【職種】マンション管理士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

マンション管理士の基本情報

仕事内容 マンションの管理組合に対して専門家の立場からアドバイスや指導を行う
平均年齢※ 35歳
平均年収※ 300万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (2件) 1.0000 [1点]
給料 1.0000 [1点]
やりがい 1.0000 [1点]
労働時間の短さ 1.0000 [1点]
将来性 1.0000 [1点]
安定性 1.0000 [1点]

その他の不動産に関する仕事

マンション管理士の仕事の本音一覧

全部で2件の投稿があります。(1~2件を表示)
投稿者名 貧困管理士        投稿日時:2019/08/06 01:15:44
年齢・性別 25歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
マンション管理士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 こっちが聞きたいです(笑)
この職業・職種のここが良い 唯一上げるとするなら
『合格率7%〜9%の国家資格に合格した』と他者に誇示できることくらいかと……
本当の意味で良い点と言われれば、『ない』といか言いようがないです。
この職業・職種のここが悪い ■試験に受験料が掛かる。
■五年ごとに更新料が掛かる。
■合格率7%から9%だが『マンション管理士』と名乗れるだけで、資格予備校や資格概要に書かれている仕事を実際にしている人は見た事が無いし、そもそもマンション管理士事務所自体が非常に稀である。
■唯一食えているマンション管理士事務所の実態は建築士など他資格がメイン業務となっていてマンション管理士で食えてるとは到底言い難い。
■試験実施団体の管理士実態アンケートがこの資格の無意味さを物語っている。
■足の裏の米粒以下の国家資格
■よく食えないと言われている行政書士より食えない国家資格
■合格率7%の年度に合格しても非正規派遣社員の方が稼げる(収入を確実に得られる)という厳しい現実!
■マンション管理人と間違われるほどの知名度の低さ!
■管理組合が顧客になることを想定しているが金が有り余っている管理組合は皆無なので、管理士の報酬もあってないようなもの
■実務を知らないペーパー試験に合格して登録しただけでは、とてもじゃないけど管理組合に迷惑がかかるだけなので、断るべきでしょう。

総括するとほぼ確実に収入ゼロ!になるために合格率8%前後の試験に貴重な人生の時間と金を費やすのは馬鹿馬鹿しいとしか言いようがない。毎年、毎年受験者数が激減を続けていて、なんなら一層のことこの資格自体廃止してほしいとすら思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:1人中1人
投稿者名 djj        投稿日時:2019/05/02 04:54:39
年齢・性別 45歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
マンション管理士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 現在、この仕事はしていない。
この職業・職種のここが良い 特にない。
この職業・職種のここが悪い 自己啓発以外に、まったく取得する意味の無い資格。5年ごとに資格の更新講習があるが、国が資格オタクのカモからぼったくるためだけに、存在している資格ではないかと思える。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人

マンション管理士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※マンション管理士として現在仕事をしている方、もしくは過去にマンション管理士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
マンション管理士のここが良い
マンション管理士のここが悪い
仕事内容の詳細
マンション管理士に対するあなたの状況

マンション管理士とは

マンション管理士(マンションかんりし)は、マンション管理組合のコンサルタントに必要とされる一定の専門知識を有している事を証明する国家資格であり、マン管とも呼ばれる。 マンション管理士は、専門知識をもってマンション管理組合の運営、大規模修繕等を含む建物構造上の技術的問題、その他マンションの維持・管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者などの相談に応じ、適切な助言や指導、援助等のコンサルティング業務を行う。マンション管理のスペシャリストとして、主に管理組合の立場でマンション管理に関する様々な問題の解決をサポートする。 マンション管理士になるには、マンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録することが必要である。 マンション管理士は「名称独占資格」である為、マンション管理士以外の者がマンション管理士又はこれに紛らわしい名称を使用(名刺にマンション管理士と記載したり、看板でマンション管理士と表示)することは、その方法を問わず認められない。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、マンション管理士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。マンション管理士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。