【職種】インテリアデザイナーが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

インテリアデザイナーの基本情報

仕事内容 安全で快適な住空間を設計する
平均年齢※ 30.8歳
平均年収※ 500万円以上600万円未満
インテリアデザイナーに関連する資格 インテリアコーディネーターインテリアプランナーインテリア設計士
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (37件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.5000 [2.5点]
やりがい 4.5000 [4.5点]
労働時間の短さ 1.7000 [1.7点]
将来性 2.8000 [2.8点]
安定性 2.1000 [2.1点]

その他のインテリア・空間デザインの仕事

インテリアデザイナーの仕事の本音一覧

全部で37件の投稿があります。(11~20件を表示)
<<前へ   1  2  3  4     次へ>>
投稿者名 sean        投稿日時:2013/08/20 19:28:47
年齢・性別 38歳(男性)
年収 1500万円以上2000万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
インテリアデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 お客様の希望や様々な業態に合わせ、イメージするだけでなく、インテリデザインは設計・設計監理まで行いますから幅広い知識と設計力が求められる。イメージを具現化するまでには意匠の他に法規、設備など相当な技術や知識を身につけ
ていまます。
仕事はワンショット、ワンショット完結で、継続やルーティンなどが少ない業界なのでいつも新鮮な気持ちでデザインできます。
中には収入安定を目指しチェーン店ばかりやる方もいますが、せっかく独立しデザイナーになったのなら、同じようなことの繰り返しではなく一つ一つ創造したいと考えます。

