【職種】中小企業診断士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

中小企業診断士の基本情報

仕事内容 中小企業の経営全般を調査・管理
平均年齢※ 42歳
平均年収※ 700万円以上800万円未満
中小企業診断士に関連する資格 【資格】中小企業診断士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (1件) 3.0000 [3点]
給料 3.0000 [3点]
やりがい 3.0000 [3点]
労働時間の短さ 3.0000 [3点]
将来性 3.0000 [3点]
安定性 3.0000 [3点]

その他の企業・経営に関する仕事

中小企業診断士の仕事の本音一覧

全部で1件の投稿があります。(1~1件を表示)
投稿者名 ひで        投稿日時:2015/04/29 07:24:26
年齢・性別 42歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
中小企業診断士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 経営コンサルタントを名乗る人が多い。
一部の調査では収入が多い職業とも言われていますが、多い人と少ない人の二極化しているのが実態だと思います。
また、割と稼いでいると言われている人は、税理士や公認会計士との兼業であったり、大手企業の管理職として働いていることが多いと思います。
この職業・職種のここが良い 人脈を上手く使える人、営業能力のある人は独立しても普通の人よりも稼ぎやすい。企業に勤める場合も、就職や転職は武器に使えば多少は有利。
この職業・職種のここが悪い 独立しても中小企業診断協会から流れてくる仕事だけでは到底食べていけない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中3人

中小企業診断士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※中小企業診断士として現在仕事をしている方、もしくは過去に中小企業診断士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
中小企業診断士のここが良い
中小企業診断士のここが悪い
仕事内容の詳細
中小企業診断士に対するあなたの状況

中小企業診断士とは

中小企業診断士(ちゅうしょうきぎょうしんだんし)とは、中小企業診断士の登録等及び試験に関する規則(平成12年通商産業省令第192号)に基づき登録された者を指す。この省令の根拠となる中小企業支援法(昭和38年法律第147号)では「中小企業の経営診断の業務に従事する者」とされる。 制度の特徴 「中小企業支援法」に基づく国家資格、もしくは国家登録資格である。近年は資格認定試験ではなく、登録養成機関の認定履修方式による登録資格者が増加傾向にある(登録養成機関による認定者も1次試験は通過している必要がある)。 根拠法である「中小企業支援法」には、業務独占資格(資格がなければ業務を行ってはならない)とする規定はないが、「中小企業支援事業の実施に関する基準を定める省令」において経営の診断又は経営に関する助言を行うものとして中小企業診断士を指定しており、政府および地方自治体が行う経営診断業務を行うものを登録する制度という位置づけになっている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、中小企業診断士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。中小企業診断士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。