁は、司法権、立法権、行政権の三権の内、行政権を持つ行政に帰属する官庁である。検察庁は、国民の権利保持の観点から、俗に準司法機関とも呼称されている。日本国憲法第77条の法律規約では、「検察官は、最高裁判所の規則に従わなければならない」と規定されている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、検察官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。検察官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。