コンビニはコンビニ本部とその加盟店があって加盟店はそれぞれ独...(スーパーバイザーの本音)

職業 スーパーバイザー
投稿者名 もろへいや        投稿日時:2009/09/27 15:05:56
年齢 35歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
スーパーバイザーに対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 コンビニはコンビニ本部とその加盟店があって加盟店はそれぞれ独立した経営者がいます。
SVはいわばそのパイプ役になります。
たとえば「来週からおにぎりを100円にします」と本部が決定したら、SVは各加盟店にその内容を説明し、作戦をたてます「ここのお店は休日にたくさん行楽客があつまるから一日200個発注しましょう」みたいな感じでやりとりします。また加盟店の多くは経営に関して素人なので、経営について相談に乗ることもあります。
こんな感じで一人のSVでだいたい一定の地区の10店舗くらいの加盟店を担当することになると思います。
この職業のここが良い やはり直行直帰ですね。
時間はコアタイム制だと思いますので、結構自分でスケジュール組んで動けます。(結構自由)
あと自分の売り場施策が的中したときはかなり嬉しい
この職業のここが悪い ・ノルマがきつい。今はどうかわかりませんが、ギフトの受付、クリスマスケーキの販売数、各キャンペーンなどの実績についてノルマがあります。営業と違い、数字達成は担当した加盟店次第みたいなところがあり、売上げの悪い店舗を担当するときついです。結構無茶な数字を言われるのでかなりストレスたまります。
・人間関係で苦労します。相手は加盟店のオーナーなのですが、本当にいろんな人がいます。何を言っても怒り出す人、欝気味な人、嘘ばかり付く人・・・。あと各SVには直属の上司(エリアマネージャー)がいて、いつも上司とオーナーの板ばさみになります。
・時間に融通のきく仕事である反面、コンビニは基本的に24時間営業のため、強盗や車の飛び込みなどで深夜にたたき起こされて出勤することもあります
・SVになるためにはまず直営店勤務や棚卸しの補助、新規出店のヘルプなどいろんな仕事を経験してからになるので、入社してすぐSVになれるわけではありません。
・35歳でSVやるのは体力的にかなりきついと思います。体が資本の仕事です。私はSVの仕事は35歳が定年だと思ったので、30歳になったときに転職をしました。またお店に行けば一回り年下の高校生などともコミュニケーションをとらなければなりませんし、年配のパートさんともコミュニケーションとらないといけません。
・この仕事はつぶしがききにくいです。
・転勤が多いです

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中17人

honne.bizでは、スーパーバイザーの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。スーパーバイザーの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。