【職種】裁判官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

裁判官の基本情報

仕事内容 法秩序を維持し、人権を守る司法の番人
平均年齢※ -
平均年収※ -
裁判官に関連する資格 司法試験<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 -
給料 -
やりがい -
労働時間の短さ -
将来性 -
安定性 -

その他の法律に関わる仕事

裁判官の仕事の本音一覧

まだ、投稿がありません。

裁判官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※裁判官として現在仕事をしている方、もしくは過去に裁判官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
裁判官のここが良い
裁判官のここが悪い
仕事内容の詳細
裁判官に対するあなたの状況

裁判官とは

裁判官(さいばんかん、英: Judge)は、司法権を行使して裁判を行う官職にある者。 各国の訴訟法制に応じて裁判官の職掌は定まり、陪審制を採用している国などでは事実認定について裁判官が担当しないことがあることから、裁判官を法廷における審理を主宰する者として位置づけることがより妥当な場合もある。 古来より、さまざまな犯罪や係争が存在し、ある程度の社会が作られて以降はその紛争解決制度が必要となった。 古くは、社会構造については記録なども残されておらず、具体的な様相なども不明である。部族・民族ごとにさまざまな紛争解決方式が取られており、一律に理解することもできない。主として、「集団の中で権力を持つ者の裁定」や「神権裁判」などが行われた可能性が指摘されている。裁定を行う権力者や神託を告げる者などが裁判官の役割を果たした。 政治体制・統治機構が整うにつれ、一般的に、裁判は、王・領主・宗教者などの権力者が行うものとされ、裁判人もそれらの者、ないしはその委託を受けた者が行うようになった。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、裁判官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。裁判官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。