独立系は『実績提示・紹介・口コミ』からの依頼なのでプレゼン力や営業力は必須。

独立前の会社の看板があるとないとでこうも変わるのか!?とおもうはず
:お客様は我々に払うデザイン費だけでなく、施工会社に施工費も払う訳で、合計すると数千万〜億単位のお金を投資する、だからその舵取りを任せるにたる人物で信頼される関係を築ことが大切。
独立すると特に、年間40件ほどデザインすると、普通に10億程度のハンドリングをすることに、、、かなりの責任感が求められる。
この職業・職種のここが良い 何かを創造し、形にするというよろこびは何にも代え難い。
その報酬として得たお金は、単にお金を稼ぐための仕事にはない、高い価値があると思う。
この職業・職種のここが悪い 日本では地位が低い:デザイナーというと『かっこいい!』という人が多いが、いざ仕事となるとキツイ。独立しても自身が駆け出しであったり、誰もが認める実績が無いとギャラは50坪程度の飲食店をデザイン設計しても5、60万円程度の場合もある。。。無から有を生み出すことにもっと価値を感じてくれる人が増えてくれる事を願う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:47人中43人
投稿者名 kappa        投稿日時:2013/06/10 13:27:23
年齢・性別 41歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
インテリアデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 住宅のリノベーション、店舗・百貨店の設計、展示会の企画・デザイン。
この職業・職種のここが良い 出来上がった空間で勝負する職業なので、おしゃべりが得意でないけど絵に表現するのが好きな人が活躍できる(他の職業とくらべると)。とはいえ、クライアントの要望を聞き出す程度のビジネストークはもちろん必要ですが。
この職業・職種のここが悪い よく就労時間が長いと言われているが、基本的に事務所作業になるので自分の能力次第で人の半分にもなる。要はやり方次第だと思う。しいて悪い所といえば、営業より立場が低い傾向にあること。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:26人中25人
投稿者名 motsu        投稿日時:2013/03/18 23:14:55
年齢・性別 51歳(男性)
年収 1200万円以上1500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
インテリアデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 相談したいことがあるからちょっときてくれないか、というところから始まり、店作りに関するあらゆることを相談されます。
形のないオーナーの考えを、具体的に形にするため、調査から、環境デザイン提案、設計図作成、見積もり依頼、金額調整、現場の設計監理、諸官庁検査の立ち会い、店内装飾まで毎回違った条件で進めます。
この職業・職種のここが良い 11年前に独立して飲食店の設計をしています。クライアントは大企業でもほとんどオーナー(社長)とやり取りしながら仕事を進めます。自分の仕事が、この企業や個人経営者の大事な部分を担っていると思うと、責任感と共にやりがいを感じることができます。
この職業・職種のここが悪い あまり悪いと感じることはありません。世間一般に、時間にルーズだとかと言われることはありますが、とりとめのない答えを時間ギリギリまで考えていたるからだとも思います。打ち合わせ時間などに遅れるとかは、その人の資質です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:26人中22人
投稿者名 ayk        投稿日時:2013/01/28 02:47:57
年齢・性別 24歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
インテリアデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 商業施設の内外装デザイン
この職業・職種のここが良い 自分のアイディアが形になる。
この職業・職種のここが悪い とにかく労働時間が長い、給料が安い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中7人
投稿者名 NOVA        投稿日時:2012/12/26 17:39:49
年齢・性別 20歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
インテリアデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ブース、店舗、住宅の設計及びデザイン
この職業・職種のここが良い 好きな人は楽しい
朝遅い
上司に良く飯に連れてってもらえる
この職業・職種のここが悪い 気疲れする
プライド高い人が多い
夜遅い
上司が帰るまで帰れない
私の所だけかもしれないが上司や先輩は口が悪い
給料少ない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中2人
投稿者名 BY        投稿日時:2012/12/22 10:39:45
年齢・性別 27歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
インテリアデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 中国、その他東南アジア各国にて商業施設デザイン。
この職業・職種のここが良い 描いたものが形になる仕事。出張が多いので国外問わず行ける。
キャリアによるが同業転職がしやすい。
この職業・職種のここが悪い 休日返上、従業員が少ないので忙しすぎて、新人教育をする時間をあまりとれない。とにかく給与と仕事が見合わない。アトリエ
事務所は酷すぎる。物件一つ一つに半年~一年以上かかるので、そこに不満を感じる人には無理ですね。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中6人
投稿者名 ももも        投稿日時:2012/10/02 01:17:50
年齢・性別 34歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
インテリアデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 新築マンションの外観、共用部、専有部、モデルルームのデザイン監修、提案、納品
この職業・職種のここが良い 書いた図面が実物となって出来上がる事。
よくも悪くもリアクションが一目瞭然なので気を抜けない。
この職業・職種のここが悪い アトリエ系の場合、下積みの間はほぼ昇給なし。
有給、各種手当はないものと思った方が良い。
トップと折り合いが悪いと心を病む可能性有り。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中7人
投稿者名 jin        投稿日時:2012/09/25 00:31:47
年齢・性別 36歳(男性)
年収 1200万円以上1500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
インテリアデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 インテリアデザイン全般
*その他
雇われから、独立したにもかかわらず貧しい人が多い業界である。
理由は簡単、経営力の欠如。デザイン学校でその手の教育をしないし、金額・契約等、マネージメントに対して無知であり、また学ぼうとしない人がほとんどであるため。
この職業・職種のここが良い ビジネスとして未成熟なだけに自身の力量、つまりデザイン&コミュニケーション力で都度イメージを具現化できる。
ルーティンで終わらない数少ないビジネス。
この職業・職種のここが悪い 自分自身のブランド化をできない人にとっては、きつい。いわゆるクリエイターもどきの集いと酒で日常を洗い流す感覚だろうか。。。かくゆう、自分もアトリエ事務所での20代は苦労した。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:18人中9人
投稿者名 ピーチ        投稿日時:2012/06/06 11:09:12
年齢・性別 28歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
インテリアデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 店舗や商業施設の環境デザインなど。
この職業・職種のここが良い 空間としてカタチが残る事が嬉しい。
また、色んな人との出会いや色んな街に行けるのが楽しい。
この職業・職種のここが悪い 時間拘束だと感じます。
今は独立しているので時間調整は忙しい時でなければ調整が出来ますが、サラリーマンデザイナーだった頃は、上司が帰るまで帰れない感じでした。体力がないと辛い職業ですね。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:18人中14人
投稿者名 あん        投稿日時:2012/04/12 14:58:26
年齢・性別 31歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 2 [2点]
インテリアデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 飲食・物販・オフィス・サービス業の店舗設計
展示会のDP提案・レイアウト
WDDP
上記にまつわる販促媒体(サインロゴ・広告等)
この職業・職種のここが良い クライアントの信頼を得れば(乱暴な言い方だが)人様のお金で好きなデザインをさせてもらえる。
店舗の場合、自分と関わりのないお客さんの反応をリアルに感じれる。
アートとは違い、シビアで良い緊張感がある。
独立できる。
この職業・職種のここが悪い 下積み時代の過酷さ。
給料がとにかく安い。アトリエ系は実家暮らしでもなきゃ食べていけない。
労働時間が長く、有給・休暇がほぼない。(あっても申請し辛い)
ちょっと常識が通用しない人に結構な確立で遭遇する。
悲しい事に女性の場合、結婚・出産はハイリスク。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中15人
<<前へ   1  2  3  4     次へ>>

インテリアデザイナーの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※インテリアデザイナーとして現在仕事をしている方、もしくは過去にインテリアデザイナーをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
インテリアデザイナーのここが良い
インテリアデザイナーのここが悪い
仕事内容の詳細
インテリアデザイナーに対するあなたの状況

インテリアデザイナーとは

インテリアデザイナー(英語:interior designer)とは、インテリアと呼ばれる建物内部やファサードなどの外部の装飾や空間構成、家具や照明器具、照明計画など住空間の一部ないし全体の室内演出・デザインや建物全体の構成などを手掛ける職業、またはこれを職業にしている人たちを意味する。 建物全体の構成や配置、家具の色彩的統一、壁紙の柄、設置場所などについての、より快適に暮らすための相談・コンサルティングも行う。建築士との違いは建築基準法などの建築に関わる法令で定められた基準を守りながら建築の意匠設計を行うことができるのが建築士であるのに対し、各種法令に反しない範囲で建築の意匠設計の一部であるインテリアデザインのみを担当するのがインテリアデザイナーである。よって、建築士の職能の一部を補助する役割としてインテリアデザイナーが位置づけられる。 フリーランスで事務所を設けて活動する人も多く、自ら家具やインテリア雑貨を制作する人もいる。 美術やデザイン知識の他、原価計算、コスト計算などの作業も必要な他、契約案件の説明、特に大規模事業の際にはプレゼンテーション能力なども必要とされる職種。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、インテリアデザイナーの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。インテリアデザイナーの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。