大学での講義、論文執筆、著書執筆。講演、テレビマスコミでの分...(法学・政治学研究者の本音)

職業 法学・政治学研究者
投稿者名 トランプ        投稿日時:2017/05/29 21:01:51
年齢 60歳
年収 1200万円以上1500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
法学・政治学研究者に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 大学での講義、論文執筆、著書執筆。講演、テレビマスコミでの分析解説、記事。国内会議、国際会議での報告。古今東西の政治学の資料を読む。現在の問題の背景と内実を分析する。
この職業のここが良い 現在の問題を常に分析できる。新聞やマスコミに呼ばれる。授業以外に講演ができる。著書や論文が書ける。海外からも招聘されることが多い。
学生と現在の問題について議論できる。
この職業のここが悪い 常に現在の問題にアンテナを張っている必要がある。研究者として古典や歴史を踏まえて現在の問題をマクロに語る必要がある。ジャーナリストとの差異化が必要。世論から離れたことを言うと叩かれる。眞實であっても孤立するような意見は言い難い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人

honne.bizでは、法学・政治学研究者の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。法学・政治学研究者の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。