【職種】労働基準監督官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

労働基準監督官の基本情報

仕事内容 労働条件の確保、改善を行う
平均年齢※ 34.6歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
労働基準監督官に関連する資格 運行管理者<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (9件) 2.9000 [2.9点]
給料 1.7000 [1.7点]
やりがい 3.1000 [3.1点]
労働時間の短さ 3.1000 [3.1点]
将来性 2.6000 [2.6点]
安定性 4.0000 [4点]

その他の法律に関わる仕事

労働基準監督官の仕事の本音一覧

全部で9件の投稿があります。(1~9件を表示)
投稿者名 ゆき        投稿日時:2016/08/16 18:08:18
年齢・性別 38歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
労働基準監督官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 会社への労働基準法遵守の指導。事故再発防止への指導。
この職業・職種のここが良い 条約で守られているからなくならないこと。
この職業・職種のここが悪い 仕事が単調なので飽きること。
転勤地獄(殆ど希望は聞かない)。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人
投稿者名 KAN        投稿日時:2016/07/26 23:29:15
年齢・性別 27歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
労働基準監督官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 相談受付、申告、臨検、災調、賃確、司法など多岐にわたる。
この職業・職種のここが良い 色々な業務が経験できる。署・局・本省希望すれば大体かなう。
この職業・職種のここが悪い 都会署は業務量が多い。申告業務が主になりがち。
組織の体をなしていない。独任官。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 クザン        投稿日時:2016/06/21 22:38:06
年齢・性別 26歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
労働基準監督官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 やることは多岐にわたる。
労働基準関係法令の行使、相談受付業務、企業の調査(関係法令順守状況)、許認可事務、集団指導、年間の監督計画の作成、庶務、安全衛生事務、労災補償事務、労働保険徴収業務等をはじめとしてなんでもこなさなければいけない。。。
この職業・職種のここが良い 給料は人事院勧告により、平均的なものだが、この時代に安定しているのは強み。世間からはいろいろ言われるが、不祥事を起こさない限りクビになることはない。業務の状況にもよるが、年休が取得しやすい。
この職業・職種のここが悪い 田舎の土地での勤務であれば、給料は仕事相応であるが、都会の激務の地に行くと、割に合わないと感じる。。。労使の板挟みで、一般の方で労わってくれる方もいるが、頭の悪い人を相手にしたり、根拠のないバッシングにさらされることを覚悟の上で、入省する必要有り。なお、将来的には、給与カーブが民間準拠により、高齢になればなるほど、昇給幅が狭くなる模様。。。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 たけやぶやけた        投稿日時:2016/04/17 19:52:08
年齢・性別 33歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
労働基準監督官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 合う合わないがハッキリ分かれる職種。
合わなければ本当に辛い、精神病みます。
この職業・職種のここが良い 身分の安定
この職業・職種のここが悪い パワハラ、メンタル等病んでいる環境。
労使の板挟み。圧倒的マンパワーの不足で、権限を生かす余裕がない。
都会署は激務。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 名無し        投稿日時:2015/11/21 10:12:39
年齢・性別 26歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
労働基準監督官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 監督業務、安全衛生業務。
この職業・職種のここが良い 年休がとりやすい。
この職業・職種のここが悪い 組織ぐるみで行われる上司からの退職勧奨。

パワハラを取り締まる部署がパワハラで職員を追い込む。

辞めさせた人数を自慢する上司。

殺伐とした人間関係の職場。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中6人
投稿者名         投稿日時:2014/08/07 22:19:17
年齢・性別 44歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
労働基準監督官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 事業場への監督(パトロール)、災害調査、書類送検等の司法業務。
相談者への相談対応。
この職業・職種のここが良い 労働者の安全、労働条件の確保のため、取り締まるというやりがいがある仕事。
原則、土日の休みが確保されている。
この職業・職種のここが悪い 覚える法律が多岐にわたると共に専門性も求められ、非常にハード。
また、相談者等からは自分の会社の不平不満をぶつけられ、会社側からも警戒され、メンタル的にもタフさが求められ、非常にストレスが溜まる仕事。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中12人
投稿者名 はな        投稿日時:2013/08/04 23:24:49
年齢・性別 45歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
労働基準監督官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 会社に対する指導
労働者・総務担当者からの相談
労災事故の調査
たまに、捜査活動を行う
この職業・職種のここが良い 以外に自由(ただし、上司による)
この職業・職種のここが悪い 内部の言い訳作りの仕事
不合理な計画に基づいて業務執行を行う
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中6人
投稿者名 トリトン        投稿日時:2013/01/07 01:59:15
年齢・性別 40歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
労働基準監督官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 泣き寝入りしている労働者を知りながら、見て見ぬふりをしなくてはならない。
本当の仕事内容がわかるとビックリする。
この職業・職種のここが良い 労働法の勉強が唯一生かせる職場。低め安定。
ああいえばこういう。逃げ道が多い。
警察官のようではなく、冤罪者を作ることはない。
強制力がないため責任も少ない。
一応法律に携われる。
この職業・職種のここが悪い 放置国家。労働者より、赤だといわれる。
最低基準の労基法などと建前ばかり。
実際守っている会社など少数。
泣き寝入り労働者に更に追い打ちをかける仕打ち。
経営者に馬鹿にされても経営者を刑務所には送れない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中5人
投稿者名 たい        投稿日時:2010/01/03 12:56:26
年齢・性別 32歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
労働基準監督官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 監督業務
司法業務
その他、労働に関する全て。雑用も
この職業・職種のここが良い 少しだが、社会の役に立っている気がする
この職業・職種のここが悪い 社長と労働者の板ばさみ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中11人

労働基準監督官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※労働基準監督官として現在仕事をしている方、もしくは過去に労働基準監督官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働基準監督官のここが良い
労働基準監督官のここが悪い
仕事内容の詳細
労働基準監督官に対するあなたの状況

労働基準監督官とは

労働基準監督官(ろうどうきじゅんかんとくかん)とは、日本の労働関係法令に基づいて、あらゆる種類の事業場に立ち入り、労働基準法や労働安全衛生法等を遵守させるとともに、法律で定められた労働者の権利を守るために使用者を監督し、適切な労働環境を確保するよう指導することを任務とする厚生労働省の職員(国家公務員)である。ILO81号条約に規定される労働監督官にあたる。「労働Gメン」という呼称も使用されたこともある。 主に厚生労働省の各部局等・都道府県労働局・労働基準監督署に配置され労働基準関係法令に係る行政事務を行っているが、労働基準関係法令違反事件に対して特別司法警察職員(司法警察員)として犯罪捜査と被疑者の逮捕、送検を行う権限がある。平成25年度の総人数は3,198人である。 手錠・捕縄・腰縄は携帯することができるが小型武器(拳銃などの小火器類)の携帯や使用は認められておらず、逮捕術の訓練も行われていない。また、使用する車両も緊急自動車の指定も受けていない。これは職務の性質上、これらの権限を行使する必要性がほとんど無いからであると考えられる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、労働基準監督官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。労働基準監督官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。